マルチタスクが苦手な人に向いてる適職10選【仕事できない理由と対処法も解説】
仕事に悩む人

「マルチタスクが苦手な人に向いてる適職を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「マルチタスクが苦手で適職を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. マルチタスクが苦手な人に向いてる適職10選
  2. マルチタスクは人間にはできない理由とは
  3. マルチタスクがもたらす仕事上のデメリット
  4. マルチタスクができる人とできない人の違い
  5. マルチタスクになりがちな仕事の特徴
  6. マルチタスクを回避しシングルタスクに切り替える対処法

マルチタスクが得意な人は人類に2.5%しかいないという研究結果があります。

つまり、マルチタスクが苦手なのはある意味当たり前。
むしろマルチタスクは、「脳力を奪う」行為であることをご存知でしょうか。

マルチタスクが苦手な人に向いてる適職とマルチタスクができない理由についても解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「マルチタスクがもたらす仕事上のデメリットについてもまとめていきます。今まさにマルチタスクが苦手でできないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!」

マルチタスクが苦手な人に向いてる適職10選

早速マルチタスクが苦手な人に向いてる適職10選をまとめていきます!

結論から述べるとマルチタスクが苦手ならマルチタスクではない仕事を選ぶのが賢明です。

なぜなら、マルチタスクとはシングルタスクの集合体だから。
つまり、マルチタスクは苦手なのが当たり前で避けるのが無難です。

ではマルチタスクではない仕事とは何か?
マルチタスクが苦手な人に向いてる適職は以下10選となります。

マルチタスクが苦手な人に向いてる適職10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. 研究者
  5. 品質管理
  6. フリーランスエンジニア
  7. Webライター
  8. ブロガー
  9. 期間工
  10. 新聞配達員

【仕事1】ITエンジニア

「ITエンジニア」

【仕事2】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【仕事3】経理

「経理」

【仕事4】研究者

「研究者」

【仕事5】品質管理

「品質管理」

【仕事6】フリーランスエンジニア

「フリーランスエンジニア」

【仕事7】Webライター

「Webライター」

【仕事8】ブロガー

「ブロガー」

【仕事9】期間工

「期間工」

【仕事10】新聞配達員

「新聞配達員」

マルチタスクは人間にはできない理由とは

ここまでマルチタスクが苦手な人に向いてる適職を解説してきました。
結論、マルチタスクが苦手ならシングルタスクの仕事を選ぶのが賢明です。

ただそもそもの話、人間はマルチタスク向きではありません。
マルチタスクすればするほどマルチタスクが下手であるという結果もあります。

なぜ、仕事でマルチタスクはできないのか?
最大の原因は人間の脳の構造上に理由が隠されています。

ここではマルチタスクは人間にはできない理由について解説していきます。

【理由1】巷にいうマルチタスクは本当のマルチタスクではないから

まず1つ目の理由が「巷にいうマルチタスクは本当のマルチタスクではないから」

スタンフォード大学の神経科学者エヤル・オフィル博士は「人間はじつのところマルチタスクなどしていない。タスク・スイッチング(タスクの切り替え)をしているだけだ。タスクからタスクへとすばやく切り替えているだけである」と、説明している。

つまり、マルチタスクなんて存在しないということ。
単なるシングルタスクの連続であってマルチに脳みそは動かせないということです。

関連記事:手先が器用な人に向いてる仕事10選【おすすめ職種と強みを活かせる資格も紹介】

【理由2】脳は同時に2つ以上の処理を行えないから

次に2つ目の理由が「脳は同時に2つ以上の処理を行えないから」

マルチタスクとは、シングルタスクの連続。
単なるタスクからタスクを切り替えているだけの動作です。

つまり、複数のタスクを“同時に”進めてはいないということ。
言い換えるなら、脳は同時に2つ以上の処理を行えないことを意味します。

実際、エヤル・オフィル博士に著書でも以下のように説いています。

複雑な2つの作業を同時に行おうとすると、脳の中で同じ部位(前頭前野)の取り合いが生じる。

関連記事:仕事の割り振りがおかしい時の対処法は3つ【不平不満をもらす前に】

マルチタスクがもたらす仕事上のデメリット

マルチタスクがもたらす仕事上のデメリットについて解説していきます。

【デメリット1】作業効率の低下

まず1つ目のデメリットが「作業効率の低下」

・生産性が40%下がる
・作業時間が1.5倍も増える
・ミスも1.5倍に増える

関連記事:仕事でミスが多いから辞めたい?なら転職が正解【理由とミスばかり連発する原因】

【デメリット2】ストレスホルモンの増幅

次に挙げられるデメリットが「ストレスホルモンの増幅」

サセックス大学の研究(※)では、頻繁にパソコンやタブレットなど複数のデバイスを操作して調べ物をする (例えば、動画を観ながらインターネットで調べ物をする、など)被験者は、脳の灰白質という部分の密度が低いことが分かった。

扁桃体の部分の灰白質密度の減少が見られた。扁桃体は不安とストレスの中心的役割を担っているといわれ、この部分の灰白質密度が低くなっているということは、不安やストレスが抑制されていることを意味する。

(※)参考文献:Kep Kee Loh et al(2014)Higher Media Multi-Tasking Activity is Associated with smaller Gray-Matter Density in the Anterior Cingulate Cortex.

【デメリット3】IQの低下

そして3つ目のデメリットが「IQの低下」

ストレスホルモンの増加の結果、IQが下がることも研究結果で出ています。
IQが下がることによって、認知、問題解決の能力も低下します。

実際、ヒューレット・パッカードが行った研究でマルチタスクはIQを10pt低下させると発表しています。

つまり、マルチタスクはIQを低下させるリスクもはらみます。

関連記事:【仕事の要領が悪くて辛い】悩みを改善する15のコツと強みを活かす方法

マルチタスクができる人とできない人の違い

とはいえ、”super-taskers”と呼ばれる人たちは2.5%存在します。
マルチタスクができる人とできない人の違いとは何なのか?

厳密にいうならば「切り替えがうまい」

マルチタスクになりがちな「同時通訳」の仕事。
この仕事を例に違いを見てみると、

同時通訳者は、各タスク(聞く、通訳、発話など)を完全に同時ではなく、ごくわずかに遅延しながら、次々に処理しているが、各タスクに対して保持できる情報の量は限られており、容量を超えると認知負荷が生じるというものである。

なので巷で「女性はマルチタスクが得意」と聞きますが、これも勘違い。
研究結果でも明確な女性の優位性は示されなかったと示唆しています。

関連記事:一点集中型の人に向いてる適職10選【求人の探し方と向いてない仕事も解説】

マルチタスクになりがちな仕事の特徴

ここではマルチタスクになりがちな仕事の特徴についてまとめていきます。

【特徴1】複数の業務が同時に進める仕事

「複数の業務が同時に進める仕事」

関連記事:接客業に向いてない人の特徴5選【辞めたいほど辛いストレスなら即転職】

【特徴2】イニシアティブを握れない仕事

「イニシアティブを握れない仕事」

関連記事:一人で黙々とできる仕事15選【男女正社員でもコツコツできる種類を紹介】

【特徴3】第三者が行った業務の確認作業が多い仕事

「第三者が行った業務の確認作業が多い仕事」

関連記事:事務職に向いてる人の性格12選【向いてない性格と必要な資格・スキルも解説】

マルチタスクを回避しシングルタスクに切り替える対処法

結論、マルチタスクは人間にはできません。
できるのはシングルタスクであり、いかにシングルタスクに分けて対応するか。

そのためのマルチタスクを回避しシングルタスクに切り替える対処法をご紹介していきます!

【対処法1】シングルタスクの仕事をする

「シングルタスクの仕事をする」

【対処法2】パーキングロットを実践する

「パーキングロットを実践する」

議論において、今すぐには話し合うべきではないと判断される話題などを一旦保留しておくために、机やホワイトボードの隅などに設けられるスペースを意味する語。議論の混乱や、無駄な議論を避ける効果があると言われる。テーマから外れた話題を隔離するために用いられるが、議論が進むとパーキングロットに保留しておいた話題が役に立つ場合もあるとされる。

【対処法3】ツァイガルニック効果を応用する

「ツァイガルニック効果を応用する」

ツァイガルニク効果(ツァイガルニクこうか、Zeigarnik effect)は、人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。ツァイガルニック効果、ゼイガルニク効果、ゼイガルニック効果とも表記する。

まとめ:マルチタスクが苦手な人に向いてる適職と仕事できない理由

マルチタスクが苦手な人に向いてる適職と仕事できない理由をまとめてきました。

改めてマルチタスクが苦手な人に向いてる適職をまとめると、

マルチタスクが苦手な人に向いてる適職10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. 研究者
  5. 品質管理
  6. フリーランスエンジニア
  7. Webライター
  8. ブロガー
  9. 期間工
  10. 新聞配達員

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)