日本のIT業界は終わってる?腐ってると言われる6つの理由を海外比較から考察
仕事に悩む人

「日本のIT業界は終わってるの?腐ってると言われるけど理由を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「日本のIT業界の未来を不安視するエンジニアやエンジニアを目指している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 日本のIT業界は終わってると言われる6つの理由
  2. 日本のIT業界が終わってると思わせられる事例3選
  3. 日本のIT業界で生き残るためのエンジニア生存戦略
  4. 未経験エンジニアがIT業界で活躍するために取るべき行動
たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「日本のIT業界が終わってると思わせられる具体的な事例についても触れていきます。今後の日本のIT業界でどうすれば生き残れるのか?不安な方はぜひ参考にしてみてください!」

日本のIT業界は終わってると言われる6つの理由

「日本のIT産業は世界に負けた」

よく耳にする言葉でランキングからも証明されています。
世界のデジタル競争は日本は63ヶ国・地域中で27位、G7だと6位という結果に。

これほど日本のIT業界が世界に差をつけられてしまった原因は何か?

結論を先だしすると「旧態依然体質から脱却できていないから」
その結果、影響は広範囲にわたり、DXの導入も後手後手にまわっています。

そして、現役エンジニアさえも10年先は食えなくなるとの見解も出ています。

なぜ日本のIT業界は終わってると言われるのか?
具体的な6つの理由について海外(欧米)のIT業界と比較しながら考察していきます。

※本記事ではITの定義をICTおよびIoTを同義とし表記していきます。

【理由1】ユーザー企業よりSier企業が多く多重下請け構造になってるから

「ユーザー企業よりSier企業が多く多重下請け構造になってるから」

関連記事:零細企業にホワイトは存在しない?【務めるメリットとブラック企業との見分け方】

【理由2】日本の労働市場は人材の流動性が悪いから

「日本の労働市場は人材の流動性が悪いから」

海外では転職回数は多いほうがポジティブに評価されます。
一方、日本の場合「転職=逃げ」と長く勤めあげることを美徳と捉えます。

日本の労働市場は終身雇用、年功序列で新陳代謝が起きずらい。
人材の流動性が悪いので、IT業界は衰退の一途をたどる。

なんで外注開発のエンジニア(Sier)が日本は多いのか?
従業員を採用するより外注したほうがコストカットになるから。

海外と違って一度正社員として採用すれば雇用保全の観点から切れないのが日本。
その結果、ユーザー企業のIT人材は少なくSier、SES企業の人材が増える背景がある。

詳しくは以下海外との労働市場の比較をご覧ください。

関連記事:日本人の仕事観はおかしいの?【海外との比較から分かる異常な労働環境8選】

【理由3】システム開発へのIT投資は積極的ではないから

「システム開発へのIT投資は積極的ではないから」

とはいえIT投資を行っても回収できなければ意味がない。
しかし、シミュレーションの結果、製造業では5.7%、非製造業では4.2%の売上高押し上げ効果が得られています。
(出典:総務省「令和3年版 情報通信白書(情報化投資)」

関連記事:【厳選】やばい会社の特徴12選!留まっても時間の無駄なので即転職を推奨

【理由4】エンジニアの技術が適性に評価されないから

「エンジニアの技術が適性に評価されないから」

結果、何が起こるのか?
エンジニアの海外流出が起こり、優秀な人材ほど日本を出ていく現象が起こります。

夢物語や空想の世界の話ではなく実際に起きている事象。
日本を捨てて海外へ拠点を移すのですから、よほど環境が悪いということ。
(出典:東京理科大学「「組織の崩壊」と「エンジニアの流出」」

関連記事:海外に行ける仕事がしたい!おすすめ職業15選【海外勤務を実現する方法と注意点】

【理由5】IT企業の経営組織がいまだ旧態依然だから

「IT企業の経営組織がいまだ旧態依然だから」

IT投資の遅れの要因として考えられるのが、経営組織である。近年の研究は経営組織とIT投資が補完的な役割を果たすものと考えられており、ITの導入を生かす経営組織が整備されていなければ IT投資は機能しないことから、ITの導入が行われないことが指摘されている。

関連記事:【将来性ゼロ】ゆるブラック(パープル)企業とは?特徴から分かる働くリスク

【理由6】保守的でリスクを取らない体質があるから

「保守的でリスクを取らない体質があるから」

関連記事:会社が信用できないと感じる特徴5選【不安なら転職を選ぶべき理由も解説】

日本のIT業界が終わってると思わせられる事例3選

日本のIT業界が終わってると感じるのは利用するユーザーも同じこと。

上記「世の中でデジタル化が進んでいないと思う理由」の調査結果を見ても明らか。
『52.2%』もの割合で情報漏洩に不安があるから進んでいないと回答しています。

それもそのはず日本のIT業界は何かとシステムトラブルが多い。
つまり、結果論でみても日本のIT業界は終わってるということです。

具体的な日本のIT業界が終わってると思わせられる事例3選についてもまとめていきます。

【事例1】みずほ銀行の度重なるシステムトラブル

「みずほ銀行の度重なるシステムトラブル」

【事例2】東証システム障害で取引停止

「東証システム障害で取引停止」

【事例3】接触確認アプリCOCOAで不具合判明

「接触確認アプリCOCOAで不具合判明」

日本のIT業界で生き残るためのエンジニア生存戦略

ここまで日本のIT業界は終わってるといわれる理由と事例を解説してきました。

ではどうすれば生き残れるのか?
将来を見据えたキャリアパス、将来設計はどう描けばいいのか?

日本のIT業界で生き残るためのエンジニア生存戦略についてまとめていきます。

海外の企業に就職するのが手っ取り早い解決方法ですが、ここでは日本のIT業界にこだわった戦略を解説していきます。

【戦略1】自社開発の企業に転職する

まず1つ目の戦略が「自社開発の企業に転職する」

今現在SESやSIerの会社に勤めるエンジニアが対象になります。
ひろゆき氏の見解も「SIerで働いているエンジニアは今すぐ逃げた方がいい」

どこに?自社開発の企業に。
いまや転職は当たり前で転職でスキルも身につく時代です。

たくさん転職経験のある人の方がいいという逆転現象が起きてきます。嫌々働いていたって、ストレスが溜まるばかり。スキルなんて磨かれないし、運が悪ければ変な部署に飛ばされて、さらに運が悪いと部署ごと切られることだってある。変に会社に忠誠心を持って長居しても、何もいいことないですよ。だったら、さっさと働く場所を移った方がいい。

ITエンジニア転職に特化!おすすめ転職エージェント3選

【戦略2】将来性のあるエンジニアにキャリアアップする

2つ目の戦略が「将来性のあるエンジニアにキャリアアップする」

エンジニアのキャリアアップなら転職エージェント「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【戦略3】スキルを活かして異業種にキャリアチェンジする

「スキルを活かして異業種にキャリアチェンジする」

フリーランスに転身するのもあり。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

未経験エンジニアがIT業界で活躍するために取るべき行動

現役エンジニアだけでなくこれからエンジニアを目指す人も多くいます。
そんな方が「日本のIT業界は終わってる」と聞かされれば就職を躊躇するのも無理はありません。

ここでは未経験エンジニアがIT業界で活躍するために取るべき行動についてもまとめていきます。

【行動1】とにもかくにもITスキル習得が最優先事項

エンジニア未経験であれば「とにもかくにもITスキル習得が最優先事項」

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【行動2】現職の経験が開発に活かせないかスキルの棚卸しを行う

「現職の経験が開発に活かせないかスキルの棚卸しを行う」

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【行動3】現場で開発経験を積み自社開発の会社に転職が有力

そして「現場で開発経験を積み自社開発の会社に転職が有力」

まとめ:日本のIT業界は終わってると言われる理由と生存戦略

日本のIT業界は終わってると言われると理由と今後のエンジニア戦略をまとめてきました。

改めて日本のIT業界は終わってると言われる理由をまとめると、

日本のIT業界は終わってると言われる理由

  1. ユーザー企業よりSier企業が多く多重下請け構造になってるから
  2. 日本の労働市場は人材の流動性が悪いから
  3. システム開発へのIT投資は積極的ではないから
  4. エンジニアの技術が適性に評価されないから
  5. IT企業の経営組織がいまだ旧態依然だから
  6. 保守的でリスクを取らない体質があるから

ITエンジニア転職に特化!おすすめ転職エージェント3選