【悲劇】割に合わない仕事は人生の幸福度を下げる話【即転職を推奨】
忙しい人

「こんなに働いているのに給料は安いしやりがいもない。。。まったく割に合わない仕事!このまま今の仕事を続けるべきかな。でも、打開策となる対処法も分からない・・・」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「このまま割に合わない仕事を続けるべきか悩んでいる方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①割に合わない仕事だと感じる原因は1つだけ
②仕事が割に合わないと感じた時の対処法は3つ
③でも割に合わない仕事を選んでしまう状況もある
④割に合わない仕事だと感じる職種5選

誰も割に合わない仕事などしたくはありません。

つまり、望んで就いている訳ではないということ。
割に合わない仕事だと感じるのには必ず原因があります。

原因に対する対処法を実践しなければ人生の幸福度は下がる一方です。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「今の仕事を続けるべきか悩んでいる方も参考にしてください。具体的な対処法と割に合わない仕事だと感じる職種も解説しています。」

割に合わない仕事だと感じる原因は1つだけ

はじめに割に合わない仕事だと感じる原因についてまとめます。

まず「割に合わない」の意味を調べると、

労力の割りには結果が伴わないこと。大した得にならないこと。例えば、重労働の力仕事で、当然見込まれる報酬とはかけ離れた低賃金であるさまを、「割に合わない仕事」などという。

「割に合わない仕事」とは想像以上に実態が悪かった「結果」を意味します。

つまり、割に合わない仕事だと感じる原因は『理想と現実のギャップ』
簡単にいうと「企業と労働者の仕事内容におけるミスマッチ(不満)」が原因といえます。

不満第1位は「給料が安いから」

原因として挙げられる最たる不満が「給料が安いから」

【満足度が高くない要因はなんですか?】

2位に10ポイント以上もの差をつける結果に。
仕事に対して適正な給与を受け取っていないと感じる社会人は多いようです。

つまり、「割に合わない仕事」だということです。

しかし仕事は給料のためにしているのではありません。
人間が幸せになるため、生活の質を高めるために仕事をしています。

仕事は人生における手段でしかありません。

従って、仕事の選択は人生の幸福度にも大きな影響を与えます。
割に合わないとネガティブに感じる仕事は人生の幸福度を下げる結果にもなります。

関連記事:業務量は増えても給料が上がらない不思議【原因と根本的な解決行動】

誰も割に合わない仕事など就きたくない

選択する仕事によって人生の幸福度に大きな影響を与えます。
ですので誰も割に合わない仕事など就きたくはありません。

就活や転職時に希望と理想を持って会社の門を叩きます。
しかし、入社してみると会社で待ち受けていたのは

・給料に対する仕事量が多すぎ
・過酷な労働環境に対する待遇が悪い
・責任だけ押し付けられて何も評価されない

理想とは程遠い現実が待っていた。
徐々に割に合わない仕事だと感じて不平不満を漏らします。

つまり、割に合わない仕事に出くわさないためにも仕事選び・会社選びは非常に重要です。

関連記事:仕事量が多すぎ!おかしい!【不公平さの原因とうつ発症前に対策を】

特に避けたいのはブラック企業

割に合わない仕事だと感じる原因は「企業とのミスマッチ」
入社後に浮き彫りとなる企業の実態が原因として挙げられます。

そして特に入社を避けたい企業が存在します。
それが労働者に強制を強いる「ブラック企業」

入社したら最後。
あなたの人生の幸福度が下がるどころか人生そのものが企業の成長と引き換えに壊されます

絶対に入社しないようにしましょう。

入社しないための見分けるコツがあります。
以下関連記事で「入社しないほうがいい会社の特徴を10個」挙げていますのでぜひご覧ください。

関連記事:【入社しないほうがいい会社】特徴10個と見分け方をランキングで解説

仕事が割に合わないと感じた時の対処法は3つ

忙しい人

「入社してみたら仕事量多いのに給料安すぎ!まったく割に合わない仕事だから早く対処したい!」

ここからは仕事が割に合わないと感じた時の原因に対する対処法をまとめていきます。

対処法は3つです。
このいずれかを実践することで問題は改善されます。

【対処法1】転職する

根本的な解決は「転職」することです
職を変える事で割に合わない問題は解消されます。

ただ、転職しても同じ過ちを繰り返す可能性があります。
企業とのミスマッチを起こさないためにも「第三者からのアドバイス」を貰うようにしましょう。

アドバイスを貰えるのが『転職エージェント』です。
転職エージェントを利用する最大の目的は「情報収集」

求人票に書かれた情報だけでなく企業の内情や社長の人柄。
なぜ、現在求人を出しているのか?その理由や求める人物像。

転職エージェントを利用すればあらゆる情報を吸上げて総合的に判断する事が出来ます。

つまり、理想と現実のギャップを事前に埋める作業が出来ますという事です。

無料でサポートもアドバイスも貰う事が可能です。
使わない手はどこにもありません、複数社登録して有意義な転職活動を進めましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。
関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【対処法2】自己分析する

ミスマッチが起きる原因は従業員本人にもあります。
その最たる原因が自己分析が不十分だという事。

・将来の夢
・仕事のやりがい
・会社で叶えたい事
・3年後、5年後のキャリアプラン

その会社に入社して「何を実現させたいのか?」
明確な動機がないまま入社しても理想と現実のギャップに苦しめられます。

自己を客観的に捉えて分析し進むべき方向性を見出すのが「自己分析」の役割です。

とはいえ、自分で自己分析するのは難しいです。
客観的に捉える事を日常的に意識もしなければ作業もしないからです。

そこで便利なサービスがあります。
それは、転職支援サービスを手掛ける大手リクナビが提供する『グッドポイント診断

18種類の中から強みを5つ診断。診断結果から、
・客観的に自分の強みを把握できる
・応募時に添付して、志望企業へあなたの強みが伝えられる
・応募書類作成時の参考にしたり、面接の心構えにも活用可能
特に書類作成のヒントや対策になるのが嬉しいポイントですね。まだ強みが把握できていない方は、ぜひ診断してみてください。無料の会員登録から誰でも利用する事が出来ます。

「グッドポイント診断」無料会員登録はコチラ!
【グッドポイント診断の評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【対処法3】頑張らない(現実を受け入れる)

疲れた人

「とはいえ、そんな簡単に転職はできないよ・・・今後の将来や現在の生活環境もあるから今すぐに決断はできない。」

ただ、そう簡単には転職できない。
現職に留まりたいという方もいるかと思います。

そんな方の対処法は今の仕事を頑張らないことです。

割に合わない仕事だと現実をまずは受け入れる。
そして、程よく頑張りましょう。

理想が高いから現実で振り落とされます。
それならいっそう、理想を下げた方が今現在の仕事に対する見え方も変わってきます。

そのためにも頑張らないのが得策です。
現実に目線と実作業を合わせましょう。

また仕事をやる上で程よく遊び心を加えた方が人生の幸福度は上がります

遊び心をあらゆるところに持つという感覚は、全ての年齢の人たちに対してポジティブな体験を増やすという効果が確認されています。

真面目過ぎ、頑張り過ぎなのも考えものです。
あなたは頑張り屋で努力家とお見受けします。

そんな方ほど頑張らず、遊び心を持ってポジティブな体験を増やしていきましょう。
仕事と幸福度の関係についてはメンタリストDaiGoさんの以下動画をご覧ください。

でも割に合わない仕事を選んでしまう状況もある

割に合わない仕事だと分かっている。
でも割に合わない仕事を選んでしまう状況もあります。

その最たる原因が「転職活動の長期化」です。
一般的な転職活動の期間は以下の通り「2~3か月」になります。

【一般的な転職活動の流れと期間】

しかし在職期間中ではなく離職後に転職活動を行った場合。
離職期間が長引いてしまうと大多数が転職は不利にはたらくと回答したアンケート結果があります。

【離職期間が長引くことは、不利だと思いますか?】

実に「8割以上」の方が長期化は不利だと回答。
中でも気になる回答が、

転職活動中の女子

「精神的に余裕がなくなり、妥協してしまう可能性が高くなるから。(女性・30代前半)」

つまり、転職活動の長期化によって妥協してしまい、結果割に合わない、理想とは程遠い会社に入社してしまう悪循環が起きてしまっています。

転職活動の進め方で在籍中ではなく、離職後に転職活動を行うことも原因の一つです。
ただそれ以上に在籍中でも起こりうる原因として「時間確保の難しさ」が懸念されます。

割に合わない仕事を選ばないためにも転職前の入念な情報収集が重要になってきます。

思い立って突然、退職し転職活動を始めるのは非常に危険な行為です。
折角転職したにも拘わらず「割に合わない仕事」を再び選びかねません。

関連記事:【転職活動がしんどい】上手くいかない5つの原因と3つの対処法とは

もう失敗したくない!転職におすすめの職種

新卒女子

「転職を具体的に考えてるけど、どんな仕事がおすすめ?もう同じ失敗を繰り返したくないから事前の情報収集に取組みたい!」

そんな方に!転職におすすめの職種をご紹介していきます。

具体的にどんな仕事が割に合うのか?
以下データを参考にして「割に合わない職種」「理想的な職種」をまとめていきます。

【現在(前職)の職種分類と希望する職種分類】

このデータから何が分かるのか?
「2つのグラフの差から職業の人気度」を読み取る事が出来ます

つまり、希望する職種分類(橙色のグラフ)が現在の職種分類(黄色のグラフ)より
割合が低ければ低いほど「今後希望しない仕事=割に合わない職種」、つまり【不人気な職業】
割合が高ければ高いほど「今後就きたい仕事=理想的な職種」、つまり【人気の職業】という事になります。

割に合わない職種5選

まず割に合わない仕事5選です。
「希望職種(%)-現在職種(%)」からポイント順に並べていきます。

1位:「13.3pt」販売・フード・アミューズメント
2位:「3.3pt」コンサルタント・金融・不動産専門職
3位:「3.2pt」医療・福祉
4位:「2.5pt」美容・ブライダル・ホテル・交通
5位:「2.4pt」技能工・設備・配送・農林水産 他

最も割に合わない職種は「販売・フード・アミューズメント」

つまり、接客を伴う仕事に関連した職種は人気がないようです。

理想的な職種5選

次に理想的な職種5選です。
同じく、「希望職種(%)-現在職種(%)」からポイント順に並べていきます。

1位:「18.3pt」管理・事務
2位:「4.5pt」企画・経営
3位:「2.2pt」WEB・インターネット・ゲーム
4位:「1.9pt」クリエイティブ
5位:「1.4pt」営業

ダントツ人気は「管理・事務」
接客を完全に伴わないデスクワークが人気のようです。

また、今回のデータを見ると「対個人」より「対法人」向けの仕事が割に合うようです。

今回のデータも踏まえて、転職エージェントに相談し進めてみてはいかがでしょうか。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選

あなたにとって「愛せる仕事」とは何か?

彼の有名なスティーブ・ジョブズはスタンフォード大学の卒業式辞で言いました。

『Keep looking, Don’t settle.』
自分が愛せる仕事をせよ、まだ見つけていないなら探し続けるんだ、止まってはいけない

あなたにとって「愛せる仕事」とは何か?

人間は苦痛な仕事に就くために生まれてきたわけではありません。
生まれてきた理由は必ずあって、仕事にも向き不向きがあります。

あなたにしかできない仕事は必ずあります。

向いてる仕事に就けば、
・毎日が幸せに過ごせる
・もっと仕事がうまくなりたいと感じる
・努力しないでも積極的に学びたいと求める
・自分も幸せになって、周りも幸せになる

まだ、あなたに合う、向いてる仕事に出会えていないだけなんです。

何をやっていると幸せなのか?
何が好きで、何が得意なのか?
そして、どうやったらそれ(人間の幸福)を仕事にできるのか?

一度、自分自身の心に問いかけて、今後の将来を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

関連記事:仕事だけの人生は楽しい?後悔?【つまらない毎日を変える2つの事】

まとめ:転職前の情報収集が何より重要

割に合わない仕事だと感じる原因と対処法をまとめてきました。

仕事が割に合わないと感じてしまう原因は『理想と現実のギャップ』
つまり、就活や転職時における「企業とのミスマッチ」が原因です。

対処法を改めてまとめると

【対処法1】転職する
【対処法2】自己分析する
【対処法3】頑張らない

根本解決は転職する事です。
そして、同じ失敗を繰り返さないためにも「企業の情報収集」が重要です。

そんな時に便利なサービスが『転職エージェント』を利用する方法。

無料でサポートと的確なアドバイスを貰えます。
希望する職種の求人もあなたの嗜好に合わせて紹介してくれます。

あなたは、割に合わない仕事を、延々と続けたいですか?

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選