同期や後輩が出世し遅れて焦っては手遅れ?【嫉妬の前にやりたい対策5選】
落胆する人

「同期が先に昇進、後輩にも抜かれて出世に出遅れた!焦っても手遅れ?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「同期、後輩に先を越されてしまった方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①同期や後輩が出世し遅れて焦っては手遅れ?
②本当の手遅れになる前にやっておきたい対策
③どうしても悔しくて嫉妬が収まらない時の対処法

同じ職場にいる者同士、取り組む仕事内容や抱える業務仕事は見えてきます。

特に、男性同士であれば出世や昇進は気になる事。
そして、焦って嫉妬も抱きます。どうにかしたいと思うはず。

このような状況下にいる方に向けて「手遅れになる前に取り組んでおきたい事」をまとめていきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「ジェラシーが抑えられない方は、落ち着いて記事を読み進めてみてください!」

記事のポイント


同期や後輩に対してジェラシーを抱くあなたは「出世意欲」が非常に高いと言えます。

しかし、現在の年齢が35歳以上で特に職位、肩書きも無い状態だと将来を真剣に見つめ直した方が良いでしょう。

それは、年齢相応の経験とスキルが企業は求めているからです。
どうしても周囲の目が気になって足枷となっている場合は「転職」して新しい環境で一から努力するのも方法の一つです。

その際、役立つのが「転職エージェント」

転職エージェントを利用する事で年収アップに成功した事例が多く報告されています。
当ブログ管理人も「doda」を利用して、年収が1.5倍アップに成功しました。

転職でジェラシーを抱く人間に差を付けたい方は、ぜひ参考にしてください。
私がこれまで利用してきた転職エージェントの中でも特に信頼できる、サービスの質の高い3つをご紹介します。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職サイト・転職エージェント3選

同期や後輩が出世し遅れて焦っては手遅れ?

会社に所属していると仕事の技量や評価によって出世する人は必ず出てきます。
職位も平社員からリーダーやマネージャー、ディレクターなど肩書も付いてきます。

ただ、全員がとんとん拍子に出世するほど世の中甘くはありません。
取り残されて周りの昇進、環境についていけない人も出てきます。

このような状況下で同期や後輩が出世し、遅れて焦っては手遅れなのでしょうか?

この疑問について、以下の順番にまとめていきます。

  • まず、あなたは出世意欲はありますか?
  • なぜ、出世に差がついたのか?
  • 手遅れではないが気を付けたい点

まず、あなたは出世意欲はありますか?

突然ですが質問です。
「あなたは出世意欲はありますか?」

この質問に対して、もし「NO」であればこのブログを閉じてください。読むのは時間の無駄です。

ただ、「YES」。つまり、出世意欲のある方はこのまま読み進めてみてください。
手遅れになる前にやっておきたい事や私の体験談も情報としてまとめていきます。

唐突に質問したのには理由があって、以下情報をまずご覧ください。


組織・人材に関するアセスメントコンサルティングを手掛ける「株式会社マネジメントベース」が公表する「20代30代の出世意欲とその背景要因に関するアンケート調査」

この調査によると「出世したい」と考える割合が約半数(49.6%)
その中でも特に出世意欲が強い状況は「同期との仕事面で格差がついている」という結果が公表されています。

つまり、出世意欲は同期との格差がついていないと湧かないことになります。

従って、先ほどの質問で「NO」と答えた人は現在周りが出世しておらず、特に本ブログの情報は不要であると考えたために質問しました。

一方で質問に「YES」と答えた方は、今まさに周りが出世、昇進をして取り残されている状態。
さらに、どうしたらいいか分からずに解決策を模索してこのブログにたどり着いたものと思います。

関連記事:【出世できないとわかったら】転職?諦める?取るべき行動は2つだけ

なぜ出世に差がついたのか?

では、なぜ出世に差がついたのでしょうか?

リクナビネクストジャーナルではこの「出世に差がつく要因」について2つ挙げられています。

・当たり前の基準が違う
・例外に対処できる能力の違い

出世する人、しない人の違いを要因の観点でまとめていきます。

当たり前の基準が違う

まず「当たり前の基準が違う」とは、非常にシンプルで例題を上げると以下の通りです。

[例題1]
出世する人 :重要な会議資料は前日までに終わらせておくものだ
出世しない人:重要な会議資料だけど当日ギリギリにやれば大丈夫
[例題2]
出世する人 :毎朝30分早く出社してルーティンをこなすものだ
出世しない人:朝ギリギリに到着して出勤するのがカッコいい
[例題3]
出世する人 :言われたことはすぐにやるものだ
出世しない人:言われたことは後回し、まずは自分の仕事から

出世する人は、一歩も二歩も先を進んで仕事をまい進しています。
しかし、出世しない人はどこかで当たり前の基準を下げてこなす傾向にあります。

例外に対処できる能力の違い

少し難しいかもしれませんが、仕事では必ずマニュアルとは違うことが起きます。

これを「イレギュラー対応」ともよく呼びますが、このとっさの判断や冷静な対応が差を広げる要因になっています。

特に分かりやすいのが電話対応。
営業電話であれば、誰から、誰に、何の用事でかけてきたのか、確認する必要があります。

しかし、営業電話はマニュアル通りにはいかないのが当たり前。
また、時にはクライアントとは違った電話がかかってきます。別部署からの電話など。

その際にマニュアルにはない電話の対応方法で差がますます広がっていきます。

出世する人の場合、この例外の対応について常に意識し自分の中でアップデートしていきます。
なぜなら、マニュアルにはない対応が求められるため、マニュアルに頼らない方法を見出す必要があるためです。

手遅れではないが気を付けたい点

すでに同期、後輩に先を越されて焦っているあなた。
出世意欲はあるため、これから頑張れば挽回、手遅れではありません。

しかし、1点気を付けたい事があります

それは、あなたが35歳以上であるか否かです。
35歳にもなれば一定のマネジメント経験やスキル、技量が身についているものです。

人事コンサルティングの見解でも「35歳以上での転職には、一定のマネジメント経験を求める企業が多い」ことが言われています。
出典: マイナビ転職 転職35歳の壁を突破する方法!

つまり、周りの環境が出世しその後を追うのは一向に構わない。

ただ、あなたが35歳でまだ出世できていない(特にマネジメント経験も肩書もない)のであれば焦った方が良いかもしれません。

関連記事:経理の転職で年齢制限は存在する?【年齢に応じた経験と実績が重要】

本当の手遅れになる前にやっておきたい対策

あなたが35歳までの年齢であれば本当の手遅れになる前にやっておきたい対策があります。

ここでは、具体的な仕事面、業務の進め方ではなく、普段から取り組める習慣をご紹介していきます。

小さなこと、些細なことから始めるのがコツです。
どんなところで差が広がってしまうのか、日ごろから意識して取り組むだけでも人の能力は開花していきます。

【対策1】毎朝日経新聞を読む

社会人にとって新聞の購読は必須です。
特に日経新聞を毎朝読むことはおすすめです。

情報量が多く、特に経済・財務面の日本経済の動きやトレンドを把握するツールに長けています。

新聞を読む目的は、その日の情報量から今後の経済を見ることも大切です。
しかし、私の場合は違います。

目的は上司、先輩との会話を広げるためです。

仕事は一人では行えません。常にチームワークが必要です。
それは営業でも管理部門でも同じで誰かがいて、私がいます。

そんな時に重要なのがコミュニケーション。
毎日コミュニケーションを取る上で有効なツールが新聞ネタです。

関連記事:人間関係の良い職場の特徴8選【転職から職場を変えるだけでQOLは上がる】

【対策2】電車に乗車中は必ず有効活用

東京の通勤時間は平均で「片道47分」という事実をご存知でしょうか?
日本は世界で見ても非常に長い国です。その上、満員電車がほとんどなのでストレスがたまります。

しかし、電車利用時にもただ寝るだけでは圧倒的に差が開いてしまいます。
電車に乗車中は必ず有効活用しましょう

具体的な方法や先ほどの通勤時間の全容、生活を豊かにする方法まで以下関連記事でまとめていますので、気になる方は合わせてご覧ください。

【対策3】週末休みは資格取得の勉強

週末の時間の使い方は様々です。
週末にはなるべく仕事の予習復習よりも資格取得の勉強をおすすめします。

それは、仕事とは別にプラスα何かスキルや手に職となるものを身に着けた方が人としてプラスになるからです。
また、資格取得で勉強した内容が本業でも活かされることは多くあります。

もしかしたら職場で一目置かれる存在になるかも?

関連記事:【経理のエクセル活用術】業務効率化&自動化に役立つ関数5選と使い方

【対策4】食事は一人ではなく誰かと過ごす

私は昔、社長のかばん持ちをしていた頃があります。
その際、社長は毎晩のように経済界の著名人や別企業の社長と会食をしていました。

食事は一人ではなく誰かと過ごすということを意識したいですね。

この目的は今後のサービスや企業の発展、拡充には非常に重要。
アライアンスの話や最新情報を吸い上げるのに非常に有効だからです。

しかし、一般人、平社員で著名人と食事はそうそうできません。
ここでお伝えしたいのは「考え方」

食事は人間誰でも取る必要があります。朝昼晩。
その「時間」を取るくらいなら「私と」一緒にしましょうと誘いやすい。

つまり、食事というツールを介してコミュニケーションを円滑に進めている。
誘い方を間違えれば粗相となり、取引が成立しないケースもあります。

上手く進めるためには誘い方がとても大切です。

関連記事:【体験談】仕事の人間関係を割り切ると人生好転した話【コツは5つ】

【対策5】退社前に明日やることをリスト化&タスク整理

一般的な働き方の話です。
退社前に明日やることをリスト化&タスク整理は行いましょう。

これは、リスト化することで帰宅途中に明日やるべきことを考えたり、整理ができるため。
そして、タスク整理をしておくことで出社してまず何をすべきか明確になっているため、すぐに取り掛かることができます。

コツは「優先順位をつけておくこと」です。
時間は有限であり、無限ではありません。誰にでも24時間という時間が与えられています。

この24時間をいかに有効に使うかでも出世の差がどんどん広がります。
なるべく会社にいる時は業務に集中、前へ前へ進め、それ以外の時間でやるべきこを整理し優先順位をつけておく。

関連記事:【仕事の要領が悪くて辛い】悩みを改善する15のコツと強みを活かす方法

どうしても悔しくて嫉妬が収まらない時の対処法

出世に差がつく要因や今すぐできる方法をご紹介してきました。
それでもどうしても悔しくて嫉妬が収まらない方に対処法を以下ご紹介していきます。

【対処法1】転職も一つの方法

どうしても嫉妬が収まらない、どうにかしたい場合は転職も一つの方法です。

つまり、今いる環境から抜け出して一から頑張る、ということです。
そうすれば周りの出世した同期や後輩の存在を気にする必要は全くありません。

ただ、もともと出世意欲のあったあなたなら転職は「逃げ」ではないかと思われるかと思います。

しかし、転職や会社を辞めることは「逃げ」ではありません。
新しい環境を手に入れるための第一歩に過ぎません。

転職は逃げではない詳しい情報を知りたい方は、以下関連記事もご覧ください。

なるべく早くに結果を出したい方は「転職エージェント」の利用をおすすめします。
登録料、利用料一切費用はかからず、内定まで手厚いサポートを受けることができます。

転職活動初心者であれば利用を強くおすすめします。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選

【対処法2】市場価値から確認してみる

転職活動まで行動が踏み込めない方は、まずは市場価値から確認してみることをおすすめします。

「市場価値」とは、今まで得た経験や技量、スキル、所属する部署、年齢など総合的な定量的、定性的情報を元に“市場があなたをどれほど求めているのか”図る指標のことです。

この指標を簡単に確認することのできるアプリがあります。
それが個人ユーザー44万人以上が利用する転職サービス診断アプリの「ミイダス


『ミイダス』は、あなたの経歴や今まで培ってきた経験、スキルと7万人の転職データを元に市場価値(想定年収と求人数)をデータ分析。より自分自身にマッチした求人オファーを受け取ることができ、かつ企業からの直接オファーも届く市場価値診断アプリとなっています。

無料登録後、簡単にあなたの市場価値を確認することが出来ます。
調べることで自信になり、今後の転職活動の有効なツールとして役立ちます。

『ミイダス』であなたの市場価値を無料で確認したい方はコチラ!
【ミイダスの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【対処法3】企業の口コミ情報は転職活動には重要

今すぐではなく今後転職活動を行う予定の方もなるべく早く準備しておくことは大切です。

準備しておく最も重要な取り組みが「企業の情報収集」です。
いざ、転職活動を行うとなった時にやりたいことは明確でも、どんな企業があるのか、分かっていなければ精査することもできません。

特に求人に載っている情報ではない企業の内情までは一般的な公式文書では確認することは難しいです。
ただ、企業に勤めていた方々は他の誰よりもその企業のことを知っています。

そんな情報が集約されているのが「企業の口コミサイト」
特におすすめの口コミサイトが、300万件以上の口コミが掲載されて無料で利用できる【転職会議】

東証一部上場企業の『リブセンス』が運営するサービス【転職会議】
登録会員数は「700万人以上」。企業で働く社員、元社員が実際に働いて感じた口コミ「300万件以上」を掲載!掲載企業数も「400万社」を超えている豊富な情報が満載。登録料、利用料は一切かからず、無料会員登録後すぐに口コミ検索から企業の内部を知ることができます!失敗しない転職を叶えたい方におすすめの口コミサイト。求人情報も「17万件以上」を掲載し、口コミを見ながら求人も合わせて閲覧できる非常に便利なサービスになります。

まとめ:ジェラシーは出世意欲の現れ

同期や後輩の出世で差が広がった時に取り組みたい方法についてまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

・約半数が出世意欲がある
・その中でも同期との格差で出世意欲が強くなる
・35歳までに一定の経験、スキルを身に着けておきたい
・どうしても悔しくて嫉妬が収まらないなら転職も検討すべし

会社に所属していれば必ず起こりえる悩みです。
それは出世意欲が強ければ強いほどもどかしく悔しさも滲み出ます。

そんな時にあなたなら何をしますか?
取り組むべきことはなるべく早くに行動した方が良いです。

手遅れではありませんが、立ち止まっていると差はますます広がるだけです。

どうしても差を縮めることが出来ない。
悔しくて嫉妬が収まらないなら転職を選ぶのも一つの方法です。

あなたにとっての「正解」はあなたが知っています。
ただ、どんな選択肢を選んでもその先で絶えまぬ努力は必要です。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選