怒られない仕事の特徴5選【仕事で怒られる原因への対策は報連相と段取り】
落胆する人

「仕事で怒られたくない!怒られない仕事ってあるのかな?どうすれば怒られないで済むのか、対策や対処法を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「仕事で怒られたくないので“怒られない仕事”を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 怒られない仕事の特徴5選
  2. 仕事で怒られないための対策
  3. でも理不尽に怒られる場合もあり原因は「見た目」
  4. 仕事で怒られてもポジティブに捉える対処法
  5. もう仕事で怒られたくない!そんな方への解決策

「怒られる」、と気持ちは落ち込みますか?

多くの人はネガティブな感情に陥り怒られることを避けます。
でも、なかには怒られてもポジティブな感情にコントロールできる人もいます。

この違いは何なのでしょうか?
一ついえるのは、怒られても感情をコントロールする術を持っているということ。

怒られない仕事の特徴を把握し対策と対処法を詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「どうしても怒られたくない方への解決策もまとめていきます。今まさに怒られることに敏感になっている方は参考にしてみてください。」

怒られない仕事の特徴5選

早速怒られない仕事の特徴5選についてまとめていきます。

そもそも、なぜ怒られるのでしょうか?
怒られる原因が分かれば怒られない仕事の特徴も見えてきます。

最初に原因を解明し、特徴については後述していきます。

怒られる原因は「期待に対する失望」

まず怒られる原因についてです。

結論からいえば、怒られる原因は「期待に対する失望」

仕事では何かしらの「期待」を相手に抱きます。
なぜなら、仕事を行う以上「成果」は常に求められるからです。

  • 目標を下回る成果だったから
  • 何度も同じミスを繰り返すから
  • スケジュール通りに進んでいないから

上記のような期待を裏切る成果は、人の感情を「失望」へと変えます。
(成果なしの行いは単なる自己満であって仕事ではない)

そして、アドラー心理学の関連本「嫌われる勇気」に以下の一節があります。

怒りとは出し入れ可能な「道具」なのです。この母親は怒りを抑えきれずに怒鳴っているのではなく、ただ大声で娘を威圧するため、それによって自分の主張を押し通すために、怒りの感情を使っているのです。

つまり、期待通りの成果を上げるよう強制させるために怒りの感情を相手に使います。

目標やスケジュールなど「目標」があるから怒られることになります。
なので、「期待されない仕事」が「怒られない仕事」の特徴と同義といえます。

これらの特徴に合致した仕事を5つ次章で解説していきます。

関連記事:人間不信で仕事できないと悩む人に向いてる仕事5選【辛い職場なら転職推奨】

【特徴1】ノルマのない仕事

ここから怒られない仕事の特徴をまとめていきます。

まず1つ目の特徴が「ノルマのない仕事」

ノルマとは数字を課した業務目標。
目標が達成できなければ上司から激昂を喰らいます。

ただ怒られるだけならまだ耐えられます。
しかし、ノルマのある仕事というのは「ペナルティ」も課せられます。

ペナルティとは給与や昇進などの待遇面のこと。
ノルマ未達となれば支給される給与は基本給のみでインセンティブがつかなくなります。

そして、使えない人材とレッテルを貼られいつしか窓際族行き確定になります。

仕事で怒られたくなければノルマのある仕事は真っ先に避けましょう。

関連記事:【厳選】ノルマのない仕事5選!辛い数字のストレスで辞めたい方必見

【特徴2】人と関わらない仕事

2つ目の特徴が「人と関わらない仕事」

人と関わるから怒られる羽目にあいます。
人と関わらなければ期待もされず、結果怒られることもありません。

どうしても怒られない仕事を選びたい方は人と関わらない仕事を選べば大半の悩みは解消されます。

関連記事:【厳選】人と関わらない仕事3選!人と会わない&人と接しない仕事も解説

【特徴3】スケジュールがタイトでない仕事

次に3つ目の特徴が「スケジュールがタイトでない仕事」

怒られる原因は期待に対する失望と解説しました。
スケジュールに関してもある種の期待がこもっています。

それは、建前がスケジュール通りに仕上げてほしい。
でも本音は期限より早めに仕上げてくれるとうれしい、と考えています

なぜなら、早く仕上げてくれたほうが自分の仕事が捗るから。

当然予定通りにアウトプットできなければ怒られます。
しかし、予定通りでも怒られる場合があるため、相手の仕事へのスタンスを観察しておく必要があります。

関連記事:マイペースな人に向いてる仕事12選【自分のペースでできる仕事・職種に転職】

【特徴4】失敗を許す文化のある仕事

4つ目の特徴が「失敗を許す文化のある仕事」

会社によってスローガンは異なります。
なかには失敗を許す文化を掲げる会社も存在します。

その最たる理由は、従業員に挑戦させるため。
新しい挑戦によって新規事業や新サービスは生まれ企業の成長へと繋がります。

一方、失敗を完全に許さない会社もあります。
失敗を恐れれば自信がなくなり、結果社内からのイノベーションも生まれなくなります。

企業文化は会社のあり方を映した鏡。
入社前にどんなことに重きを置く会社なのか調べることも重要です。

関連記事:自分に自信がない人に向いてる仕事10選【成功体験が自信を生み出す原動力】

【特徴5】裁量権のある仕事

そして5つ目の特徴が「裁量権のある仕事」

裁量権とは業務上の意思決定権。
自らの判断でタスク処理して進められる権利を有するということです。

裁量権があることで業務コントロールが可能になります。
つまり、怒られる原因にある「期待される」を「期待する」立場に変われることを意味します。

もっといえば、怒られる仕事から怒る仕事へのキャリアチェンジ。
怒られたくなければ、怒る側にまわるのも一つの方法としてありです。

関連記事:責任のない仕事に転職したい!【おすすめ職業12選と正社員の見つけ方】

仕事で怒られないための対策

ここまで怒られない仕事の特徴をまとめてきました。

忙しい人

「怒られない仕事の特徴が分かっても怒られるのは怖い!」

そんな方に仕事で怒られないための対策を解説していきます。

怒られないための「具体的な行動」
そして「備えておきたい心構え」まで実践的な内容をご紹介していきます。

【対策1】報連相を徹底する

1つ目の対策が「報連相を徹底する」

これは上司などの仕事を依頼してきた相手への報連相になります。
なぜ、報連相が仕事で怒られないための対策になるのでしょうか?

報連相をする最大の目的は「上司の不安を取り除くため」

上司の立場になれば業務の進捗具合が最も気になります。
なぜなら、期日まで待って全く依頼内容と異なる成果物を出された時には怒り心頭となるからです。

つまり、期日に成果を報告するのではなく期日までの間に小出しに連絡なり相談を待っているのが上司の心情。

こまめにコミュニケーションを取ることで業務の進捗具合は分かります。
なので不安を取り除き手戻りも減らす意味でも、報連相の徹底は必要不可欠といえます。

関連記事:仕事できない人ほど非効率な生き方を選びがちな話【勝てる場所を選ぶのが正解】

【対策2】仕事の段取りを徹底する

2つ目の対策が「仕事の段取りを徹底する」

これは担当者自身で取り組める対策です。
仕事の納期やノルマも段取りの悪さがパフォーマンス悪化を招きます。

「段取り八分」という言葉がある通り、段取りが仕事の基本であり全てです。

期日までに何をすべきか?優先事項は何か?
段取りを組む最大のメリットは、目的までの具体的な動きを逆算して可視化できる点。

これにより無駄な動きはなくなり、最大のパフォーマンスを発揮できるようになります。

関連記事:【仕事の要領が悪くて辛い】悩みを改善する15のコツと強みを活かす方法

【対策3】相手の気持ちを理解する

そして3つ目の対策が「相手の気持ちを理解する」

そもそもなぜ怒るのか?
相手の気持ち(心情)をくみ取って行動することも非常に大切です。

その取り組みの一つが対策1で解説した「報連相の徹底」
仕事の依頼者は進捗具合が分からないと不安になります。

己の不安の感情を解消するためにも相手を怒り報告するように強制させようとします。

なぜ怒るのかを理解することで怒られる状況への対策が取れます。
これは、依頼者の仕事に対する価値観や状況によっても異なります。

なので、依頼者の性格特徴をしっかり把握したうえで対策を講じましょう。

関連記事:仕事でミスが多いから辞めたい?なら転職が正解【理由とミスばかり連発する原因】

でも理不尽に怒られる場合もあり原因は「見た目」

怒られる原因は期待より失望が上回るからと解説しました。

しかし、中には一方的な感情のみで怒る人もいます。
「あの人はミスが許されるのに、私だけ許されず怒られてしまう・・・」

この理不尽に怒られる場合もあり原因は何なのでしょうか?

結論からいえば「見た目」です。
人の「童顔度」によって、ミスの許容度は変わることが以下の研究から明らかとなっています。

  • 意図的な器物損害などの訴訟の場合は、大人びた顔の人は92%が有罪になり、童顔の人は45%が有罪になっていた
  • 意図的ではない単なる過失による訴訟の場合は、童顔の人は85%が有罪になり、大人びた顔の人は58%が有罪になっていた

つまり、どんなに対策を取っても怒る人は怒るということ。
自分自身の感情をコントロールできず、怒りやすそうなな対象を探しています。

そして、感情の赴くままに怒りをぶつける。
自分自身に非がなくても怒られる人は無条件で怒られてしまう事実もあります。

関連記事:【会社=理不尽が当たり前?耐えるべき?】理不尽な仕事にイライラへの対処法5選

仕事で怒られてもポジティブに捉える対処法

残念ながら怒られやすい人は無条件で怒られます。
また、怒られる原因が分かっていても怒られる状況に慣れない人もいます。

そんな時に備えておきたいのが仕事で怒られてもポジティブに捉える対処法です。

起きた事実を変えることはできません。
怒られた現実に対する捉え方を変えるだけでも世界の見え方は変わります。

【対処法1】怒られたことを原動力にする

まず1つ目の対処法が「怒られたことを原動力にする」

怒られてよい気分になる人はいません。
しかし、怒られた事実をネガティブに捉えるのではなく怒りに変えましょう

ここでいう怒りとは相手を「見返す気持ち」
失望させた期待を上回る結果を出そうと見返す気持ちが仕事への原動力になります。

関連記事:自分に自信がない人に向いてる仕事10選【成功体験が自信を生み出す原動力】

【対処法2】期待されていると割り切る

2つ目の対処法が「期待されていると割り切る」

怒るのにも人はエネルギーを使います。
言い換えるなら、それだけ期待している現れでもあります。

つまり、大事なエネルギーを使ってまで私を成長させようとしていると割り切る考えも一つの対処法です。

関連記事:【体験談】仕事の人間関係を割り切ると人生好転した話【コツは5つ】

【対処法3】怒られ慣れする

3つ目の対処法が「怒られ慣れする」

怒られ慣れするとは「打たれ強くなる」ということ。
社会に出れば様々な理不尽な境遇に遭遇します。

その都度、落ち込みネガティブになっていては心が疲弊するだけです。

怒られ慣れすることで心への負担を軽減できます。
また、打たれ強い人は出世しやすいともいわれています。
(出典:幻冬舎「出世侍(二) 出る杭は打たれ強い」

それだけ出世コースには、納得できない理不尽な怒られも付き物だということです。

関連記事:【出世できないとわかったら】転職?諦める?取るべき行動は2つだけ

もう仕事で怒られたくない!そんな方への解決策

もう仕事で怒られたくない!そんな方への解決策をまとめていきます。

仕事も職場環境も変えてリスタートする

  • 仕事で怒られないための対策も講じた
  • 怒られてもポジティブに捉える対処法も実践した

それでも怒られる仕事に就きたくない方は仕事も職場環境も変えてリスタートさせましょう。

仕事には必ず向き不向きがあります。
さらに職場の人間関係の悩みも別の会社に移れば解消される場合が多いです。

また勤め先が労働を強制するブラックである可能性もあります。
現状の悩みが自助努力によって改善されないなら、その場から回避するのが最も有効な手段です。

その手段というのが「転職」
転職活動して別の会社に移れば怒られる状況から抜け出せます。

転職活動には転職エージェントを利用しましょう。
以下の3社はブラック企業の求人を徹底的に排除したおすすめの転職支援サービスです。

転職で望むライフスタイルは手に入ります。
あとはあなたが行動するのみ、自らの手で望む未来を勝ち取ってください。

ブラック企業を徹底排除!おすすめ転職エージェント3選

会社に縛られない生き方を選ぶ

  • 仕事で怒られないための対策も対処法にも取り組んだ
  • でももう会社の人間関係に疲れて転職すらする気が起きない

そんな方は会社に縛られない生き方を選びましょう。

会社に縛られない生き方とは「フリーランス」
働く場所も環境も人間関係も自らの意思で自由に選べます。

関連記事:正社員にこだわる働き方だと人生消耗する話【時代遅れの考えから多様な生き方へ】

フリーランスとしての働き方で最もおすすめは「フリーランスエンジニア」

エンジニア経験者であれば平均年収は「862万円」
会社員時代の年収以上の給料をスキルと実力で手に入れられます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

まとめ:怒られないためにも日頃の対策と対処法が大切

怒られない仕事の特徴と仕事で怒られる原因への対策をまとめてきました。

改めて怒られない仕事の特徴をまとめると、

怒られない仕事の特徴5選

  1. ノルマのない仕事
  2. 人と関わらない仕事
  3. スケジュールがタイトでない仕事
  4. 失敗を許す文化のある仕事
  5. 裁量権のある仕事

怒られる原因は「期待に対する失望」
期待していたにもかかわらず期待以下の成果であった時に失望が怒りに変わります。

そして、相手を強制させるために怒りという道具を使います。

怒りの道具を使わせないためにも日頃の対策が大切です。
対処法を講じても耐えられないなら転職して環境もすべてリセットさせましょう。

ブラック企業を徹底排除!おすすめ転職エージェント3選