人を幸せにする仕事とは【誰かを笑顔に&喜ばせる職種ランキングTOP15】
仕事に悩む人

「人を幸せにしたい!笑顔にしたい!そんな仕事に就きたい!でも、幸せにするってどういうこと?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「人を幸せにする仕事に就いて誰かを笑顔に&喜ばせたい方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①人を幸せにする仕事とは
②人を幸せにする仕事ランキングTOP15
③幸せはいつも自分の心が決める

想像してみてください。
あなたにとっての「幸せ」は何ですか?

答えは出ると思います。
でも、難しいことに人それぞれ「幸せ」の定義は違います。

幸せとは何なのか?を科学的に示した上で人を幸せにする仕事・職種をランキング形式で解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「人の笑顔が見たい、喜ばせたい。でもどんな仕事がこれらに当てはまるのか?迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。」

人を幸せにする仕事とは

そもそも「幸せ」とは何なのでしょうか?
明確なのは、人それぞれ感じる「幸せ」の定義は違います。

・家族と過ごす時間が多い
・人間関係が充実している
・人として成長や達成感が得られる

非常に抽象的な概念だということです。

なので、本記事では幸せを科学的に研究する学問の一つ「ポジティブ心理学」
この心理学を用いて、「幸せ」とは何なのかを具体的に理解していきます。

そして、「人を幸せにする仕事」が何なのかまで考えてみたいと思います。

ポジティブ心理学の「ウェルビーイング」

ポジティブ心理学では「幸せ」を「well-being(ウェルビーイング)」と呼びます。

ウェルビーイング(Well being) は、直訳すると「幸福」「健康」という意味です。世界保健機関(WHO)憲章の健康についての定義と同様に、「病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にある」状態を指して用いられます。

つまり、ポジティブ心理学でいう幸せは「持続的により良い状態にある」ということです。

一方、「幸せ」を直訳すると「ハピネス」にもなります。
しかし、心理学の世界では「ハピネス」は用いられることはほとんどありません。

なぜなら、ウェルビーイングとハピネスの意味が違うから。
・ウェルビーイングとは「持続可能で多面的な本来の幸せ」
・ハピネスとは「非持続的で刹那的な単なる快楽」

例えば、お金がたくさんある、南国の海を見ながら優雅に過ごす、合コンを楽しむ、は刹那的な単なる快楽(ハピネス)であって、本来の幸せ(ウェルビーイング)ではないということです。

ポジティブ心理学の創設者であるマーティン・セリグマン博士が、「“幸せ(Happiness)”という言葉は嫌いだ」と著書の中で発言するほど意味は異なります。

そして、セリグマン博士はウェルビーイングを測定する判断基準は「持続的幸福度」にあると提唱。

その持続的幸福度が「PERMA(パーマ)」と呼ばれる5つの要素で構成されます。

幸せに必要な5つの要素「PERMA(パーマ)」

以下が幸せに必要な5つの要素の「PERMA(パーマ)」

【P】Positive Emotion(ポジティブ感情)
嬉しい、感動、感謝、面白い、楽しいなどポジティブな感情のこと

【E】Engagement(何かに没頭)
時間を忘れて何かに没頭、没入できる経験に関わること

【R】Relationship(人間関係)
家族や知人などとの関係や援助を受ける&与える関係のこと

【M】Meaning and Purpose(人生の意味や意義ある行動)
自分は何のために生きているのか?目標や目的を意識すること

【A】Achievement(何かを成し遂げること、達成)
継続による目標達成や爽快感を得ること

5つの要素の頭文字を取って「PERMA(パーマ)」
これらの要素が満たされた時、人は本来の「幸せ」を感じられるということです。

では、「人を幸せにする仕事」とは何か?
PERMAの要素ごとに該当する仕事・職種をランキングで解説していきます!

人を幸せにする仕事ランキングTOP15

それでは早速人を幸せにする仕事ランキングTOP15をまとめていきます!

幸せを指標化した「PERMA」の要素から以下5つの仕事を選定しました。

①喜びや笑顔など人をポジティブな感情にする仕事
②時間を忘れるほど没頭できる体験を与える仕事
③援助を与えて人間関係を良好にする仕事
④人生の目的や目標を見出す仕事
⑤目標を設定し達成まで支援する仕事

上記の仕事に当てはまる具体的な職種と仕事内容を解説していきます!

①喜びや笑顔など人をポジティブな感情にする仕事3選

まず喜びや笑顔など人をポジティブな感情にする仕事3選についてです。

1位:ウェディングプランナー

新たな門出の結婚式をプロデュースする仕事「ウェディングプランナー」

人の笑顔を生み出す仕事の代名詞です。
不満になる、怪訝そうな人間など一人もいません。

幸せな空間、関係を全力で創り出したい方に最適な仕事です。

2位:テーマパークスタッフ

アトラクションなど施設で働く「テーマパークスタッフ」

子供から大人まで笑顔溢れるテーマパーク。
仕事内容も接客担当や受付、ダンサーにキャストなど。

幅広い職種が揃っており、多様な働き方も可能です。
笑顔を見るのが好きな方、ポジティブな感情に包まれたい方にマッチした仕事です。

3位:お笑い芸人

人を笑わせることを生業とする「お笑い芸人」

お笑いを見るだけでなくプロとして笑わせる側に立ちたい!
人を笑わせることに生き甲斐を感じる方はお笑い芸人一択です。

②時間を忘れるほど没頭できる体験を与える仕事3選

次に時間を忘れるほど没頭できる体験を与える仕事3選についてです。

1位:ゲームクリエイター

ゲーム開発に携わる「ゲームクリエイター」

オタクだけでなく家族でも楽しめる「ゲーム」
人とのコミュニケーションツールとしても活躍。

最近では先端技術の発達でARやVRが主流に。
新しい体験は人の好奇心に働きかけ夢中にさせるほど没頭してしまいます。

2位:ミュージシャン

ライブ・イベントのパフォーマンスで人を魅了する「ミュージシャン」

・ロッキンフェス
・フジロックフェス
・アーティストライブ

ライブの主役はミュージシャン。
音楽を通して、一体感を生み出します。

ライブを観れば現実社会の嫌な事、ストレスも忘れ去られる。

今までにない充実の時間が流れます。
時間の流れが早く感じるのは没頭するほどに集中するから。

ミュージシャンが奏でる音楽には、人間をポジティブにする不思議な力があります。

3位:スポーツ選手

スポーツを支える「スポーツ選手」

ミュージシャンと同じく「スポーツ」というエンターテインメントは無くてはならない存在。

夢中にしてくれる心のガソリン。
人に勇気を与え、明日への活力に変わります。

③援助を与えて人間関係を良好にする仕事3選

援助を与えて人間関係を良好にする仕事3選についてです。

1位:看護師

人の生活を支援し活動を促す医療従事者の「看護師」

人のために仕事をする職種の代名詞。
看護師なくして生活できない方も多くいます。

援助できれば被介助者の取り巻く人間関係も良好になります。
支援や援助を心から望む方に非常にマッチする仕事です。

2位:介護士

被介護者や高齢者のサポートする「介護士」

看護師と同じく介護士を必要とする人は世の中たくさんいます。

特に足腰が弱くなって一人では生活できない高齢者。
人の助けとなって援助することに生き甲斐、幸せを感じる方におすすめの仕事です。

3位:保育士

子供を保育する仕事が「保育士」

子供を安心して預けられる保育士。
保育士の存在は、共働き家庭にはなくてはならない存在です。

また、子供好きにとっては適職ともいえます。
子供の笑顔が、家族だけでなく働く保育士にとっても幸福感をもたらします。

④人生の目的や目標を見出す仕事3選

人生の目的や目標を見出す仕事3選についてです。

1位:カウンセラー

人の人生相談に耳を傾ける「カウンセラー」

カウンセラーの強みは「ヒアリング力」
そして、相手に寄り添い同調する「共感力」

人は話を聞いてもらうだけでも心の負担が軽減されます。
相談に乗って、進むべき人生の道しるべを指し示すのもカウンセラーならではの仕事です。

2位:教師

学校で子供の教育を担当する「教師」

子供の成長に大きく影響する教師。
教師の経験や教養が子供の未来を創ると言っても過言ではありません。

つまり、小さな生命の人生の目標や道しるべになるべきです。

非常に責任のある仕事。
しかし、やりがいと働き甲斐もある仕事。

子供と一緒に成長したいと考える方にもマッチする仕事です。

3位:僧侶

冠婚葬祭に携わる「僧侶」

主にお寺に所属しお経を唱える。
特に葬式や法事では人間の御霊を供養する重要な役割を担います。

今までの人生を振り返り、これからの人生を見つめ直すよい機会が与えられます。

⑤目標を設定し達成まで支援する仕事3選

そして目標を設定し達成まで支援する仕事3選についてです。

1位:ジムトレーナー

目標に向けた体作りや健康維持をサポートする「ジムトレーナー」

ライザップやエクササイズコーチなど。
様々なトレーニングジムで活躍するジムトレーナーがいます。

ジムへ通う目的は人それぞれ。
ただ、目的なくジムへ通うことはありません。

・理想の体を手に入れて異性にモテたい
・足腰鍛えて健康維持に努めたい

その際の目標設定は素人では難しいです。
プロに依頼した方が効果は出やすくなります。

そんな需要と供給がマッチした仕事がジムトレーナーともいえます。

2位:塾講師

学力アップを目的に通う「塾講師」

目標とする行きたい高校、大学がある。
しかし、現状の学力では不安が残る。

そこで出番なのが塾講師という仕事。
子供の学力アップに勤め、成長をともに見届けられる仕事です。

3位:英会話講師

語学力アップを目的に通う「英会話講師」

塾講師は子供向けの学力アップが目的。
英会話講師は子供から大人まで英語を話せるようになることを目標にします。

目的は海外旅行を楽しみたいなど。
語学が堪能になれば、見知らぬ土地へも出かけることが可能になります。

幸せはいつも自分の心が決める

人を幸せにする仕事を心理学の側面から解説してきました。
当てはまる仕事や幸福度が上がる職種はありましたでしょうか。

ただ、一つ仕事を選ぶ上で注意点があります。
それは「仕事に携わる本人も選んだ仕事に幸せを感じるかどうか」です。

有名な言葉にこんな一節があります。

しあわせは いつも自分のこころがきめる (相田みつを)

つまり、選んだ仕事に「納得」しているかどうかが非常に重要です。
「人に勧められたから選んだ」や「頼まれたから就いた」のでは幸せにはなれません。

あなたの幸せは、他人ではなくあなた自身が選んで決めることです。

「幸せを感じる仕事」とは利用者と従業員双方が幸福である状態が重要

今回ご紹介したポジティブ心理学の「ウェルビーイング」
構成する5つの要素は、従業員側の幸福度向上を目的に導入が進む施策の一つ。

いかに社員が生き生きと働いてもらえるか?
考えるために企業が取り入れられた人事戦略ということです。

つまり、「幸せを感じる仕事」とは利用者と従業員双方が幸福である状態が重要です。
もっというと、従業員自身も幸せを感じる仕事に就かない限り、「人を幸せにする仕事」とは言い難いということです。

人を笑顔にしたい、喜ばせたい。
そのための仕事は携わる本人も同じくらい幸せを感じられるか?

一度立ち止まって、客観的に考えてみる必要があります。

関連記事:仕事だけの人生は楽しい?後悔?【つまらない毎日を変える2つの事】

仕事選びで困ったら転職のプロに相談するのが賢明

仕事に悩む人

「人を幸せにする仕事に就きたいけど、私の向いてる職種は何だろう?いざ転職を考えた時に迷ってしまう。」

このように客観的に考えてみるのが難しい場合。
仕事選びで困ったら転職のプロに相談するのが賢明です。

その転職のプロというのが「転職エージェント」

私はこれまで10社近い転職エージェントを利用してきました。
その中でも特にサポートの質が高い3社を厳選しご紹介します。

全て登録&利用料ともに無料です。
3社すべて登録しておくのが転職活動で成功率を上げるコツです。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事も合わせてご覧ください。
関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】

まとめ:人を幸せにする仕事は従業員も幸せな仕事

人を幸せにする仕事・職種をランキングでまとめてきました。

改めて、人を幸せにする仕事をまとめると

【喜びや笑顔など人をポジティブな感情にする仕事3選】
・ウェディングプランナー
・テーマパークスタッフ
・お笑い芸人
【時間を忘れるほど没頭できる体験を与える仕事3選】
・ゲームクリエイター
・ミュージシャン
・スポーツ選手
【援助を与えて人間関係を良好にする仕事3選】
・看護師
・介護士
・保育士
【人生の目的や目標を見出す仕事3選】
・カウンセラー
・教師
・僧侶
【目標を設定し達成まで支援する仕事3選】
・ジムトレーナー
・塾講師
・英会話講師

人の本質的な幸せは「持続可能で多面的な本来の幸せ」

一時的かつ単なる快楽ではなく持続する幸福こそが人の幸せです。
そのための必要な要素は5つあって、「PERMA(パーマ)」という指標で判断されます。

人を幸せにする仕事に就きたい!
でも、どうすればいいのか?転職や求人の紹介も分からない方は転職のプロに相談しましょう。

転職のプロとは「転職エージェント」のこと。
的確にあなたの希望に沿って求人を紹介してくれます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選