人の話を聞く仕事がしたい!おすすめ職種12選【必要な3つのスキルも解説】
仕事に悩む人

「人の話を聞く仕事がしたい!どんな仕事がおすすめ?そもそも人の話を聞く仕事って何?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「人の話を聞く仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 人の話を聞く仕事とは何か?
  2. 人の話を聞く仕事おすすめ12選
  3. 人の話を聞く仕事に就くための方法は2種類
  4. 人の話を聞く仕事に共通して必要なスキル3選
  5. 【参考情報】人の話を聞く仕事を選ぶリスクと対策

「人の話を聞く仕事」とは「人の悩みを聴く仕事」

ただただ話を聞く“だけ”が人の話を聞く仕事ではありません。

いったいどういうことなのか?
人の話を聞く仕事の本質とおすすめの職種を詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「人の話を聞く仕事に共通して必要なスキルや就くリスクも解説していきます。今まさに人の話を聞く仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。」

人の話を聞く仕事とは何か?

まず「人の話を聞く」ことを“仕事にする”とはどういうことなのでしょうか?

当然ながらただ話を聞くだけでは仕事になりません。
なぜなら、聞くだけの行為は作業であって仕事ではないから。

仕事とは「何かを作り出す、または、成し遂げるための行動」
社会人にとっての仕事とは「付加価値」を生み出すことにあります。
(出典:沢井製薬「自分の価値は何で決まるか?」

では人の話を聞くことによる付加価値とは何なのか?
それは、人の話を「聴くレベル」が深いほど付加価値は生まれるといえます。

上記の通り、「聴く」にもレベルがあります。
そして人に話をする行為には、必ず目的が存在します。

なぜ話したいと思っているのか?
この目的を果たすことこそが仕事をする上で重要な「顧客ニーズ」

つまり人が話をする「目的」を理解し、その目的を達成するための「行動」が人の話を聞く仕事になります。

人の話を聞く仕事おすすめ12選

人の話を聞く仕事の意味や目的が分かったところで。
ここから早速人の話を聞く仕事おすすめ12選についてまとめていきます!

本記事では以下3つの目的別に情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

人の話を聞いて課題解決を提案する仕事5選

まず人の話を聞いて課題解決を提案する仕事5選についてです。

おすすめの仕事は以下の通りとなります。
順番におすすめの理由と仕事の特徴・内容を解説していきます!

人の話を聞いて課題解決を提案する仕事5選

  1. 営業
  2. コンサルタント
  3. システムエンジニア
  4. キャリアアドバイザー
  5. Webマーケティング

【仕事1】営業

商品やサービスの価値を顧客に伝える「営業」

企業が誇る商品やサービスの価値を売上に変換する仕事。
顧客に対しプレゼンや商談方法など様々なコミュニケーション能力が問われる仕事です。

そして営業で最も求められるスキルが「課題解決能力」
顧客の悩みを解決する(ベネフィット)のための商品の良さ(メリット)を伝えるスキル。

そのために顧客が抱える課題のあぶり出しを行います。
できる営業マンは「商品の説明」より「相手の話を聴く」ことに徹します。

つまり、人の話を聞く仕事に最も適した職種が営業といえます。

営業に転職したい、興味がある方は「いい求人net」の利用がおすすめです。

20代、30代向けの営業職専門の転職支援サービス。
営業経験者や未経験者の方でも経験豊富な専属コンサルタントが徹底サポートしてくれます。

『いい求人net』公式ホームページはこちら!
【いい求人netの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事2】コンサルタント

企業の抱える課題に問題解決を担う「コンサルタント」

企業は大なり小なり日夜課題と戦っています。
時に企業の人間だけでは課題の解決に近づけない場合があります。

そんな企業の抱える「イシュー」と向き合う精鋭部隊がコンサルタント。

コンサルタントの仕事の意義は企業への助言業。
そのために課題を共有し、問題を浮き彫りにしていく工程が必須になります。

そして、改善策のロードマップを作成・提言するのが至上命題です。

コンサルに興味がある、コンサルに転職したい方は『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

『アクシスコンサルティング』公式ホームページはこちら!
【アクシスコンサルティングの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事3】システムエンジニア

開発の要件定義から運用まで行う「システムエンジニア」

システム開発の上流工程を主に担う仕事。
プログラムに必要な仕様書作成のための開発全般に携わります。

システム開発には多くの人員がかかわります。
その中でも特に重要なのが、開発を発注する顧客とのコミュニケーション。

まずヒアリングをもとに要件定義を詰めていきます。
そして、要件定義から基本設計、詳細設計へと工程は進んでいきます。

そのため、SEには高いコミュニケーション能力が求められます。

プログラミングスキル以上に求められます。
つまり、SEは人の話を聞く仕事に分類されるITエンジニアだといえます。

開発経験者でSEに転職したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載する転職エージェント。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したいエージェントNo.1。

\エンジニア経験者向けの転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事4】Webマーケティング

商品やサービスの売上拡大に寄与する「Webマーケティング」

最大のミッションはクライアントの売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までマーケティングを担います。

そのため、商品の良さを最大限引き出すヒアリングが必須。
ヒアリングで価値ある情報を引き出せるかがWebマーケに求められるスキルです。

そして、ヒアリングをもとに目的遂行の戦略を立案する能力が求められます。

Webマーケティングに転職したい方は「ギークリー」の利用がおすすめです。

Web・IT業界に特化した転職エージェント。
常時1万件以上の求人の中から、経験豊富なキャリアアドバイザーが提案してくれます。

『ギークリー』公式ホームページはこちら!
【ギークリーの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気。
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事5】キャリアアドバイザー

キャリアコンサルティングを行う専門家が「キャリアアドバイザー」

相談者のキャリア開発を支援する仕事。
主には相談からアドバイスを行う助言業にも該当する専門職です。

どんな強みがあって向いてる仕事は何か?
アドバイスのために質問力と共感力のコミュニケーション能力が必須。

今後のキャリア形成の一助となるべく的確なアドバイスを行う仕事です。

キャリアアドバイザーの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

人の話を聞いてカウンセリングを行う仕事5選

次に人の話を聞いてカウンセリングを行う仕事5選についてです。

おすすめの仕事は以下の通りとなります。
順番におすすめの理由と仕事の特徴・内容を解説していきます!

人の話を聞いてカウンセリングを行う仕事5選

  1. 心理カウンセラー
  2. ソーシャルワーカー
  3. メンタルトレーナー
  4. 児童指導員
  5. 占い師

【仕事1】心理カウンセラー

人の悩みや課題に耳を傾けカウンセリングを行う「心理カウンセラー」

カウンセラーの強みは「ヒアリング力」
そして、相手に寄り添い同調する「共感力」

人は話を聞いてもらうだけでも心の負担が軽減されます。
相談に乗って、進むべき人生の道しるべを指し示すのもカウンセラーならではの仕事です。

心理カウンセラーの仕事探しなら求人サイト「リクナビネクスト」の利用がおすすめです。

約5万件の求人情報を常時掲載する利用者数No.1求人サイト。
カウンセラー関連の仕事も約600件掲載する業界トップクラスの転職支援サービスです。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事2】ソーシャルワーカー

社会生活が困難な方や支援を求める人に援助を行う「ソーシャルワーカー」

主に高齢者や身体的に不自由な方を対象に行う仕事。
問題を抱える当事者や家族に助言や具体的な支援を行う職種になります。

何に困っていて、どんな援助が必要なのか?
生活に問題を抱える人の相談内容から的確に社会福祉支援を行います。

ソーシャルワーカーをはじめとする福祉関連の求人なら「かいご畑」を利用するのがおすすめです。

介護資格をゼロ円で取得できる「キャリアアップ応援制度」が魅力の求人サイト。
無料の会員登録後、電話確認が取れ次第、全国の求人を閲覧することが可能です。

\8,000件以上の求人掲載!/
『かいご畑』公式ホームページはこちら!

【仕事3】メンタルトレーナー

悩みや課題に対してメンタル面からサポートする「メンタルトレーナー」

心理学に基づくカウンセリングやコーチングを行う仕事。
活躍する領域はスポーツや医療、一般企業など多岐にわたります。

各種場面でのクライアントに対しメンタルトレーニングを行います。

そのための悩みや精神的負担となる課題をヒアリング。
ヒアリングから適切なトレーニングとサポートを行う人に寄り添う職種です。

ただメンタルトレーナーに興味はあるけど何から始めればいいか分からない。
そんな方は「資格のキャリカレ」の無料資料請求から始めるのがおすすめです。

不明点は質問・相談も無料でサポート体制が充実!
独自カリキュラムで効率的に学べるからたった3ヶ月でトレーナーも夢ではありません。

\受講料全額返金&2講座目無料!/
『資格のキャリカレ』公式ホームページはこちら!
【キャリカレの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事4】児童指導員

支援を必要とする子どもに対しサポートを行う「児童指導員」

児童指導員は、主に児童福祉施設などで保護者の代わりに生活指導を行ったりする業務です。生活指導に限らず、関係機関との連携やケースワークなどにも関わります。

生活指導とは将来社会生活を送れるように支援を行います。
そのためのカウンセリングや環境づくりなど大きな役割を果たす仕事です。

関連記事:人のためになる仕事がしたい!【人の役に立つ仕事ランキングTOP15】

【仕事5】占い師

人の運勢や未来を占う「占い師」

相談者の悩みや解決したい問題をカウンセリング。
ヒアリングから不確実な未来に対するアドバイスを施す仕事です。

特に女性の占いに対する潜在需要は高いといえます。
(出典:J-Net21「占い店」

相談者をカウンセリングしアドバイスしたい方。
悩みが解消された時の笑顔を見たい方は、占い師の適性があるといえます。

関連記事:人を幸せにする仕事とは【人を笑顔に&喜ばせる職種ランキングTOP30】

人の話を聞く傾聴サービスの仕事2選

そして人の話を聞く傾聴サービスの仕事2選についてです。

おすすめの仕事は以下の通りとなります。
順番におすすめの理由と仕事の特徴・内容を解説していきます!

人の話を聞く傾聴サービスの仕事2選

  1. シニアピアカウンセラー
  2. 愚痴聞き屋

【仕事1】シニアピアカウンセラー

高齢者傾聴とも呼ばれる「シニアピアカウンセラー」

高齢者と心を通わせ、癒しを与える専門家。
シニアピアカウンセラーに欠かせないスキルは相手の話への傾聴。

高齢者の気持ちを理解し信頼関係を築くことが求められる仕事です。

難しい分、やりがいも社会貢献性も高い仕事。
人の話を聞いて、心を癒す取り組みに貢献したい方に向いてる仕事だといえます。

ただシニアピアカウンセラーに興味はあるけど何から始めればいいか分からない。
そんな方は「資格のキャリカレ」の無料資料請求から始めるのがおすすめです。

相談業務実習サービスで実践力がしっかり身につく!
独自カリキュラムだからわずか3ヶ月で高齢者傾聴のスキルが身につきます。

『キャリカレ』無料資料請求はこちら!
【キャリカレの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事2】愚痴聞き屋

その名の通り愚痴を聞く仕事の「愚痴聞き屋」

「愚痴を聞いてほしい!」と思う時はありませんか?
友人や家族に話したいけど、内容によっては話しづらい・・・

そんな時に便利なのが「愚痴聞き屋」
過去にテレビでも紹介されるほど注目される仕事の一つ。

非常に需要の高まりが顕著な仕事です。
実際、どれくらいの需要なのかココナラで調べてみると、

「愚痴」で調べると2万件を超える仕事が掲載されています。
検索結果のほぼすべてが愚痴を聞くサービスを行う仕事となっています。

愚痴を聞くのが得意な方や相談を受けるのが光栄な方。
相談者の不安に寄り添って話を聞きたい方に適した身近な仕事だといえます。

愚痴聞きの仕事を在宅で安全に行いたい方は「ココナラ」の利用がおすすめです。

仕事依頼の成約実績が420万件!
知識・スキル・経験を売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。

人の話を聞く仕事に就くための方法は2種類

ここまで人の話を聞く仕事のおすすめをまとめてきました。

仕事に悩む人

「仕事は分かったけど、どうすれば人の話を聞く仕事に就けるのかな?仕事の探し方、方法を教えてほしい!」

社会人が人の話を聞く仕事に就くための方法は2種類あります。

  • 転職エージェントを活用して転職する方法
  • 該当の資格を取得して就職する方法

実務経験を活かして転職するか、資格を取って就職するか。
それぞれの方法と仕事の探し方を解説していきます。

【方法1】転職エージェントを活用して転職する

まず1つ目の方法が「転職エージェントを活用して転職する方法」

主に「人の話を聞いて課題解決を提案する仕事」で紹介した職種に当てはまる方法です。

転職エージェントは求職者の内定獲得をサポートするサービス。
希望とする求人の紹介から面接や提出書類の対策まで徹底した支援をもらえます。

もちろん人の話を聞く仕事の求人も保有しています。
直接該当する仕事を伝えて求人紹介を受けるもよし、自ら仕事を探して求人があるか聞くもよし。

求職者の転職活動において欠かせないサービスの一つだといえます。

現在まで転職エージェントは多くのサービスがあります。
その中でも特におすすめの3社を厳選しご紹介します、ぜひお役立てください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【方法2】該当の資格を取得して就職する

そして2つ目の方法が「該当の資格を取得して就職する方法」

仕事に対する該当する資格と活躍できる分野を一覧にまとめると以下のようになります。

人の話を聞く仕事該当する資格活躍分野(仕事内容)
心理カウンセラー 臨床心理士
公認心理師
メンタル心理カウンセラー
メンタルケアカウンセラー
チャイルドカウンセラー
キャリアカウンセラー
教育機関(スクールカウンセラー)
一般企業(産業医、研修講師など)
独立・開業(法人、個人事業主)
ソーシャルワーカー 社会福祉士
精神保健福祉士
社会福祉主事
社会福祉施設(生活相談員など)
医療機関(医療ソーシャルワーカー)
教育機関(スクールソーシャルワーカー)
一般企業(産業ソーシャルワーカー)
行政機関(公務員として福祉事務所で対人支援)
メンタルトレーナー スポーツメンタルトレーニング指導士
メンタルトレーニングスペシャリスト
メンタルトレーナー2、3級
メンタルヘルスコンディショニング
NLPファンダメンタル通信コース
スポーツ(スポーツメンタルトレーナー)
一般企業(従業者のメンタル面をサポート)
教育機関(学生のメンタル面をサポート)
児童指導員児童指導員任用資格 児童養護施設(保護者がいない子ども等を支援)
児童発達支援施設(障害のある未就学生を支援)
障害児入所施設(18歳までの子どもを支援)
放課後等デイサービス(放課後に子どもを支援)
シニアピア
カウンセラー
シニアピアカウンセラー資格 デイサービス・デイケア(介護士)
特別養護老人ホーム(介護士)
介護福祉施設(介護士)
医療現場(高齢者傾聴)
訪問介護(介護士)

資格がスキルの客観評価となり就職に有利になります。
ただ上記資格を取れば仕事に就職できる、というものではありません。

また4年生大学卒が就職の条件になる仕事もあります。
気になる仕事、転身したい仕事の募集要項を確認したうえで受けるようにしてください。

資格取得の最適な手段は「ヒューマンアカデミー」の利用がおすすめです。

全800を超える講座・レッスンを受講が可能。
人気の資格から最近注目の資格まで幅広く取り扱っています。

ヒューマンアカデミーの評判が気になる方。
他のスクールとの比較情報も確認したい方も以下関連記事も合わせてご覧ください。

関連記事:ヒューマンアカデミーの評判は悪い?【口コミと他資格取得の比較からメリットを検証】

仕事選びに迷ったらキャリア選択のプロに相談が賢明

2種類の人の話を聞く仕事に就職する方法をご紹介しましたが、

忙しい人

「どんな仕事が私に向いてるのか分からない!」

そんな仕事選びに迷ったらキャリア選択のプロに相談が賢明です。

なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。
さらに、日本の仕事(職業)は「17,209種類」存在すると公表されています。

つまり、向いてる仕事に巡り合えるほうが奇跡だといえます。

キャリア選択のプロとは「キャリアコーチング」
あなたの特性を科学的に診断し、仕事の適性を導き出すサービスです。

仕事選びに迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

人の話を聞く仕事に共通して必要なスキル3選

人の話を聞く仕事に就職する方法について解説してきました。

いざ就職を意識すると以下のような疑問がわいてきます。

  • 仕事に興味はあるけど、自分に向いてるか?
  • 事前に身につけておくべきスキルや経験はあるのか?
  • どんな特徴の持ち主が人の話を聞く仕事に適任なのか?

これら疑問に対して人の話を聞く仕事に共通して必要なスキルがあります。

一言でいえば「コミュニケーション能力の高さ」
コミュニケーション能力が高ければ、仕事にも適応できるといえます。

では、ここでいうコミュニケーション能力とは何か?
能力を分解すると以下3つのスキル習得が必要だといえます。

  • 質問力
  • 共感力
  • 傾聴力

それぞれのスキルが人の話を聞く仕事にどのように活かせるのか?解説していきます。

【スキル1】質問力

まず1つ目の必要なスキルが「質問力」

顧客ニーズを理解するには、まず信頼される必要があります。

信頼されなければ悩みも課題も打ち明けられません。
センシティブな内容になるほど双方の信頼関係は重要さを増します。

そして、信頼関係を築くために必要な行動が「質問」
なぜなら、質問することで質問者の好感度は上がることが研究結果で示唆されているからです。

質問するほど好感度が上がることは間違いないです。更に、ハーバード大学のこの研究では、特に効果的な質問というのもわかっています。フォローアップ・クエスチョンというテクニックです。フォローアップクエスチョンとは、事前に相手が話したことをベースに質問していく方法です。

相手の潜在的なニーズを引き出すのが人の話を聞く仕事の真髄。
そのためにあらゆる角度から質問するスキルは必要不可欠といえます。

つまり、顧客ニーズの顕在化のために質問力を磨くことでコミュニケーション能力は高まるといえます。

関連記事:人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選【人前で話す正社員の仕事も紹介】

【スキル2】共感力

次なる必要なスキルが「共感力」

顧客の悩みに共感することで信頼関係はさらに強固になります。

人とのかかわりは普遍で、欠かせない社会活動です。
そして、かかわりの中で尊重されるべきが「ダイバーシティ&インクルージョン

価値観や個性、ライフスタイルなどの様々な多様性が関係構築のために存在します。

一人として同じ人はいません。
これら多様性の理解と共有のために共感する力は重要なスキルといえます。

また共感を相手に示す行動に「目線を合わせる」があります。
目線を合わせるとは、相手の立場に立って気持ちに共感しながら理解するということ。

この行為をロジャーズの3原則の一つ「共感的理解」と呼びます。

共感的理解とは「クライエントの心の世界を、カウンセラーがあたかも自分自身のことであるかのように感じ取ること」と定義している。

つまり、共感とは相手の立場に立って理解すること。
これら信頼関係の構築と新しいものを生み出す力には、共感力が必要不可欠といえます。

関連記事:人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種28選【人を支える&人を救う仕事ランキング】

【スキル3】傾聴力

そして特に重要なスキルが「傾聴力」

「相手の心に寄り添おうとする気持ち」が傾聴力の本質。

傾聴とは、「聞く」のではなく心で「聴く」会話のスキル。
相手の話に耳を傾け、心に寄り添い真の意味を理解する力という意味合いがあります。
(出典:リーダーのメモ帳「傾聴力の意味とは?」

つまり、相手を尊重しているからこそ傾聴は身につきます。
傾聴できなければ共感することもできず、信頼関係の構築は叶いません。

傾聴力を学ぶ方法には「積極的傾聴法」が有効です。

積極的傾聴法とは相手の気持ちや考えを、相手の立場に立って理解する態度、あり方のこと。聴き手は自分の感情を誠実に包み隠さずに表現できることが求められる。また、相手の発言をすぐ否認や是認することは避けねばならない。このことで、相手とともに考え、感じるプロセスを共有し、やがて相手自身が問題解決できるように促すことをねらいとしている。

関連記事:優しい人に向いてる仕事12選【仕事できない原因は適職に就いてないから】

【参考情報】人の話を聞く仕事を選ぶリスクと対策

ここまで人の話を聞く仕事の探し方と必須スキルについてまとめてきました。

仕事のやりがいや社会的意義は大きいものがあります。
ただし、仕事選びで注意しておきたいリスクもあります。

その人の話を聞く仕事を選ぶリスクとは「受動ストレス」

受動ストレスという考え方があり、周りの人のネガティブなストレスや感情に触れるだけでも、脳は影響を受けてしまうということが分かっています。1993年の研究で、人間の感情は結構簡単に伝染して、例えば、皆さんの周りにネガティブな事ばかりを言う人がいるだけでも、皆さん自身の考え方も変わりネガティブになっていくということが分かっています。

人の話を聞く仕事には、感情の共有が付き物。
ポジティブな感情だけでなくネガティブな感情も時として扱うことがあります。

つまり、負の感情を持つ人との会話であなた自身もネガティブになる恐れが十分考えられます。

起こりえる事実に対して、必ず対策を講じましょう。
受動ストレスの対策には「短期」と「長期」の2つの考え方があります。

  • 短期的な対策としては「リフレーミング」
    別の感じ方を持たせる方法。便利なリフレーミング辞典もあるのでお役立てください。
  • 長期的な対策としては「セルフ・コンパッション」
    あるがままを受け入れ自己効力感を高める方法。詳しくは日本心理学会の記事をご覧ください。

人の話を聞く仕事は社会的意義のある貢献度の高い仕事です。
しかし仕事に勤める本人が、心身の疲弊を招いてはすべてが報われません。

十分仕事内容とリスクを理解したうえで、人の話を聞く仕事は選ぶのがよいでしょう。

関連記事:HSP(感受性が強い)に向いてる仕事36選【長所を活かした適職選びを解説】

まとめ:「人の話を聞く仕事」とは「人の悩みを聴く仕事」

人の話を聞く仕事のおすすめと必要な3つのスキルをまとめてきました。

改めて人の話を聞く仕事をまとめると、

人の話を聞く仕事12選

  1. 営業
  2. コンサルタント
  3. システムエンジニア
  4. Webマーケティング
  5. キャリアアドバイザー
  6. 心理カウンセラー
  7. ソーシャルワーカー
  8. メンタルトレーナー
  9. 児童指導員
  10. 占い師
  11. シニアピアカウンセラー
  12. 愚痴聞き屋

「人の話を聞く仕事」とは「人の悩みを聴く仕事」

人との信頼関係は聴くことから始まります。
悩みや課題をヒアリングし、解決することに意義を見出せる。

そんな方に人の話を聞く仕事は向いているといえます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

仕事選び、将来のキャリア選択に迷ったらプロのキャリアコーチングに相談が賢明です。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選