場所を選ばない仕事がしたい!おすすめ職業10選【未経験からの転職方法も解説】
仕事に悩む人

「場所を選ばない仕事がしたい!場所に縛られない、自由な働き方を手に入れたい!でも未経験だと難しい?どうすれば働ける?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「場所を選ばない仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 場所を選ばない仕事のおすすめ職業10選
  2. 場所を選ばない仕事が「今」再現性の高い働き方である理由と注意点
  3. 未経験から場所を選ばない仕事に転職するために必要なこと
  4. 場所を選ばない仕事のメリットとデメリット

「場所を選ばない仕事」とは「自らの意思で働く場所を選べる仕事」

何にも縛られない本来の自己が実現可能。
そして、昔より今のほうが働き方の再現性は高いといえます。

なぜ場所を選ばない仕事の再現性は現代において高いのか?
日本の労働市場を絡めながらおすすめの場所を選ばない仕事を詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「未経験からでも場所を選ばない仕事に転職する方法もまとめていきます。今まさに場所を選ばない仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

場所を選ばない仕事のおすすめ職業10選

早速場所を選ばない仕事のおすすめ職業10選についてまとめていきます。

ここでは以下2つの働き方に分けて情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

会社員として働く場所を選ばない仕事5選

まず会社員として働く場所を選ばない仕事5選についてです。

おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定。
これら条件に合致した職業の仕事内容や特徴をまとめていきます!

  • リモートワークの実施率が高い仕事
    (⇒ パーソル調べから会社員でも場所を選ばず働ける仕事)
  • 給料が正規雇用者の平均より高い仕事
    (⇒ 国税庁調べで平均年収436万円以上の仕事)
  • 汎用的なスキルが身につく仕事
    (⇒ スキルの固定化を避けて転職に有利な仕事)

【仕事1】コンサルタント

まず1つ目の仕事が「コンサルタント」

企業が抱える問題に対し課題解決を提案する仕事。
コンサルに依頼する経営課題はレベルの高い業務がほとんどです。

なぜなら、自社で解決できない課題だから。
高いフィーを払ってでも問題に取り組みたい会社のみがコンサルに依頼してきます。

そのため、リモートであってもコンサルに依頼が集中します。

コンサルに興味がある、コンサルに転職したい方は『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

『アクシスコンサルティング』公式ホームページはこちら!
【アクシスコンサルティングの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事2】Webデザイナー

人気のクリエイティブ職の一つが「Webデザイナー」

Webメディアのデザインを担当する仕事。
成果物は紙ではなくWebが対象なため、完全リモートで仕事ができます。

担当者や取引先とのやり取りもオンラインで完了。
Zoomやスカイプなどのビデオ通話を使えば対面でのやり取りは不要となります。

業務の完全リモート化、コミュニケーションの完全オンライン化が顕著に進んだ仕事の一つといえます。

クリエイティブ職の実務経験がありWebデザイナーに転職したい方は転職エージェント「マイナビクリエイター」の利用が最もおすすめです。

Web職、クリエイティブ職について業界トップクラスの保有求人数。
ポートフォリオの添削や関連サービスの評判が高いおすすめの転職支援サービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならオンラインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあります。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事3】Webマーケター

企業の商品やサービスの売上に寄与する「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までWebを使ったマーケ施策を担います。

施策の全てはWeb・インターネットを活用した戦略。
そのため、Webマーケターの9割近くがリモートで業務を行っています。
(出典:日本マーケティング・リサーチ協会「マーケティング・リサーチ業界におけるリモートワークの実態」

担当者とのやり取りもオンライン化が進んでいます。
場所を選ばない仕事は、Webマーケターのようにネットを主戦場にする仕事が当てはまります。

Webマーケターの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事4】経理や人事などのバックオフィス

会社の管理部門にあたる「経理や人事などのバックオフィス」

管理部門(バックオフィス)はスペシャリスト集団。
個々のスキルが高く、専門性に優れた仕事を担います。

バックオフィスもリモートワークが普及する仕事の一つ。
なぜなら、バックオフィスの顧客は社内の従業員であり外部の取引先ではないから。

その証拠にIT人材の人手不足は日本だけでなく世界でも懸念されるほど。
つまり、完全リモートに移行しても仕事に支障はない業務だといえます。
(専用ソフトの操作・インストールやセキュリティの課題はあります)

バックオフィスへの転職を目指したい方は「MS-Japan」の利用がおすすめです。

経理や人事などバックオフィスの転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

「MS-Japan」公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事5】ITエンジニア

システム開発に従事する「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム基盤を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の進歩もITエンジニアが携わる重要な産業です。

そのため、世界的にも需要の高い仕事だといえます。
その証拠にIT人材の人手不足は日本だけでなく世界でも懸念されるほど。
(出典:Forbes「世界で80万人不足するAI人材、各国で苛烈な人材争奪戦」

つまり、スキルさえあれば将来性のある食いっぱぐれない仕事の一つだといえます。

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向けの転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

関連記事:リモートワーク希望のエンジニアにおすすめ転職サイト15選【フリーランス求人あり】

フリーランスとして働く場所を選ばない仕事5選

そしてフリーランスとして働く場所を選ばない仕事5選についてです。

おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定。
これら条件に合致した職業の仕事内容や特徴をまとめていきます!

  • リモートワークなど在宅勤務可能な仕事
  • 会社に縛られない働き方も可能な仕事
  • スキルがあればフリーランス転身も可能な仕事

【仕事1】フリーランスエンジニア

まず1つ目の仕事が「フリーランスエンジニア」

その名の通りフリーランスとして活動するエンジニアのこと。

昨今フリーランスエンジニアの需要は伸びています。
なぜなら、エンジニア人材の需要に対する供給が圧倒的に不足しているからです。
(出典:経産省「IT人材需給に関する調査」

さらに経験豊富なエンジニアの採用も難しくなっています。

人材が不足している、採用も難しい。
となれば、期待の矛先はフリーランスに向けられるのはごく自然な流れ。

エンジニア需要は今後も右肩上がりで伸びます。
つまり、フリーランスエンジニアにとって特にメリットを享受できる時代だといえます。
(参考:生き残る仕事・職業となくなる仕事ランキング50【今後生き残るために必要なのは創造力】

エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能。
そんなフリーランスエンジニアになるには、まずエージェント登録が必要です。

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、エンジニア経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

【仕事2】Webライター

Webメディアのライティングを担当する「Webライター」

発注者の依頼通りにライティングを行う仕事。
案件のジャンルは様々で、内容によって自身のスキルを活かすことも可能です。

つまり、未経験からでも始められる人気の仕事の一つ。

また発注者とのコミュニケーションも基本メール。
対面でのやり取りがないため場所を選ばない仕事の代表格といえます。

Webライターの仕事探しならなら未経験からフルリモートでの働き方へサポートする「ReWorks(リワークス)の利用がおすすめです。

リモートワークにおすすめの転職サイトNo.1。
フルリモートワークにキャリアチェンジしたい方に適した転職支援サイトです。

Webライターを一から学びたい方は通信講座「ユーキャン」の利用が最もおすすめです。

この度新講座としてWebライターがデビュー!
スキルを磨き続ければ月30万円の報酬も夢ではありません。

【仕事3】ブロガー

自らブログを運営する「ブロガー」

当ブログ管理人も歴10年以上のブロガー。
過去にブログのみで月57万円の広告収入を得た経験があります。

仕事内容をWebライターと比較すると分かりやすいです。

Webライターはライティングが専門。
一方、ブロガーはライティングだけではありません。

マーケやデザインなど運営に関わるすべてのWebスキルを経験可能。
つまり、総合的なWebスキルを養えるのがブログ運営のメリットともいえます。

そしてブログの収入源は、主に以下2種類の広告収入から得られます。

成果報酬型と呼ばれる「アフィリエイト広告」
クリック報酬型広告と呼ばれる「アドセンス広告」

これら広告をブログに掲載しアクセスを集めることで報酬を得るWebビジネスになります。

未経験であっても誰でも今から始められます。
ブログ運営に興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

【仕事4】ユーチューバー

YouTube上に動画コンテンツを配信する「ユーチューバー」

動画の企画・撮影・編集・配信を行う仕事。
ネット環境さえ整えば、場所を選ばない仕事の代表例です。

最近では有名人の参入も目立つ熱い市場。
今後も需要と供給は上昇し続けるマーケットの一つといえます。

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介したオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

【仕事5】FXトレーダー

株や為替など金融商品の取引を行う「FXトレーダー」

一人パソコンと向き合って日々売買するだけの仕事。
つまり、在宅にいながら完結できる仕事の一つになります。

しかしハイリスク・ハイリターンの代名詞でもあるFX。
一歩間違えば大損をくらうリスクもあり、十分な知識と経験が必要です。

ちなみに当ブログ管理人もFX経験者です。
元手10万円からはじめて、1か月ほど取引した結果は「+200万円」

正しい正攻法と実践を繰り返すことで大きく稼ぐことも可能です。

FXトレードを行うにはFX口座の開設が必要になります。
なかでもFX口座数が国内1位&最大20万円のキャッシュバックが受けられる「DMM FX」の利用が最もおすすめです。

場所を選ばない仕事が「今」再現性の高い働き方である理由と注意点

ここまで場所を選ばない仕事について解説してきました。

今では多くの仕事で場所を選ばず働くことが可能になっています。
なぜなら、昔と今とで「働き方」が大きく変化しているからです。

ただし、すべての仕事が当てはまるとは限りません。

ここでは場所を選ばない仕事が「今」再現性の高い働き方である理由と注意点について解説していきます。

リモートワークなどの多様な働き方が普及しているから

結論からいうとリモートワークなどの多様な働き方が普及しているからです。

多様な働き方の普及により、場所を選ばない仕事も相対的に増えてきています。

実際、東京都の国内移動者数の推移をみると状況が分かります。
今まで転入超過だったのが、2020年7月以降は6か月連続で転出超過となっています。

転出超過の最たる理由はリモートワークの普及。
東京にいなくても仕事はリモートで従来通りできる環境が普及した結果です。

つまり、都市集中型から場所を選ばない地方分散型へ働き方もシフトしているといえます。

さらに日本のフリーランス人口も増加しています。
(出典:ランサーズ「フリーランス実態調査 2021」

会社に属さず個人スキルを活かして活動する個人事業主。
増える背景にはネットの普及により、全国各地でビジネス展開が可能な点が挙げられます。

従って、場所を選ばない仕事を探すなら今がチャンスだと断言できます。

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

場所に縛られる(属人的な)仕事もあるので注意

多様な働き方が普及する一方で場所に縛られる(属人的な)仕事もあるので注意が必要です。

その仕事とは「人的サービスを主とした仕事」
具体例を挙げると以下のような業界がそれらに該当します。

  • 飲食・宿泊業界
  • 介護・福祉業界
  • 医療業界

対人にサービス提供する仕事は場所に縛られます。
なぜなら、目的に応じたサービスを人が提供する必要があるからです。
(出典:「お客様の満足度を大きく左右する人的サービス」

実際これらの業界は、リモートワークの普及が遅れていると国の調査で指摘。

仕事によって働き方の柔軟さに大きな差が生じています。
つまり、仕事選びを誤れば「場所を選ばない仕事」の選択は実現不可能だということです。

関連記事:接客業に向いてない人の特徴5選【辞めたいほど辛いストレスなら即転職】

場所を選ばない仕事に就きたいなら仕事選びだけでなく企業選びも重要

ここまでの情報をまとめると、

  • 働き方の多様化によって場所を選ばない仕事の選択肢は増えている
  • その一方で、場所に縛られる属人的な仕事もいまだに残っている
  • 場所に縛られない働き方を実現するには仕事選びが重要

加えて企業選びも慎重になるべきです。
なぜなら、多様な働き方を認める会社は企業規模別でみてもバラツキがあるからです。

上記の通り、従業員数が多い会社ほどリモートワークは普及しています。

つまり、場所を選ばない仕事に就きたいなら仕事選びだけでなく企業選びも重要だと結論付けできます。

関連記事:「週5日も働きたくない!」なら働き方を見直してみては?【多様な働き方も紹介】

未経験から場所を選ばない仕事に転職するために必要なこと

働き方の多様化によって、多くの仕事が場所を選ばずに働けるようになっています。

ただし、誰でも場所を選ばない仕事をできるとは限りません。

転職市場では現在、即戦力の採用強化が進んでいます。
その証拠に未経験歓迎の求人割合は、2020年以降前年同月比で3割減少。

その一方で、35歳以上の経験者需要が増加しています。
(出典:「コロナで「未経験OK」求人減 人材市場、求ム即戦力」

つまり、転職で場所を選ばない仕事にキャリアチェンジするには至難の業だといえます。

では未経験から場所を選ばない仕事に転職するために必要なこととは何か?

結論からいえば「スキルの習得」
仕事に必要な経験を積んで、即戦力採用を目指すのが最適解です。

そのためのスキル習得に適した方法をここではご紹介していきます!

プログラミングスキル習得なら「プログラミングスクール」

リモートワークなど場所を選ばない働き方が最も普及するのが「IT業界」
(出典:総務省「令和2年通信利用動向調査」

そしてIT業界を牽引する職種が「ITエンジニア」

ITエンジニアは現在需要が拡大する仕事の一つ。
なぜなら、DXなどデジタル化を政府が強く推し進めているからです。
(出典:経産省「DX推進ガイドライン」

そのデジタル化推進を支える人材がITエンジニアというわけです。

ITエンジニアに必要なスキルは「プログラミングスキル」
プログラミングスキル習得に最適な方法が「プログラミングスクール」

今では多くのスクールがリリースされています。
中でも転職成功率が9割を超える優れたサービスをご紹介します。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

関連記事:IT業界に特化したおすすめ転職エージェント15選【未経験から転職する方法も解説】

マーケティングスキル習得なら「Webマーケター養成スクール」

ITエンジニアと同じくリモートワークが進む「Webマーケ職」

そんなマーケ職の人材不足感は市場拡大とともに上昇。
特に不足だと感じる戦略設計のマーケターが不足しています。
(出典:prtimes「マーケティング人材に関する調査」

つまり、スキルの習得次第でWebマーケターへの転職も実現可能性は高いことを意味します。

Webマーケターに必要なスキルは「マーケティングスキル」
マーケティングスキル習得に最適な方法が「Webマーケター養成スクール」

特に実践スキルが養えるおすすめを3社ご紹介します。
転職サポート付きで、実績を持つ現役マーケターが講師となってアドバイスもらえます。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

関連記事:【未経験OK】Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント・転職サイト22選

Webデザインスキル習得なら「オンラインスクール」

女性にも人気のクリエイティブ職種の一つ「Webデザイナー」

Webデザイナーに必要なスキルは「Webデザインスキル」
Webデザインスキル習得に最適な方法が「オンラインスクール」

おすすめのスクール3社をご紹介します。
すべて優れた実績を持つスキル習得重視のサービスとなっています。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

来るべき未来のために今から準備しておきたい方は副業がおすすめ

  • 場所を選ばない仕事がしたい!
  • でも転職もフリーランスも今すぐにはできない!
  • スクールに通うだけの経済的余裕も時間もない!

そんな来るべき未来のために今から準備しておきたい方は副業がおすすめです。

副業におすすめの案件探しは「クラウドワークス

仕事発注数は570万件と国内シェアNo.1!
様々な案件の中から副業にチャレンジすることができます。

とはいえ、副業するにもスキルなくしてできません。
副業しつつスキル習得に向けたロードマップ作成が需要だといえます。

  • プログラミングスキルを習得したい方は「こちら
  • Webマーケティングスキルを習得したい方は「こちら
  • Webデザインスキルを習得したい方は「こちら

場所を選ばない仕事のメリットとデメリット

最後に場所を選ばない仕事のメリットとデメリットについてもまとめていきます。

当然ながら場所を選ばない仕事にもデメリットはあります。
場所を選ばない仕事を検討中の方は、転職までの参考情報としてお役立てください。

【メリット1】自由な時間が増える

まずメリットについてですが「自由な時間が増える」

場所を選ばない仕事を選択できれば場所に縛られない働き方が可能になります。

場所を選ばない仕事最大のメリットが「出勤時間の削減」
つまり、出勤する行為がなくなるので自由な時間が増えるということです。

その結果、得られるベネフィットが、

  • 家族との時間が増える
  • 趣味の時間が充実する
  • 自己啓発に充てる時間が増える

自由な時間が増えるだけでも得られるベネフィットは多大。
自由な時間を手に入れたい方にとって理想的な働き方といえます。

関連記事:朝起きれない人におすすめの仕事10選【朝起きなくてもいい仕事を厳選紹介】

【メリット2】好きな場所で仕事ができる

2つ目のメリットが「好きな場所で仕事ができる」

働く場所の制限がないので仕事場の選定も自由。
会社の近くでなくても田舎や実家の近くなど全国から選択可能になります。

その結果、得られるベネフィットは、

  • 田舎に住めば高い家賃を払わずに済む
  • 子供の教育を考え自然の多い場所に移り住める
  • 海の近くやキャンプなど趣味を優先したライフワークも可能

住む場所の選択肢が広がれば生活の質も向上します。
家族がいれば家族全員のライフスタイルを考慮した生活を手に入れることも可能です。

つまり、ライフワークバランスを重視したい方におすすめの働き方といえます。

関連記事:通勤時間が1時間半は長い?きつい?【短く改善できない理由と1つの根本解決策】

【メリット3】人間関係のストレスが減る

そして3つ目のメリットが「人間関係のストレスが減る」

場所を選ばない仕事は人間関係の悩みも解消できます。

なぜなら、職場に出社する必要がなくなるから。
出社しなくなれば職場のでコミュニケーションは必要最低限にとどまります。

職業生活に関する強いストレスで最多なのが「職場の人間関係の問題」
(出典:厚労省「健康の確保・増進関係」

つまり、働き方を変えるだけで人間関係のストレスから解放されます。

またフリーランスに至っては、取引先を自ら選定可能。
人間関係を自らの意思で選択し仕事に取り組めるのも魅力の一つだといえます。

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

【デメリット1】仕事がネット環境に依存する

ここからはデメリットについて「仕事がネット環境に依存する」

場所を選ばない仕事は、ネットの普及によって生まれた新しい働き方。

言い換えれば、ネット環境がなければ仕事もできません。
また環境は整備されても回線速度が遅いと仕事に何らかの支障をきたします。

例えば、ユーチューバーにとって動画編集は仕事の要。
YouTubeにアップロードするには、ネットの回線速度が必要になります。

FXについても1分1秒の市場の環境変化で取引額は左右されます。
ネット環境が悪ければ変化についていけず、大きな損失を被るリスクもあります。

以上のことからネット環境の整備は最優先事項。
ですので、住む場所の通信回線の状況は事前に調べておく必要があります。

関連記事:オンラインでできる仕事のおすすめ14選と求人の探し方【未経験&在宅可を紹介】

【デメリット2】会社や取引先への帰属意識が低下する

そして2つ目のデメリットが「会社や取引先への帰属意識が低下する」

リモートワークの普及による弊害が起きています。
それが「従業員同士のコミュニケーションの低下」「仲間意識の低下」

結果、会社に対する帰属意識の低下といった課題が浮上。
帰属意識が低下すれば従業員満足度は低下することが報告されています。
(出典:ProSharing Consulting「満足度も仕事の質も高める「帰属意識」を醸成するには」

ただ帰属意識が低い、会社員が向いてないと感じるならフリーランス転身が正解です。

関連記事:会社員に向いてない社会人は仕事どうすれば?【サラリーマンの特徴から結論は1つ】

まとめ:「場所を選ばない仕事」とは「自らの意思で働く場所を選べる仕事」

場所を選ばない仕事のおすすめと未経験からの転職方法に関する情報をまとめてきました。

改めて場所を選ばない仕事をまとめると、

場所を選ばない仕事10選

  1. コンサルタント
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. 経理や人事などのバックオフィス
  5. ITエンジニア
  6. フリーランスエンジニア
  7. Webライター
  8. ブロガー
  9. ユーチューバー
  10. FXトレーダー

「場所を選ばない仕事」とは「自らの意思で働く場所を選べる仕事」

多様な働き方が認められる時代だからこそ再現できる仕事。
今まで以上にライフワークバランスを意識した働き方が可能だといえます。

つまり、場所を選ばない理想の働き方は自らの意思と努力で手に入れられるということです。

  • プログラミングスキルを習得したい方は「こちら
  • Webマーケティングスキルを習得したい方は「こちら
  • Webデザインスキルを習得したい方は「こちら