人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種21選【人を支える&人を救う仕事ランキング】
仕事に悩む人

「人を助ける仕事がしたい!でもどんな仕事が人を助けられるのかな?種類や仕事の特徴も知りたい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「人を助ける仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 人を助ける仕事とは?心理学の観点から考察
  2. 人を助ける仕事おすすめ職種21選
  3. 人助けの仕事に向いてる人の特徴5選
  4. 人を助けるはずがかえって迷惑になる5つの行動
  5. 【参考情報】人を助ける仕事の選び方に迷った時の対処法

想像してみてください。

あなたが実現したい「人を助ける仕事」とは何でしょうか?

  • 人を救う仕事?
  • 人を支える仕事?
  • 人をサポートする仕事?

一口に「人を助ける」と言ってもその「行動」は様々です。
また一方で、利他的と考えてた行動も他者にとっては不適切な援助になる場合もあります。

つまり、重要なのは「本当に助けを求める人に適切な行動を取ること」

あなたにとっての「人を助ける仕事」とは何か?
人を助ける行動特性ごとに人を助ける仕事を紹介することが本記事最大の目的です。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「科学的に証明された人助けの仕事に向いてる人の特徴も合わせて解説していきます。今まさに人を助ける仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

人を助ける仕事とは?心理学の観点から考察

Aさん:「難病から患者を助けたい!」
Bさん:「悩みを聞いて相談者を救いたい!」
Cさん:「経験を活かして生活をサポートしたい!」

上記3名の共通点は「人を助けたい」
ただ同じ「人を助ける」ことでも、状況により内容も性質も異なります。

また援助者のスキルによっても援助の質は変わるといいます。
(出典:実験社会心理学研究「援助行動の質」

つまり人を助ける仕事には、人によって「できる」「できない」状況が存在するということ。

これらの状況を正しく理解することが先決です。
なぜなら、理解できないと適切な仕事に就くことも難しくなるから。

本章では、これら状況を科学的に解き明かすべく心理学の知見を活用します。
社会心理学の「援助行動」にフォーカスし、人を助ける仕事とは何かを考察していきます。

援助行動から人を助ける仕事の定義を明確化

まず他者を助ける社会心理学の一つ「援助行動」とは何かについてです。

「援助行動」について意味を調べてみると、

災害や事故などの場面で「他の人の利益になるように自発的に行われる行動」を援助行動という。 援助行動の多くが、職業上の責任感や使命感、社会的立場によって起こる一種の役割行動である。

ポイントは「他の人の利益」と「自発的な行動」
つまり、人のためになるかが人を助ける動機付けとなります。

そして人を助ける動機には、「利他」「利己」の2つの行動特性があります。

利他的動機とは高度な社会的知性によって生じるもの。
社会生活上、なくてはならない援助行動に関わる社会規範だといえます。
(出典:社会心理学研究「貢献感と援助要請の関連に及ぼす互恵性規範の増幅効果」

一方、利己的動機(自己利益を求める動機)の場合。
援助者に対する印象は、否定的になることが研究結果から示されています。
(出典:社会心理学研究「援助行動に対する第三者による批判の規定因」

すなわち、人を助ける仕事とは「利他的動機に基づく行動」
本記事では、他者の幸福に繋がる行動を「人を助ける仕事」と定義します。

自分の力では解決できない困難な場面や問題。
これらの課題に被援助者が直面した時に求められる仕事をまとめていきます。

関連記事:人の心に寄り添う仕事とは?おすすめ職種12選と必要な資格やスキルも紹介

人を助ける行動特性から適切な仕事に分類

人を助ける仕事の定義は「他者の幸福に繋がる行動」
つまり、利他的動機(他者を思いやる動機)に基づく行動ということです。

では人を助ける行動特性から適切な仕事に分類していきます。

まず利他的動機に基づく行動は以下の通り。
想定されるシチュエーションを7つに分類します。

  1. 寄付・奉仕
    (例:夕方帰宅途中、駅前で献血のよびかけをしていた)
  2. 分与・貸与
    (例:バスで前に乗った女性が小銭がなくて困っている)
  3. 緊急事態における救助
    (例:昼道端で若い女の人が男に殴られている)
  4. 労力を必要とする援助
    (例:日曜日、隣が引越しをしているが、人手が足りなそうである)
  5. 迷子や遺失者に対する援助
    (例:大学の教室で学生証の忘れ物を見つけた)
  6. 社会的弱者に対する援助
    (例:道で前を歩いている人が書類を落としてしまった)
  7. 小さな親切
    (例:駅の自動販売機の前で切符の買い方が分からなくて、お婆さんが困っている)

そして、これら場面で生きる人を助ける仕事の種類を3つに分けると、

人を助ける仕事の種類

  • 人を支える仕事(悩みや不安に共感し支える仕事)
  • 人をサポートする仕事(頑張っている人を後押しする仕事)
  • 人を救う仕事(人の生命や健康にかかわる仕事)

上記の仕事に該当するおすすめ職種を次章まとめていきます!

関連記事:人のためになる仕事がしたい!【人の役に立つ仕事ランキングTOP15】

人を助ける仕事おすすめ職種21選

ここから早速人を助ける仕事おすすめ職種21選についてまとめていきます!

以下仕事ごとにおすすめの職種を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

人を支える仕事6選

まず「人を支える仕事」は以下の通りです。
順番に人を支える仕事の内容と特徴をまとめていきます。

人を支える仕事6選

  1. 心理カウンセラー
  2. 介護士
  3. 保育士
  4. キャリアアドバイザー
  5. 公認会計士
  6. 愚痴聞き屋

【仕事1】心理カウンセラー

人の悩みや不安に耳を傾けカウンセリングを行う「心理カウンセラー」

カウンセラーの強みは「ヒアリング力」
そして、相手に寄り添い同調する「共感力」

人の悩みは今までも、これからも尽きない問題。
心理カウンセラーがいるから救われる、人を助ける仕事の一つです。

仕事探しなら求人サイト「リクナビネクスト」の利用がおすすめです。

ただカウンセラーの仕事に興味はあるけど何から始めればいいか分からない。
そんな方は「ヒューマンアカデミー」の無料資料請求から始めるのがおすすめです!

メンタルケア心理士やNLPファンダメンタルなど。
人気のカウンセリング分野を質問無制限で超効率的に合格を目指す人気の通信講座・通信教育です。

\就職・転職サポート制度あり!/
『ヒューマンアカデミー』無料資料請求はこちら!
【ヒューマンアカデミーの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事2】介護士

被援助者の心身のケアや身の回りの世話を担う「介護士」

仕事内容は要介護者の介助。
働く場所は施設・個人宅・医療機関の3つに分かれます。

介護を必要とする人にとってなくてはならない存在。
そのため、気配りや共感が得意な方にとって天職といえます。

介護職関連の仕事探しなら求人サイト「かいご畑」の利用がおすすめです。

介護資格がゼロ円で取得できる「キャリアアップ応援制度」が魅力。
無料の会員登録を行いWEB応募後、来社登録もしくは電話登録で利用できます。

\キャリアアップ応援制度実施中!/
『かいご畑』公式ホームページはこちら!

【仕事3】保育士

子供の保育を務める仕事が「保育士」

子供好きにとっては天職ともいえる仕事。
何より子供の成長を間近で見れるのが仕事のやりがいです。

そして、保護者の子供を預かるので社会的責任もある重要な仕事。
子供を保育する思いやりだけでなく責任感も必要な貢献度の高い仕事です。

ただ保育士の仕事に興味はあるけど何から始めればいいか分からない。
そんな方は「ヒューマンアカデミー」の無料資料請求から始めるのがおすすめです!

「3方向学習法」で保育士試験の合格をサポート!
質問も無制限で超効率的に短期合格を目指す人気の通信講座・通信教育になります。

\就職・転職サポート制度あり!/
『ヒューマンアカデミー』公式ホームページはこちら!
【ヒューマンアカデミーの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事4】キャリアアドバイザー

キャリアコンサルティングを行う専門家が「キャリアアドバイザー」

相談者のキャリア開発を支援する仕事。
主には相談からアドバイスを行う助言業にも該当する専門職です。

どんな強みがあって向いてる仕事は何か?
今後のキャリア形成の一助となるべく的確なアドバイスを行う仕事です。

そのためにも共感能力やコミュニケーション能力が求められます。

キャリアアドバイザーの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事5】公認会計士

会計のスペシャリスト「公認会計士」

企業の経営状況を監査する士業の一つ。
正しく財務諸表が作成されているか、会計の視点から適性する仕事。

また会計の視点から経営に関するアドバイスまで行います。
つまり、専門スキルだけでなく相手を思う利他的思考も必要な仕事だといえます。

会計士資格保持者で転職を考えている方は「ジャスネットキャリア」の利用がおすすめです。

会計士専門の転職支援サービス。
業界トップクラスの求人情報が揃う会計士ファーストの転職エージェントです。

「ジャスネットキャリア」公式ホームページはコチラ!
【ジャスネットキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

無資格なら同じく会計に携わる経理から始めるのも有効です。
経理への転職なら管理部門の転職決定率No.1エージェントの「MS-Japan」の利用がおすすめです。

『MS-Japan』公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事6】愚痴聞き屋

その名の通り愚痴を聞く仕事の「愚痴聞き屋」

「愚痴を聞いてほしい!」と思う時はありませんか?
友人や家族に話したいけど、内容によっては話しづらい・・・

そんな時に便利なのが「愚痴聞き屋」
過去にテレビでも紹介されるほど注目される仕事の一つ。

非常に需要の高まりが顕著な仕事です。
実際、どれくらいの需要なのかココナラで調べてみると、

「愚痴」で調べると2万件を超える仕事が掲載されています。
検索結果のほぼすべてが愚痴を聞くサービスを行う仕事となっています。

愚痴を聞くのが得意な方や相談を受けるのが光栄な方。
相談者の不安に寄り添って話を聞きたい方に適した身近な仕事だといえます。

愚痴聞きの仕事を在宅で安全に行いたい方は「ココナラ」の利用がおすすめです。

仕事依頼の成約実績が420万件!
知識・スキル・経験を売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。

人をサポートする仕事6選

次に「人をサポートする仕事」は以下の通りです。
順番に人をサポートする仕事の内容と特徴をまとめていきます。

人をサポートする仕事6選

  1. コンサルタント
  2. 営業
  3. ヨガインストラクター
  4. 塾講師
  5. 教師
  6. 腸活アドバイザー

【仕事1】コンサルタント

企業へのアドバイザーを務める「コンサルタント」

企業が抱える問題に対し課題解決を提案する仕事。
コンサルに依頼する経営課題はレベルの高い業務がほとんど。

なぜなら、自社で解決できない課題だから。
高いフィーを払ってでも問題に取り組みたい会社のみがコンサルに依頼してきます。

つまり、専門家を交えて解決すべき課題に取り組んでいる証拠。
社会貢献や企業努力の一助になるべくコンサルタントの存在意義はあります。

コンサルに興味がある、コンサルに転職したい方は『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

『アクシスコンサルティング』公式ホームページはこちら!
【アクシスコンサルティングの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

すでにコンサル経験者でより高いレベルの案件に挑戦してみたい方。
会社に依存せず、場所にとらわれない仕事をしたい方は「フリーランスコンサル」転身もおすすめです。

コンサル業もスキルや経験を活かしフリーランス活動が可能です。
エージェント登録すればあなたのスキルに応じた案件を紹介してくれます。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

【仕事2】営業

商品やサービスの価値を顧客に伝える「営業」

企業が誇る商品やサービスの価値を売上に変換する仕事。
顧客に対しプレゼンや商談方法など様々なコミュニケーション能力が問われる仕事です。

そして営業で最も求められるスキルが「課題解決能力」
顧客の悩みを解決する(ベネフィット)のための商品の良さ(メリット)を伝えるスキル。

そのために顧客が抱える課題のあぶり出しを行います。
できる営業マンは「利己的動機」ではなく「利他的動機」に基づき提案します。

つまり、人を助ける仕事に適した一つの職業が営業といえます。

営業に転職したい、興味がある方は「いい求人net」の利用がおすすめです。

20代、30代向けの営業職専門の転職支援サービス。
営業経験者や未経験者の方でも経験豊富な専属コンサルタントが徹底サポートしてくれます。

『いい求人net』公式ホームページはこちら!
【いい求人netの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事3】ヨガインストラクター

ヨガの指導を行う「ヨガインストラクター」

・ストレッチ
・ダンス
・ボディメイク

あらゆる身体ケアを担う仕事。
趣味だけでなく健康志向も目的に行われます。

ヨガインストラクターに興味はあるけど何から始めればいいか分からない。
そんな方は「資格のキャリカレ」の無料資料請求から始めるのがおすすめです!

最大700日間の学習サポート付きで忙しくてもマイペースに資格取得を目指せる人気の通信講座です。

\通信講座は150講座以上/
『資格のキャリカレ』公式ホームページはこちら!
【キャリカレの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事4】塾講師

学生の学力アップをサポートする「塾講師」

目標とする行きたい高校、大学がある。
しかし、現状の学力では不安が残り誰かに頼りたい。

そんな時に役割を担うのが塾講師という仕事。
学生の学力アップに勤め、成長をともに見届けられる仕事です。

塾講師の仕事なら求人サイト「リクナビネクスト」の利用が最もおすすめです。

1,000件以上の塾講師求人を閲覧可能。
無料会員登録後には限定求人も閲覧できる業界トップクラスの就職支援サービスになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事5】教師

学校で子供の教育を担当する「教師」

子供の成長に大きく影響する教師。
教師の経験や教養が子供の未来を創ると言っても過言ではありません。

つまり、小さな生命の人生の目標や道しるべになるべきです。

非常に責任のある仕事でも、働き甲斐もある仕事。
頑張る子供と一緒に成長したいと利他的思考の方にもマッチする仕事です。

関連記事:生き残る仕事・職業となくなる仕事ランキング50【将来生き残るために必要なのは創造力】

【仕事6】腸活アドバイザー

腸活のスペシャリストが「腸活アドバイザー」

そもそも「腸活」とは何なのでしょうか?

腸活とは腸内フローラと呼ばれる腸内環境をバランスよくととのえることをいいます。私たちの体は食べるもので作られています。腸はその食べ物から栄養素を吸収する器官です。そのため、私たちが普段口にするもの、つまりは食生活が腸活の重要な要素なのです。

つまり、腸内環境を整えて腸が持つ本来の力を取り戻すこと。
その力を取り戻すべく活動する専門家が腸活アドバイザーの役目です。

腸活アドバイザーの仕事や資格に興味がある。
でも何から始めたらいいか分からない、そんな方は「資格のキャリカレ」の無料資料請求から始めるのがおすすめです。

腸活のスペシャリストが監修&指導する人気の通信講座!
最大700日間の学習サポート付きで忙しくてもマイペースに資格取得を目指せます。

\受講料全額返金&2講座目無料!/
『資格のキャリカレ』公式ホームページはこちら!
【キャリカレの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

人を救う仕事6選

そして「人を救う仕事」は以下の通りです。
順番に人を救う仕事の内容と特徴をまとめていきます。

人を救う仕事6選

  1. 医療事務
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 医者
  5. 弁護士
  6. 僧侶

【仕事1】医療事務

女性に人気の仕事の一つでもある「医療事務」

医療機関において事務作業補助を行う事務職。
医療従事者のサポート業務を行うのがメインになります。

直接手を加えるのは医療従事者の役目。
ただ医療事務も患者とのコミュニケーションは取ります。

人を支え、救う重要な役目にやりがいと誇りを感じられる仕事です。

20代女性で医療事務に転職したい方は『マイナビキャリレーション』の利用がおすすめです。

未経験からでも安心してはじめられる研修制度が充実。
サポート体制も充実し、事務職に就きたい20代女性におすすめのサービスです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

20代女性以外かつ全国の事務職求人を見たい方なら業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事2】看護師

医療従事者の一つ「看護師」

患者の世話から医師の診療補助まで。
医療、保健、福祉の現場で活躍する社会貢献性の高い仕事です。

「人のため」を最優先に考えなければ務まらない仕事。
つまり、他者への共感と利他的動機に基づく人を助ける仕事といえます。

求人サイト「リクナビネクスト」を利用すれば医療関連の求人約1,000件を閲覧可能です。

約5万件の求人情報を常時掲載する利用者数No.1求人サイト。
無料会員登録後には限定求人も閲覧できる業界トップクラスの転職支援サービスです。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事3】薬剤師

医療品全般を扱う「薬」の専門家が「薬剤師」

薬の知識については医者以上。
患者に薬の正しい知識と経験をアドバイスする役割も担います。

薬剤師の求人情報なら「ファルマスタッフ」の利用が特におすすめです。

転職相談満足度96.5%の薬剤師に選ばれる転職サイト№1。
20年の薬剤師転職サポートから信頼と実績を兼ね備えた優れた転職サイトです。

『ファルマスタッフ』公式ホームページはこちら!
【ファルマスタッフの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事4】医者

患者の診察および治療を施す「医者」

人の生命や健康にかかわる重要な仕事。
医者になるためにも大学進学および医師国家試験の合格が必須です。

つまり、真に人を助ける責務を担う仕事となります。

関連記事:年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10【男女お金を稼げる職業とは】

【仕事5】弁護士

法律の専門家が「弁護士」

様々な事件・案件・トラブルを法律の観点から解決する仕事。
携わる事件には大きく分けると民事事件と刑事事件があります。

法律の知識はもちろん経験も求められる仕事です。
点と点が繋がったとき事件の謎は解き明かされます。

関連記事:高収入を狙える仕事がしたい!おすすめ職種15選【正社員&無資格も厳選紹介】

【仕事6】僧侶

冠婚葬祭に携わる「僧侶」

主にお寺に所属しお経を唱える。
特に葬式や法事では人間の御霊を供養する重要な役割を担います。

今までの人生を振り返り、これからの人生を見つめ直すよい機会が与えられます。

関連記事:人を幸せにする仕事とは【人を笑顔に&喜ばせる職種ランキングTOP15】

【女性向け】働く人をサポートする仕事3選

番外編として「女性向けの働く人をサポートする仕事」は以下の通りです。
順番に働く人をサポートする仕事の内容と女性向けの理由をまとめていきます。

【女性向け】働く人をサポートする仕事3選

  1. 事務職
  2. 総務
  3. 人事

【仕事1】事務職

女性に特に人気の職業が「事務職」

働く人(社員)の業務をサポートするオフィスワーク。
仕事の種類は多岐に渡りますが、基本の業務内容は変わりません。

いかに社員が心地よく、スムーズに業務に取り組めるか。
そのためのサポートを行うのが、事務職最大の役目となります。

サポート業務がメインになるためノルマも一切なし。
マニュアルもあり、基本ルーティンワークとなっています。

また、事務職最大のメリットが残業時間の短さ。
dodaの調べでは残業時間の少ない仕事1位として紹介されています。

つまり、ワークライフバランスにも優れた仕事。
働く人をサポートする仕事に就きたい女性にとって適職といえます。

20代女性で事務職に転職したい方は『マイナビキャリレーション』の利用がおすすめです。

未経験からでも安心してはじめられる研修制度が充実。
サポート体制も充実し、事務職に就きたい20代女性におすすめのサービスです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

20代女性以外かつ全国の事務職求人を見たい方なら業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事2】総務

社員の働きやすさ向上に努める「総務」

総務の仕事は「働く社員のサポート業務」
具体的には福利厚生の充実や社内整備・美化、他部署のアシストなど。

社内の環境整備に務めるのがメイン業務になります。
そのため、サポート業務に就きたい女性にとって適職といえます。

また残業時間は少なく、ワークライフバランスも取りやすい仕事として女性に人気です。

総務に転職したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

総務をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

「MS-Japan」公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事3】人事

従業員の採用と育成・サポートを担う「人事」

会社の顔ともいわれる人事のメイン業務は採用活動。
人を採用し、社員の労働環境を改善することがミッションです。

一人前の社員となるよう社内研修やサポート等も実施。
社員の成長を実感できた時、やりがいに繋がる会社にとって重要な仕事です。

人事に転職したい、求人情報を探したい方は「リブズキャリア」の利用がおすすめです。

20万人が利用するキャリア女性のための転職支援サービス。
1,500社以上の優良企業と出会える女性専門の転職エージェントです。

人助けの仕事に向いてる人の特徴5選

ここまで人を助ける仕事を心理学(援助行動)の観点から解説してきました。

仕事に悩む人

「職種は分かったけど、そもそも私って人を助ける仕事に向いてるのかな?」

ではどんな人が人助けの仕事に向いているのでしょうか。
考え方の一つに「社会的交換理論」という思想・概念があります。

これは「人に救われたから同じように人を救いたい」
有形無形問わず受け取ったものは返す、心理学で返報性の原理とも呼びます。

つまり、利他的な動機で動ける人ほど人助けに向いてるといえます。

具体的にはどんな特徴を持っているのか。
人助けの仕事に向いてる人の特徴について細かくみていきます。

【特徴1】共感性が高い人

まず1つ目の特徴が「共感性が高い人」

共感性とは一言でいえば「思いやり」

共感性とは一般の用語で言えば,「思いやり」を意味するもので,例えば人助けをするときに,助けようとする行動をとるきっかけとなる感情のことである。

そして共感性の高さと援助行動には強い相関があるとされています。
(出典:富山大学「共感性が向社会的行動に及ぼす影響」

つまり、共感は援助行動を促進するということ。
共感性が高い人ほど人を思いやる利他的な思想の持ち主といえます。

関連記事:優しい人に向いてる仕事12選【仕事できない原因は適職に就いてないから】

【特徴2】公平かつ平等性の意識が強い人

次に2つ目の特徴が「公平かつ平等性の意識が強い人」

利己的はえこひいきの象徴。
平等ではない状況は真の援助行動とは言い難いです。

一方、えこひいきしない社会的動機を「不偏的」と呼びます。
(出典:論文「多様な社会的動機の基礎理論」

つまり、誰に対しても平等でいられる人ほど利他的。
公平に対応できる人は他者を助ける仕事に向いているといえます。

関連記事:手先が器用な人に向いてる仕事13選【おすすめ職種と強みを活かせる資格も紹介】

【特徴3】社会的責任を強く自覚している人

3つ目の特徴が「社会的責任を強く自覚している人」

援助行動にも「質の高さ」は求められます。
それは、援助の目的を無事に果たせるかを意味します。

社会的責任がない人(途中放棄)では援助の目的は果たせません。

つまり、社会的責任は援助する以上必要不可欠な姿勢。
中途半端な姿勢では、かえって問題を悪化する原因になりかねません。

関連記事:【ENTJの適職12選】特徴と強みから指揮官型の向いてる仕事・職業を分析

【特徴4】自分の行動の有効性を確信している人

4つ目の特徴が「自分の行動の有効性を確信している人」

有効でない援助ほど不要なものはありません。

援助者の援助行動によって目的は果たせるのか?
客観的に行動の有効性を評価できる人は向いているといえます。

関連記事:一匹狼タイプに向いてる仕事10選【適職は組織に流されず個人スキルが活きる事】

【特徴5】自己中心的でない人

そして5つ目の特徴が「自己中心的でない人」

人を助ける仕事の定義は「利他的動機に基づく行動」
つまり、他者を思いやる動機が人を助ける仕事だと説明しました。

この思想に相反するのが「自己中心的な人間」
社会的要請に反する姿勢が利己的動機だと断言できます。

つまり、自己中心的な人ほど他者を助ける仕事には向きません。

関連記事:職場で嫌いな人でも話さないといけない?【仕事と割り切って最低限の会話でOK】

人を助けるはずがかえって迷惑になる5つの行動

人助けに向いてる人には特徴があります。
その一方で、以下のように人を助けるはずがかえって迷惑になる行動もあります。

  • 水道が復旧してないのに大量のカップラーメンを送る
  • この機会にとばかりに家庭で不要になったものを救援物資として送る
  • 現地への輸送手段が途絶えているときに家具などの大型救援物資を送ろうとする
  • 被災者の希望の品物を,自宅まで取りに来いと言う
  • ボランティアで駆けつけたが,自分の寝食の手当ができず,逆に被災者に世話になる
  • ボランティアの仕事がなくなっても,そのまま長期間居着いてしまって,逆に被災者に世話になった

上記は具体例ですが、どんな行動が迷惑になってしまうのか。
伊東氏(1996)の研究を参考に人を助けるはずがかえって迷惑になる5つの行動について解説していきます。

【迷惑1】援助効果が期待できない行動

1つ目の迷惑が「援助効果が期待できない行動」

援助行動は援助の目的を果たせてはじめて効果をもたらします。

しかし効果のない行動は、状況の悪化を招きます。
勘違いしたまま進めても状況は改善されることはありません。

関連記事:職場で信用できない人の特徴10選と共通点【信用できる人の見分け方も解説】

【迷惑2】利己的過ぎるほど自己中心的な行動

2つ目の迷惑が「利己的過ぎるほど自己中心的な行動」

他者の望むこと、他者の利益になることが人を助ける援助行動です。

しかし、自己利益を追求する利己的動機は自己満の極み。
援助行動でもなんでもなく、単なる迷惑行動にほかなりません。

関連記事:マイペースな人に向いてる仕事12選【自分のペースでできる仕事・職種に転職】

【迷惑3】援助の目的を果たせない行動

3つ目の迷惑が「援助の目的を果たせない行動」

目的を果たすために援助行動は求められます。

目的の多くが緊急性や労力を費やす内容です。
援助の目的とずれた方法では、状況を解決するには至りません。

被援助者の欲している援助を施してはじめて目的は果たされます。

関連記事:仕事にやりがいはいらない?【結論必要なしで客観的な市場価値把握が大事】

【迷惑4】援助が過剰なまでに行き過ぎた行動

4つ目の迷惑が「援助が過剰なまでに行き過ぎた行動」

援助を受けるのは大変ありがたいこと。
しかし援助を受けると断りにくい状況が形成されるのも確か。

その結果、心理的負債感を与えてしまうことが報告されています。
(出典:信州心理臨床紀要「援助についての意識が心理的負債感に及ぼす影響」

「おせっかい」や「やりすぎ」は厳禁。
適切な行動と動機で目的を果たすのがベストだといえます。

関連記事:HSP(感受性が強い)に向いてる仕事36選【長所を活かした適職選びを解説】

【迷惑5】援助によって状況が悪化しても責任を持たない行動

そして5つ目の迷惑が「援助によって状況が悪化しても責任を持たない行動」

援助目的を果たすためにも責任性は必要です。

中途半端な行動が最も迷惑極まりない。
行動時には逐一報告し評価を受けて完遂させるのが求められます。

関連記事:人手不足は会社の責任?従業員の責任?【辞めさせてくれない時の対策は2つ】

【参考情報】人を助ける仕事の選び方に迷った時の対処法

落胆する人

「人を助けたいのにもしかしたら迷惑行動になってたかも。。どうすれば人を助ける仕事に就けますか?」

「迷惑かけるつもりはなかった。」
「人を助けたい一心で行動してしまった。」

でも結果的に、利己的な行動になってしまっていた。

「勘違い」は誰にでも起こりえることです。
ただ対処法を理解しなければ、一向に改善されることはありません。

最後に参考情報として人を助ける仕事の選び方に迷った時の対処法についてご紹介していきます。

【対処法1】自己分析から仕事の向き不向きを把握する

まず自己分析から仕事の向き不向きを把握しましょう。

  • 仕事の向き不向きが分からない
  • 強みや弱みが客観的に把握できない
  • 将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている

自己分析とは己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

ただ自己分析のやり方に不安を覚える方は多いです。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

ではどうすればいいのか?
自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより誰かに相談するだけで悩みは解消されることは多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法2】転職のプロに適切な求人情報を紹介してもらう

そして転職のプロに適切な求人情報を紹介してもらいましょう。

人を助ける仕事に限らず職はあまたの数存在します。
ただ気づいていないだけで、向いてる仕事は見つかります。

そんな理想のキャリアに沿って仕事を紹介してくれるのが転職エージェントの役割。

仕事紹介だけでなく選考対策から転職のアドバイスまで。
専任のアドバイザーがついて、内定獲得まで徹底的にサポートしてくれます。

仕事探し時に利用しない手はありません。
情報収集のためだけに転職エージェントを利用するのも有効です。

理想の未来は、自らの行動で手に入れることができます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:助けを求める人に適切な行動を取ることが人を助ける仕事

人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種をランキングでまとめてきました。

改めて人を助ける仕事をまとめると、

人を助ける仕事おすすめ職種21選

  1. 心理カウンセラー
  2. 介護士
  3. 保育士
  4. キャリアアドバイザー
  5. 公認会計士
  6. 愚痴聞き屋
  7. コンサルタント
  8. 営業
  9. ヨガインストラクター
  10. 塾講師
  11. 教師
  12. 腸活アドバイザー
  13. 医療事務
  14. 看護師
  15. 薬剤師
  16. 医者
  17. 弁護士
  18. 僧侶
  19. 事務職
  20. 総務
  21. 人事

助けを求める人に適切な行動を取ることが人を助ける仕事です。

利己的動機による行動は人を助けることに非ず。
共感に基づく他者を思いやる動機こそ人を助ける仕事です。

利他的動機で人を助けたい。
でも、どんな仕事が向いているのか分からない。

そんな時はキャリア選択のプロに相談してアドバイスをもらいましょう

キャリアに迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより誰かに相談するだけで悩みは解消されることは多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選