人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種28選【人を支える&人を救う仕事ランキング】
仕事に悩む人

「人を助ける仕事がしたい!でもどんな仕事が人を助けられるのかな?種類や仕事の特徴も知りたい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「人を助ける仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 人を助ける仕事とは?心理学の観点から考察
  2. 人を助ける仕事おすすめ職種28選
  3. 人助けの仕事に向いてる人の特徴5選
  4. 人を助けるはずがかえって迷惑になる行動4選

想像してみてください。

あなたが実現したい「人を助ける仕事」とは何でしょうか?

  • 人を救う仕事?
  • 人を支える仕事?
  • 人をサポートする仕事?

一口に「人を助ける」と言ってもその「行動」は様々です。
また一方で、利他的と考えた行動も他者にとっては不適切な援助になる場合もあります。

重要なのは「本当に助けを求める人に適切な行動を取ること」

あなたにとっての「人を助ける仕事」とは何か?
人を助ける行動特性ごとに人を助ける仕事を紹介することが本記事最大の目的です。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「科学的に証明された人助けの仕事に向いてる人の特徴も合わせて解説していきます。今まさに人を助ける仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

人を助ける仕事とは?心理学の観点から考察

Aさん:「難病から患者を助けたい!」
Bさん:「悩みを聞いて相談者を救いたい!」
Cさん:「経験を活かして生活をサポートしたい!」

同じ「人を助ける」仕事でも、状況によって内容も性質も異なります。

また援助者のスキルによっても援助の質は変わってきます。
(出典:実験社会心理学研究「援助行動の質」

つまり人を助ける仕事には、人によって「できる」「できない」状況が存在するということです。

これらの状況を科学的に解き明かすべく心理学の知見を活用します。
社会心理学の「援助行動」にフォーカスし、人を助ける仕事とは何かを考察していきます。

他者を助ける社会心理学の一つ「援助行動」

まず「援助行動」とは何かについてです。

他者を助ける社会心理学の一つ「援助行動」

災害や事故などの場面で「他の人の利益になるように自発的に行われる行動」を援助行動という。 援助行動の多くが、職業上の責任感や使命感、社会的立場によって起こる一種の役割行動である。

つまり、人を助ける仕事=援助行動。

そして「ポイントは自発的に行われた行動」
なぜなら、人を助ける動機には「利他」「利己」の2つの行動特性があるから。

利他行動は高度な社会的知性によって生じるもの。
社会生活上、なくてはならない援助行動に関わる社会規範だといえます。
(出典:社会心理学研究「貢献感と援助要請の関連に及ぼす互恵性規範の増幅効果」

ですので、本記事では他者の幸福に繋がる行動を「人を助ける仕事」と定義します。

自分の力では解決できない困難な場面や問題。
これらの課題に被援助者が直面した時に求められる仕事をまとめていきます。

関連記事:人を幸せにする仕事とは【人を笑顔に&喜ばせる職種ランキングTOP15】

人を助ける行動特性から適切な仕事に分類

人を助ける行動特性から適切な仕事に分類していきます。

  1. 寄付・奉仕
  2. 分与・貸与
  3. 緊急事態における救助
  4. 労力を必要とする援助
  5. 迷子や遺失者に対する援助
  6. 社会的弱者に対する援助
  7. 小さな親切

関連記事:人のためになる仕事がしたい!【人の役に立つ仕事ランキングTOP15】

人を助ける仕事おすすめ職種28選

ここから早速人を助ける仕事おすすめ職種28選についてまとめていきます!

人を支える仕事

「人を支える仕事」についてです。

人を救う仕事

「人を救う仕事」についてです。

人をサポートする仕事

「人をサポートする仕事」についてです。

人助けの仕事に向いてる人の特徴5選

ここまで人を助ける仕事を心理学(援助行動)の観点から解説してきました。

ではどんな人が人助けの仕事に向いてるのでしょうか?

「人に救われたから同じように人を救いたい」
このように考える思想・概念を「社会的交換理論」といいます。

受け取ったものは返す。
返報性の原理とも呼びますが、基本このような思想の持ち主は人助けに向いてる人だといえます。

つまり、人を助ける行動には動機がワンセットで関係しています。

簡単にいえばこの動機が、利己的なのか、利他的なのかで人助けも向き不向きが見えてきます。

具体的に人助けの仕事に向いてる人の特徴5選についてまとめていきます。

【特徴1】共感性が高い人

「共感性が高い人」

関連記事:優しい人に向いてる仕事12選【仕事できない原因は適職に就いてないから】

【特徴2】公平かつ平等性の意識が強い人

「公平かつ平等性の意識が強い人」

関連記事:手先が器用な人に向いてる仕事10選【おすすめ職種と強みを活かせる資格も紹介】

【特徴3】社会的責任を強く自覚している人

「社会的責任を強く自覚している人」

関連記事:【ENTJの適職12選】特徴と強みから指揮官型の向いてる仕事・職業を分析

【特徴4】自分の行動の有効性を確信している人

「自分の行動の有効性を確信している人」

関連記事:一匹狼タイプに向いてる仕事10選【適職は組織に流されず個人スキルが活きる事】

【特徴5】自己中心的でない人

「自己中心的でない人」

関連記事:職場で嫌いな人でも話さないといけない?【仕事と割り切って最低限の会話でOK】

人を助けるはずがかえって迷惑になる行動4選

人助けに向いてる人には特徴があります。
その一方で、人を助けるはずがかえって迷惑になる行動というのもあります。

どんな行動が迷惑となってしまうのでしょうか。
伊東氏(1996)の研究を参考に人を助けるはずがかえって迷惑になる行動4選について解説していきます。

【行動1】援助効果が期待できない行動

「援助効果が期待できない行動」

関連記事:職場で信用できない人の特徴10選と共通点【信用できる人の見分け方も解説】

【行動2】利己的過ぎるほど自己中心的な行動

「利己的過ぎるほど自己中心的な行動」

関連記事:マイペースな人に向いてる仕事12選【自分のペースでできる仕事・職種に転職】

【行動3】援助の目的を果たせない行動

「援助の目的を果たせない行動」

関連記事:仕事にやりがいはいらない?【結論必要なしで客観的な市場価値把握が大事】

【行動4】過剰なまでに行き過ぎた援助

「過剰なまでに行き過ぎた援助」

関連記事:HSP(感受性が強い)に向いてる仕事36選【長所を活かした適職選びを解説】

まとめ:助けを求める人に適切な行動を取ることが人を助ける仕事

人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種をランキングでまとめてきました。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)