夫婦でできる仕事おすすめ16選【一緒に起業・自営業できる職種を厳選紹介】
パソコンを操作する人

「夫婦でできる仕事って何かありますか?起業や一緒に働けるおすすめがあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「起業や自営業など夫婦でできる仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 夫婦でできる仕事おすすめ16選
  2. 夫婦でできる仕事(起業・自営業)のメリット
  3. 夫婦でできる仕事(起業・自営業)のデメリット
  4. 夫婦でできる仕事で失敗しないために取るべき対策

夫婦でできる仕事は、メリットばかりではありません。

夫婦二人で行うことによるデメリットもあります。
つまり、仕事上のリスクをしっかり把握することが何より重要。

夫婦でできる仕事のおすすめを目的別に詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「夫婦でできる仕事(起業・自営業)のメリットとデメリットについてもまとめていきます。今まさに夫婦でできる仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

夫婦でできる仕事おすすめ16選

国勢調査によると、夫婦共働き世帯の割合は直近『64.4%』
データを収集し始めた1980年から年々増え、今後も増加が見込まれます。

増加要因の一つが、女性の社会参加へ意欲的な点。
また日本企業のほとんどが同族経営で、夫婦で経営しているケースも多い。
(出典:中小企業庁「中小企業・小規模事業者が担う我が国の未来」

つまり、夫婦でできる仕事は社会的にも環境的にも適した時代だといえます。

本記事では夫婦でできる仕事のおすすめを以下目的別に解説。
目的ごとに適した夫婦でできる仕事の特徴や案件の探し方を解説していきます!
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

開業資金ゼロで始められる夫婦でできる仕事5選

まず開業資金ゼロで始められる夫婦でできる仕事5選は以下の通りです。
順番に仕事内容と夫婦でできるおすすめのポイントをまとめていきます。

開業資金ゼロで始められる夫婦でできる仕事5選

  1. Webライター
  2. ユーチューバー
  3. ブロガー
  4. フリーランスエンジニア
  5. フリーランスデザイナー

【仕事1】Webライター

Webメディアのライティングを担当する「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、発注者の指示書の通りにライティングを行います。

そのため、完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
完全在宅で仕事が受注できるため、夫婦とも初心者でも始められる仕事になります。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
デジタルプラットフォーム上で取引が完結するため、開業資金ゼロから始められます。

ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】ユーチューバー

夫婦で活躍するチャンネルも増える「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件を満たせば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。

開業資金もゼロで、パソコンさえあれば誰でもすぐに始められます。

また顔出ししなくてもビジネスとして成立します。
声だけ収録、自然の映像美、風景など企画次第で投稿内容は無限大。

つまり、完全在宅で自分の好きな時間に作業することが可能。
場所にも時間にも縛られない働き方は、夫婦でできる仕事として最適です。

ユーチューバーになるには、まず動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介したオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』公式ホームページはこちら!

【仕事3】ブロガー

夫婦で一緒にできる仕事の一つが「ブロガー」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
開業資金ゼロで、外出することもなく夫婦で仕事を完結させられます。

つまり、1日のスケジュールも自由に設計できる仕事だということです。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがあり、累計報酬は1000万円を超えています。

なので会社に雇われなくても生活していくことは十分可能。
ブロガーに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、自由とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事4】フリーランスエンジニア

会社に属さずフリーで活動するエンジニアが「フリーランスエンジニア」

企業や個人が発注する開発案件をエージェント経由で受注。
仕様書の通りに開発し、期日までに納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、開業資金もゼロ。
完全在宅でもできる、夫婦でできる仕事の一つといえます。

そんなフリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べでは「700~1,000万円」

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験者がフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、クライアントは経験者から優先的に発注する傾向にあるから。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事5】フリーランスデザイナー

会社に属さずフリーで活動する「フリーランスデザイナー」

企業や個人が発注するデザイン案件をエージェント経由で受注。
クライアントの要望通りにデザインし、納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、開業資金もゼロ。
完全在宅でもできる、夫婦でできる仕事の一つといえます。

そんなフリーランスデザイナーの需要は年々増加傾向にあります。
なぜなら、コロナ禍で外出が減りECの市場規模が伸びているから。

結果EC事業に携わるWebデザイナーの需要も増えています。
実際、フリーランスのWebデザイナーの平均収入は「約600万~800万円」

フリーランスデザイナーの仕事探しなら「レバテッククリエイター」の利用がおすすめ。
ただし、Webデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転身は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したスクール3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える優れたスクールです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

未経験から高収入も狙える夫婦でできる仕事5選

次に未経験から高収入も狙える夫婦でできる仕事5選は以下の通りです。
順番に仕事内容と夫婦でできるおすすめのポイントをまとめていきます。

未経験から高収入も狙える夫婦でできる仕事5選

  1. 結婚相談所経営
  2. ネットショップ運営
  3. 学習塾
  4. キッチンカー
  5. 農業

【仕事1】結婚相談所経営

夫婦で共同経営・独立開業も可能な「結婚相談所経営」

結婚を望む男女を成婚に導く仕事。
社会的意義は高く、開業ハードルも低いビジネスとして有名です。
(出典:NOZZE「脱サラして夫婦で起業!フランチャイズで結婚相談所を開業しよう」

そんな結婚相談所の経営には加盟選びが重要。
なぜなら、スムーズな独立開業には必要不可欠だからです。

特におすすめが「日本結婚相談所連盟
おすすめの理由は以下の通り、連盟の仕組みにあります。

日本結婚相談所連盟が夫婦の独立開業におすすめな理由

  • 事務所などの初期設備投資・準備が不要だから。
  • システムや必要書類が準備されているから。
  • 全国7.4万人以上の会員基盤があり、自社会員が一人でも事業が始められるから。

(出典:日本結婚相談所連盟「独立開業・起業前のサポート」

つまり、完全未経験からでも事業を始められるということ。
加盟から最短1ヶ月程度で、夫婦で結婚相談所を始めることも可能です。

粗利率は90%以上!在庫を持たず高収入も実現可能な夫婦でできる仕事になります。

【仕事2】ネットショップ運営

商品やサービスをネット上で販売する「ネットショップ運営」

ネット上にショップサイトを運営する仕事。
完全在宅でもできる仕事でビジネスの将来性は無限大です。

なぜなら、EC市場規模は年々増加傾向にあり。
そのため、扱う商品やサービス次第で高収入も実現可能です。

ネットショップを始めるにはECサイトが必要です。
リアルでいうところの「店舗」、ECサイト立ち上げも今では無料で始められます。

おすすめの無料ショップ開設サービスが「BASE (ベイス)
ただし、ネットショップを始めるにもWebスキルは必須です。

完全未経験かつ独学でも始められますが、時間ロスで収益化まで遠回りとなります。

本気でネットショップを運営したい夫婦はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、作業効率ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事3】学習塾

初期投資コストが少なく未経験者でも参入しやすい「学習塾」

学習塾・予備校の市場規模は約1兆円。
少子化は進むも共働き世帯の増加で教育費が増加しています。
(出典:参議院「子どもの減少と相反する 一人あたり教育費の増加」

つまり、参入しやすい業界の一つといえます。
かつ夫婦で共同経営しやすい点もおすすめできるポイントです。

学習塾ビジネスに興味がある方は「フランチャイズ(FC)」がおすすめ。
まずは無料の資料請求を行い、自身のライフスタイルに合ったFCを探しましょう。

おすすめのフランチャイズビジネス比較サイトが「BMフランチャイズ
成長力の高いフランチャイズを厳選し、夫婦で独立・開業を目指す方に情報を提供しています。

【仕事4】キッチンカー

最近注目を集める夫婦でできる仕事が「キッチンカー」

「移動販売」とも呼ばれるキッチンカー。
初めて耳にする方も多いかもしれませんが、業種の説明は以下の通りです。

オリジナルでペイントやラッピングをして改造した販売車両(ケータリングカーまたはキッチンカー)で、食品から小物まで、様々な商品をイベント会場や遊休空地、オフィス街の施設駐車場などで販売する業種のことです。

つまり、低コストで自由に運営できるビジネス。
出店する場所も営業時間も自身で選択できるフレキシブルさが人気です。

そんなキッチンカーの台数推移は右肩上がりで増加。
コロナ禍も相まって、需要は今後も増えることが予想されます。
(出典:東京都福祉保健局「食品衛生関係事業報告」

キッチンカーを始めるにはフランチャイズがおすすめ。
学習塾と同じく、「BMフランチャイズ」で無料資料請求から探してみてはいかがでしょうか。

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

【仕事5】農業

農家に憧れ夫婦で移住就農も増えている「農業」

農業も夫婦でできる仕事の一つ。
最近では、「農業女子」という言葉が流行るほど若者にも人気。

自然の中で仕事ができるのは人間らしく幸せです。
つまり、家族の時間を共有しながらビジネスに取り組める産業といえます。

関連記事:儲かる仕事おすすめ12選!10年後の未来でも儲かる職業と衰退業界の違いも解説

起業・独立前に副業として夫婦でできる仕事6選

そして起業・独立前に副業として夫婦でできる仕事6選は以下の通りです。
順番に仕事内容と夫婦でできるおすすめのポイントをまとめていきます。

起業・独立前に副業として夫婦でできる仕事6選

  1. Webライティング
  2. プログラミング
  3. Webデザイン
  4. 動画編集
  5. シェアリングビジネス
  6. 転売・せどり

【仕事1】Webライティング

ライティングを行う「Webライティング」

Webメディアのライティングを担当する仕事。
発注者のテーマや要望に沿ってライティングを行います。

案件内容は様々な自身のスキルや経験を活かせます。
なので完全未経験からでも夫婦で始められる仕事として人気を集めています。

またライティングスキルは一度身につければ他にも活かせるスキル。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

Webライターで本気で独立・起業したい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】プログラミング

システム開発・アプリ開発を担う「プログラミング」

個人から始められるIT・Web職の定番ともいえる副業。
システム開発の仕様書の通り、プログラミングする副業になります。

そんなプログラミングは、今最も需要の高い無形資産の一つ。
なぜなら、日本だけでなく世界でもスキルを持つ人材の争奪戦が起きているからです。
(出典:Forbes「世界で80万人不足するAI人材、各国で苛烈な人材争奪戦」

需要が高まる背景はDXなどのデジタル化普及の拡大。
労働力人口減少の代替案として社会のデジタル化は避けて通れない施策です。
(出典:NEC「労働力不足を乗り越える、人とデジタルの協働で実現する流通・サービス業の持続的成長とは」

そのデジタル化を担う人材がプログラミングスキルを持つIT・AIエンジニアというわけです。

つまり、プログラミングは需要の高い将来性ありのスキル。
かつ将来的にフリーランスエンジニアとして、夫婦で始めるにも役立つスキルです。

プログラミングの仕事探しなら「ITプロパートナーズ」の利用がおすすめ。
そして、プログラミングを一から学びたい方は「プログラミングスクール」受講がおすすめです。

プログラミングは一度身につければ生涯役立つ資産性の高いスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングを受けるだけでも、プログラミングの適正把握に役立ちます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事3】Webデザイン

Webのデザインを担う「Webデザイン」

クリエイティブ職の定番ともいえる副業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

そんなWebデザインの取引はネット完結が多い。
在宅でも始められるため、夫婦で副業に取り組むのにおすすめです。

Webデザインの副業探しなら「レバテッククリエイター」の利用がおすすめ。
ただし、Webデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からデザイン案件の受注は難しいのが現状。
クライアントは経験者から優先的に発注する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したスクール3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える優れたスクールです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事4】動画編集

Web上の動画コンテンツを編集する「動画編集」

代表的な仕事には、YouTube動画の作成や動画広告の編集など挙げられます。

動画作成にはスキルと経験が求められます。
センスや繊細な表現力といったクリエイティブ要素も必要な副業です。

そんな動画広告の市場規模は年々増加傾向にあります。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集は今後も需要が高まる副業の一つ。
かつ女性特有の強み(感性)を活かしつつ稼げる副業の一つだといえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしで始めても高単価案件の獲得は難しいのが実情。
しっかり経験とスキルを身につければ、夫婦で独立・開業も可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題の未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』公式ホームページはこちら!

【仕事5】シェアリングビジネス

「信頼」という価値の交換で成り立つ「シェアリングビジネス」

時代はモノの「所有」から「共有」へ。
プラットフォームを介し個人間でモノをシェアする経済活動のことを「シェアリングエコノミー」

インターネットの普及により誕生した新しい経済圏。
夫婦でも簡単に始められる副業とあって人気を集めています。

様々なシェアリングビジネスが誕生する中、おすすめなのは「物置」

家の空きスペースを物置として提供するビジネス。
借りたい人は、置きたい場所を選べばあとは荷物を預けるだけ。

つまり、新しい荷物預かりの仕組みを提供するシェアリングサービスになります。

家の空きスペースを有効活用したい方は「モノオク」から始めましょう

各種メディアから毎月のように掲載依頼をもらう注目サービス。
家の余ったスペースを貸すだけで手軽に副収入を得ることができます。

【仕事6】転売・せどり

モノを安く仕入れて高く売るビジネス「転売・せどり」

資本主義の原点ともいえる副業。
単純明快なビジネスで、超初心者向けの副業といえます。

そんな転売の市場規模は年々拡大傾向にあり。
(出典:矢野経済研究所「C to C(個人間取引)市場に関する調査を実施」

転売ビジネスが拡大する背景には、取引環境の変化が挙げられます。

特にメルカリやラクマなどのデジタルプラットフォームが急速に普及。
結果、取引できる環境は充実し、転売需要もますます拡大していくことがうかがえます。

しかし、一部の転売屋を指摘する声は増えています。
実際、職業的な転売活動は社会的に無駄だと結論づける研究結果もあるほどです。

つまり、転売ビジネスにはモラルを持った取引が求められています。

関連記事:【スキマ副業】隙間時間で稼ぐ副業15選!主婦・サラリーマン向け小遣い稼ぎ方法

夫婦でできる仕事(起業・自営業)のメリット

「内助の功」という言葉があります。

この言葉の通り、夫にとって妻の存在はとにかく大きい。
実際、夫が経営している会社の業務に関わっている妻は約6割。

ニトリ創業者の似鳥氏も「家内の加入で事業は軌道に乗った」と語っています。
(出典:日本経済新聞「似鳥昭雄(12)妻の助け」

それほど夫婦での起業、一緒に仕事をするのはメリットが大きいといえます。

では具体的にどんなメリットがあるのか。
夫婦でできる仕事(起業・自営業)のメリットについてまとめていきます。

【メリット1】家族と過ごせる時間が増える

まず1つ目のメリットが「家族と過ごせる時間が増える」

一緒に仕事をするので自然と家族と過ごせる時間は増えます。
共有できる時間が増えれば、以下のようなベネフィットも得られます。

家族と過ごせる時間が増えることによるベネフィット

  • コミュニケーションが増える
  • 仕事も家事も精神的ストレスが減る
  • 夫婦お互いの予定を合わせやすくなる

家族と過ごす時間、一緒の時間は生活上欠かせません。
実際、時間が増えれば夫婦仲も深まることが調査から明らかとなっています。
(出典:明治安田生命「いい夫婦の日に関するアンケート調査」

深まるだけでなく幸福度や関係満足度にもつながります。
つまり、同じ時間を共有できるのは夫婦にとって大きなメリットだといえます。

関連記事:【体験談】家族の為の仕事でも過ごす時間が少ないのは不幸【対策は5つ】

【メリット2】パートナーの新たな魅力に気づく

2つ目のメリットが「パートナーの新たな魅力に気づく」

円満な夫婦ほどお互いの仕事への理解を深めているデータがあります。
言い換えるなら、パートナーの仕事に関心が薄い夫婦ほど仲は悪いということ。
(出典:リクルート「お互いの仕事に無関心な夫婦ほど、家事育児で揉めている」

この夫婦仲が悪くなる最たる原因は「コミュニケーション不足」

しかし、一緒に行う仕事に興味を持たない夫婦はいません。
実際、調査から妻が夫の仕事について理解している割合は約8割。

つまり、尊重し合える関係が自然と築けるということ。
夫婦で仕事をすることで、今まで気づかなかった魅力にも気づけます。

関連記事:共働き夫婦で休みが合わないと転職すべき?【良好な関係を築く為に】

【メリット3】自由なライフスタイルが手に入る

3つ目のメリットが「自由なライフスタイルが手に入る」

夫婦ともに会社員ではないため、働き方は自由。
その上、同じ時間を共有するのでスケジュールも自由に設計できます。

自由なライフスタイルで得られる具体的なベネフィットは以下の通り。

自由なライフスタイルで手に入るベネフィット

  • 場所にも時間にもとらわれないスローライフな生き方が可能
  • 転勤や単身赴任など会社都合による不自由さから解放される
  • 将来の人生設計まで組みやすくなる

会社員では到底得られないベネフィットです。
ライフスタイルの柔軟性は、夫婦で起業、一緒に仕事をする最大の魅力といえます。

関連記事:スローライフな生き方を実現する仕事10選【田舎暮らしに最適な仕事探しも解説】

【メリット4】2人の方が助け合い苦難も乗り越えられる

4つ目のメリットが「2人の方が助け合い苦難も乗り越えられる」

夫婦2人の共同経営において、パートナーの存在は大きい。
実際、配偶者は信頼のおける味方だとAldrich & Langton (1998)は語っています。

また「互助」という言葉の通り、夫婦の助け合いは苦難も乗り越えます。

何ものにも代え難い自発的な支え合いは夫婦だから成しえること。
1人よりも2人、仕事も生活も苦楽を共にできるのは大きな財産になります。

関連記事:人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種21選【人を支える&人を救う仕事ランキング】

【メリット5】節税効果(所得分散)に期待できる

そして5つ目のメリットが「節税効果(所得分散)に期待できる」

夫婦で仕事する場合に必ず悩むのが「税金」

扶養家族と家族従業員では、どれ程収める税金に違いがあるのか。
どちらの方が節税効果になるのか、初めての方には悩ましい問題です。

結論からいえば、家族従業者として雇用したほうが◎
なぜなら、配偶者控除(原則38万円)以上の控除を受けられるからです。
(出典:国税庁「配偶者控除」

青色事業専従者給与を事業主本人から配偶者へ支払った方が節税効果は期待できます。

具体的にどれくらいの節税効果になるのか?
比較して表にまとめると以下のようになります。
(収入が1,200万円、経費の合計が200万円、各種控除の合計が100万円の場合)

青色事業専従者給与納税対象者所得税の計算式所得税
a.支払わない場合①事業主本人(1,200万円ー200万円ー100万)×33%ー153万6,000円143万4,000円
b.支払った場合
(給与300万円)
②事業主本人(1,200万円ー(300万円+200万円)ー100万)×20%ー42万7,500円77万2,500円
③青色事業専従者(300万円ー(48万円+98万円))×5%
(必要経費0円、控除は基礎控除48万円と給与所得控除98万円の場合)
7万7,000円
節税効果
①-(②+③)
143万4,000円ー(77万2,500円+7万7,000円)58万4,500円

(出典:freee「家族への給与で節税対策ができる「青色事業専従者給与」とは」

上記の事例では、58万円以上の節税効果になります。
つまり、配偶者控除を超える節税効果が期待できるということです。

ただし、どちらを適用した方が節税になるかは状況により異なります。
さらに事業専従者として届出を行った場合、配偶者控除の対象外となります。
(出典:国税庁「青色事業専従者である妻」

最終的には税理士に相談し運用方針を決めるのがよいでしょう。

なお、配偶者への報酬(青色事業専従者給与)に上限はありません。
妥当性のある報酬の設定が必要で、詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。

関連記事:家でできる仕事おすすめ25選【自宅にいながら稼げる副業と便利な資格も紹介】

夫婦でできる仕事(起業・自営業)のデメリット

ここまで夫婦でできる仕事の種類とメリットを解説してきました。

夫婦一緒に起業することがすべてメリットとは限りません。
メリットもあれば、当然デメリットもあってしっかり把握しておく必要があります。

ここからは夫婦でできる仕事(起業・自営業)のデメリットについてもまとめていきます。

【デメリット1】夫婦二人の時間が増える

まず1つ目のデメリットが「夫婦二人の時間が増える」

夫婦二人の時間が増えることはメリットの一つ。
ただその一方で、デメリットになってしまうケースもあります。

それは、事業がうまくいかないネガティブな状況。
同じ時間の共有は、ストレスを助長する恐れがあります。

実際、夫婦のコミュニケーションは働き続ける上でストレスと調査でも明らかに。
(出典:Women Will「LIFE とテクノロジー調査」

なので程よい距離感を保つのが、夫婦で仕事を行うコツといえます。

関連記事:ワーカホリックの末路は離婚?【仕事中毒の特徴から抜け出す対処法3選】

【デメリット2】軌道に乗るまで経済的不安が募る

2つ目のデメリットが「軌道に乗るまで経済的不安が募る」

夫婦でなくても起業で特に不安を感じるのは収入面。
安定的な収入確保と事業運営は自営業者にとって至上命題といえます。

しかし、夫婦経営はリスクが高いことが報告されています。
なぜなら、社会的な関係性と仕事上の関係性は大きく異なるから。

簡単にいえば、夫婦仲はよくても仕事になるとやりづらい関係。
配偶者のことを思うあまり、問題点を指摘できない関係になりがちだということ。

なので腹を割って話せる関係性を築くことが、夫婦経営の成功のカギといえそうです。

関連記事:80歳まで働ける仕事とは?65歳・70歳以上の高齢者でも働ける仕事12選

【デメリット3】福利厚生がなくなる

3つ目のデメリットが「福利厚生がなくなる」

会社勤めなら当然得られる福利厚生

  • 社会保険(厚生年金等)
  • 有給休暇取得
  • 育休・産前・産後休業

起業(自営業)すると、これら福利厚生は得られなくなります。
特に年金の階層が変わる(国民年金のみ)のは、大きなデメリットです。

将来のライフプランを設計しつつ、起業のタイミングを見極めるのが大切です。

関連記事:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

【デメリット4】本業や家事以外の雑務が増える

4つ目のデメリットが「本業や家事以外の雑務が増える」

起業することで増える雑務

  • 経理(複式簿記)
  • 確定申告
  • 税理士などとのやり取り

起業することで、本業や家事以外に上記のような雑務が増えます。

会社員のままなら行わなくて済む雑務。
しかし夫婦で起業するとなれば、記帳も増えて煩雑になりがちです。

お互いの担当を明確にし、スケジュールを管理することが重要だといえます。

関連記事:【未経験OK】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法10選と探し方を厳選紹介

【デメリット5】社会的な信用力が低下する

そして5つ目のデメリットが「社会的な信用力が低下する」

会社員である最大のメリットは「社会的信用力の高さ」
会社に属しているという理由なだけで、以下のメリットを享受できます。

社会的信用力によって得られるメリット

  • 住宅ローンの借り入れ
  • 賃貸物件の賃貸借契約書
  • クレジットカードの申込

これら「借りる行為」は全て「信用」で成り立っています。
なので、会社員は意識しなくても上記の取引を難なく行えます。

一方、自営業として起業するとどうなるか?
何にも所属していないため、社会的信用力はほぼゼロの状態です。

つまり、自営業者は上記メリットを享受しづらくなるということ。
会社員では当たり前だったメリットが、起業した途端に失うこともあります。

ただし、法人成りすれば信用力は上がり事業もしやすくなります。
(出典:勝柴税理士事務所「会社の社会的信用力」

個人事業主のままでビジネスを行うのか。
それとも法人成りするか見定めながら事業運営するのがよいでしょう。

関連記事:正社員になりたくない?リスクは把握してる?【なれない悩みにも対処法あり】

夫婦でできる仕事で失敗しないために取るべき対策

ここまで夫婦でできる仕事のメリット・デメリットについて解説してきました。

仕事に悩む人

「夫婦で起業を成功させるためには何に注意すればいい?失敗しないための対策も知りたい!」

最初に結論をいうと「事前準備を入念に行うこと」
準備なくして夫婦で一緒に仕事(起業・独立)は成功しません。

ここでは夫婦でできる仕事で失敗しないために取るべき対策についてご紹介していきます。

【対策1】まずは週末起業(副業)から始める

まず1つ目の対策が「まずは週末起業(副業)から始める」

いきなり起業という選択肢はリスクが高く難しいです。

なぜなら、起業を後押しする文化が浸透していないから。
実際、欧米に比べても日本は起業ハードルが高いことで有名です。
(出典:PRESIDENT WOMAN「なぜ日本は起業のハードルが異様に高いか」

ではどうすればいいのか?
まずは、週末起業(副業)から始めるのが賢明です。

会社員の傍ら副業に取り組み、経験を積んでから起業。
リスクも抑えられるうえ、起業準備も同時に行えるのでおすすめです。

副業を始めるにあたって「おすすめしない副業」を紹介。
失敗しないために、手を出してはいけない副業が以下の通りです。

おすすめしない副業8選

  • 時間切り売り型の副業
  • スキルが身につかない副業
  • 最初リターンが少ない副業
  • 稼ぐまでに時間がかかる副業
  • 人間関係を崩壊する副業
  • 損失リスクが高い副業
  • 稼げる確率が低い副業
  • 詐欺の可能性が高い副業

もし副業禁止の会社に勤めているなら即転職を推奨します。
その理由とおすすめの副業について、以下関連記事からご覧ください。

関連記事:「副業禁止はおかしい?」は正しい疑問【理由と給料安いくせに副業禁止への対策】

【対策2】目的と目標を明確にする

2つ目の対策が「目的と目標を明確にする」

  • 何のために起業するのか。
  • そもそも起業して何をしたいのか。
  • 起業するなら法人なのか個人なのか。

夫婦で起業することで得られるメリットがあります。
先の解説の通り、配偶者との雇用関係で節税効果にも期待できます。

その一方で、夫婦二人とも自営業となればデメリットも多くなります。

さらに目的なくして起業は成功しません。
夫婦経営ならLLC向きとの情報もありますが、失敗も当然あります。
(出典:会社設立 完全ガイド「家族経営(夫婦や親子)での起業は合同会社(LLC)が向いている理由」

夫婦二人で起業した事業で失敗しないために。
まずは夫婦にとって「起業の意義」を明確にしておきましょう。

関連記事:小さい子供がいても働ける仕事15選【赤ちゃんがいてもできる仕事を厳選紹介】

【対策3】ビジネススキルを身につけておく

3つ目の対策が「ビジネススキルを身につけておく」

起業すれば、事業の成功も失敗も夫婦次第。

自営業はすべてが自己責任です。
失敗しても会社が守ってくれる会社員とは異なります。

ではどうすれば起業して成功確率を上げれるのか。
一つ、事業に関連した経験やスキルを身につけることにあります。

実際、起業してもスキルを持たない人は失敗する可能性は高いことが報告されています。

つまり、ビジネススキルなくして起業は無謀。
必ず必要なスキル、汎用的な実践力は習得しておくに限ります。

おすすめのスキルが「Webビジネススキル」
特にマーケティングは、売上拡大に必須の能力といえます。

スキルの習得はプロに教わりながら進めるのがおすすめです。

オンラインでWebスキルを学び放題のスクールを3社紹介。
幅広い実践的なスキルと同じく起業を志す同士にも出会えます。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【対策4】強みや経験を活かせるビジネスを選ぶ

4つ目の対策が「強みや経験を活かせるビジネスを選ぶ」

そもそもどんなビジネスで起業すればいいのか?
夫婦で起業はしたい、でも事業内容で悩む人も少なくありません。

そんな時は、今までの経験や夫婦それぞれの強みを活かせるビジネスがおすすめ。

なぜなら、強みを伸ばせば弱みは自ずと消えていくから。
この考え方を「長所伸展法」と呼び、得意は不得意を凌駕する力があります。

そして、自身の強みを把握する有効な手段が「自己分析」

自己分析のやり方や実践はプロに相談しながら進めましょう。
無料相談だけでも有益なアドバイスがもらえて、夫婦起業の背中を押してくれます。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策5】起業前に十分な貯金を準備する

5つ目の対策が「起業前に十分な貯金を準備する」

ここでいう貯金は「生活防衛費」とも呼びます。
無いより当然あったほうが、リスク回避につながります。

ではどれくらい貯金しておけばいいのか。
結論からいえば、事業内容や家族構成など状況により異なります。

日々の生活費を事前に見積り、6ヶ月分程度を準備しておくと安心です。
(出典:中小企業基盤整備機構「起業に必要な資金」

起業前にまずは、日々の支出をシミュレーションしてみましょう。
半年間貯金を切り崩しても生活できる額を用意しておけば不安材料は減ります。

関連記事:資金なしで始められる仕事10選【リスクゼロで副業・起業・独立したい方も必見】

【対策6】資金調達手段を習得しておく

6つ目の対策が「資金調達手段を習得しておく」

起業して事業運営に欠かせない手段の一つが「資金調達」
しかし、起業時に最も苦労するのも資金調達という結果も公表されています。
(出典:日本政策金融公庫「2020年度新規開業実態調査」

つまり、起業素人にとってハードルが高い手段だということ。

資金調達の方法がよく分からない初心者の方。
相談したいという方は、商工会議所が運営する相談会に参加するのもおすすめです。

関連記事:20代や30代前半で年収500万は勝ち組?少ない?【不安の解消法は転職】

【対策7】夫婦起業のルールを作成しておく

7つ目の対策が「夫婦起業のルールを作成しておく」

先にも解説した通り、起業すれば雑務も増えます。
本業と家事以外にもやらなければならない業務が必ず発生します。

これら雑務は夫婦のどちらがやるのか?
さらに、子供がいれば育児もどのように役割分担するか?

事前に担当を決めておかなければこじれる可能性が出てきます。

実際、共働き世帯ではフェアな状態を模索しています。
(出典:リクルート「週5日勤務の共働き夫婦」

役割を明確にし、ルールを決めておくのが夫婦起業の成功の秘訣ともいえます。

関連記事:歳をとっても長く働ける仕事がしたい!【定年まで働ける仕事おすすめ15選】

【対策8】程よい距離感を保ち干渉しないのも得策

8つ目の対策が「程よい距離感を保ち干渉しないのも得策」

デメリットでも紹介した通り、距離が近すぎてもストレスを助長する恐れがあります。

「親しき中にも礼儀あり」は夫婦間でもいえること。
仕事の時は、社会的な関係性ではなく仕事上の関係性として接するのが吉です。

関連記事:【未経験OK】家で出来る仕事人気ベスト10を正社員&主婦向けに徹底調査

まとめ:夫婦でできる仕事(二人起業・自営業)は事前準備が成功のカギ

夫婦でできる仕事(一緒に起業・自営業できる職種)に関する情報をまとめてきました。

改めて夫婦でできる仕事をまとめると、

夫婦でできる仕事おすすめ16選

  1. Webライター
  2. ユーチューバー
  3. ブロガー
  4. フリーランスエンジニア
  5. フリーランスデザイナー
  6. 結婚相談所経営
  7. ネットショップ運営
  8. 学習塾
  9. キッチンカー
  10. 農業
  11. Webライティング
  12. プログラミング
  13. Webデザイン
  14. 動画編集
  15. シェアリングビジネス
  16. 転売・せどり

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選