一人で開業できる仕事おすすめ15選【独立・起業できる自営業の商売を厳選紹介】
仕事に悩む人

「一人で開業できる仕事はありますか?おすすめの商売や一人起業の成功パターンもあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「一人で開業できる仕事を探して独立・起業を目指している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 一人で開業できる仕事おすすめ15選
  2. 一人で開業・独立できる仕事のメリット
  3. 一人で開業・独立できる仕事のデメリット
  4. 必ず意識したい一人起業の成功パターン4選
  5. 独立開業に人気でも一人起業には不向きな仕事
  6. 一人で開業できる仕事を始める時の注意すべき点

当ブログ管理人も2019年より「一人起業家」
(開業業種や実績はプロフィールで解説しています)

一人で開業できる仕事には多くのメリットあり。
その一方で、一人起業には到底不向きな仕事もあります。

一人で開業できる仕事のおすすめや一人起業の成功パターンなど詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「一人で開業できる仕事のメリット、デメリットについてもまとめていきます。今まさに独立・起業を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

一人で開業できる仕事おすすめ15選

【独立・開業に興味がある割合】

「独立・開業に興味がある」人の割合は年々増加傾向にあり。
コロナ禍もあり、働き方や価値観の変化が大きく影響しているようです。

しかし、開業するにも簡単ではありません。
特に苦労するツートップが「資金調達」と「集客」
(出典:日本政策金融公庫「2020年度新規開業実態調査」

つまり、「資金調達」と「集客」がネックとなり開業を断念する人も少なくありません

そこで!本記事では、独立開業のネックに感じる不安をすべて排除。
不安要素を排除したおすすめの仕事を選定するにあたり、以下条件を設定します。

一人で開業できるおすすめの仕事の選定条件

  • 固定客・営業不要の仕事
  • 借入不要で始められる仕事
  • 資格不要で開業できる仕事

これらに該当する一人で開業できる仕事おすすめ15選を種類別にまとめていきます!

低資金・低リスクの一人で開業できる仕事5選

まず低資金・低リスクの一人で開業できる仕事5選は以下の通りです。
順番に仕事内容と一人で開業できるポイントについてまとめていきます。

低資金・低リスクの一人で開業できる仕事5選

  1. Webライター
  2. プログラマー
  3. 動画編集
  4. Webデザイナー
  5. アフィリエイター

【仕事1】Webライター

Webメディアのライティングを担当する「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは取り扱うのがおすすめです。

完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
作業するにあたり、資金も不要で低リスクから始められます。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】プログラマー

プログラム言語を用いてシステムを構築する「プログラマー」

様々なシステムやソフトウェアを開発する仕事。
プログラミングスキル、ITスキルを使って仕様書の通りに設計します。

そんなプログラマーの仕事道具はパソコン1台のみ。
働く場所も自由で、プログラミングスキルだけで勝負できる世界です。

つまり、在庫も持たず少ない資金でも開業できる仕事といえます。

プログラマーの仕事探しなら「ITプロパートナーズ」の利用がおすすめです。
ただし、開発未経験からプログラマーの仕事を受注するのは難しいのが実情。

プログラマーとして一人で独立開業したい方。
まずはプログラミングスクールでITスキルを習得することをおすすめします。

プログラミングスキルは一生食える需要の高いスキルです。
会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事3】動画編集

動画コンテンツの編集を行う「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

仕事のやり取りはすべてオンライン完結。
基本メールで完了するため、完全に人と接することはありません。

また編集ツールは無料でも十分スペックに期待できます。
ツールさえあれば特別なスキルなく誰でも挑戦できる仕事の一つです。

さらに動画広告の市場は調査結果からも分かる通り増加傾向にあり。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集は将来性ある一人で開業できる仕事。
動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【仕事4】Webデザイナー

Webメディアのデザインを担当する「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

そんなWebデザイナーの仕事道具はパソコン1台のみ。
働く場所も自由で、Webデザインスキルだけで勝負できる世界です。

つまり、在庫も持たず少ない資金でも開業できる仕事といえます。

Webデザインの仕事探しならおすすめが「レバテッククリエイター
ただし、デザイン未経験から仕事を受注するのは難しいのが実情です。

Webデザイン未経験から本気で独立開業したい方はWebデザインスクールの受講がおすすめ

デザインをはじめとするWebスキルは食いっぱぐれないスキル。
将来性だけでなく、スクールでは切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事5】アフィリエイター

ブログ・サイトを運営する広告ビジネス「アフィリエイター」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
外出することなく、一人で仕事を完結させられます。

アフィリエイターの特徴は、会社に属さず個人で取り組める点。
そのため、完全在宅かつ低資金・低リスクで始められるビジネスです。

当ブログ管理人もアフィリエイターの一人。
10年以上のキャリアがあり、累計報酬は1,000万円を超えています。

アフィリエイトに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、個人運営とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

高収入も実現可能な一人で開業できる仕事5選

次に高収入も実現可能な一人で開業できる仕事5選は以下の通りです。
順番に仕事内容と一人で開業できるポイントについてまとめていきます。

高収入も実現可能な一人で開業できる仕事5選

  1. 結婚相談所経営
  2. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー
  3. フリーランスエンジニア
  4. フリーランスデザイナー
  5. フリーランスコンサル

【仕事1】結婚相談所経営

一人でも独立開業することが可能な「結婚相談所経営」

結婚を望む男女を成婚に導く仕事。
社会的意義は高く、何歳になっても働ける仕事です。

そんな結婚相談所の経営には加盟選びが重要。
なぜなら、スムーズな独立開業には必要不可欠だからです。

特におすすめが「日本結婚相談所連盟
おすすめの理由は以下の通り、一人でも開業できる実績にあります。

日本結婚相談所連盟が独立開業におすすめな理由

  • 事務所などの初期設備投資・準備が不要だから。
  • システムや必要書類が準備されているから。
  • 全国7.4万人以上の会員基盤があり、自社会員が一人でも事業が始められるから。

(出典:日本結婚相談所連盟「独立開業・起業前のサポート」

つまり、加盟から最短1ヶ月程度で事業を始められるということ。
粗利率は90%以上!高収入も実現可能な人気の独立開業できるビジネスになります。

【仕事2】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

フードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」

配達を請け負うのがUber Eats 配達パートナー。
システム上に注文が入れば店舗に出向き、商品を受け取ってデリバリーするシンプルな仕事。

そんなUber Eats 配達パートナーの報酬体系は基本料金+インセンティブ。
(具体的には報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

中には月収100万円を超える強者もいるほど。
(出典:abema times「ウーバーで最高月収100万超のリアル」

これほど稼げる最たる理由は市場の拡大。
日本だけでなく世界的にもデリバリー市場は拡大傾向にあります。

初期投資は、配達バッグと配達手段(自転車など)の準備程度。
低コストで始められて、努力次第で高収入も実現可能な仕事だといえます。

Uber Eats 配達パートナーを始めるにはパートナー登録が必要です。

自転車や原付バイクで注文者の元に料理をお届けするUber Eats 配達パートナー。アプリをオンラインにするだけで好きな時に稼働でき、週単位で収入を得ることが可能です。

【仕事3】フリーランスエンジニア

会社に属さずフリーで活動するエンジニアが「フリーランスエンジニア」

開発案件を企業や個人から受注し作業する仕事。
完全在宅でもできる仕事で、働く時間・曜日も自ら選べます。

そんなフリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べで「700~1,000万円」と会社員以上。

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう。
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験者がフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、完全未経験からフリーランス転身は難しいのが実情。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事4】フリーランスデザイナー

会社に属さずフリーで活動する「フリーランスデザイナー」

デザイン業務を企業や個人から受注し作業する仕事。
家にいながらスキマ時間も活用し、仕事に取り組めます。

そんなフリーランスデザイナーの需要は年々増加。
なぜなら、コロナ禍で外出が減りECの市場規模が伸びているから。

結果EC事業に携わるWebデザイナーの需要も増えています。
実際、フリーランスのWebデザイナーの平均収入は「約600万~800万円」

つまり、スキルや経験次第で会社員の平均年収以上を稼ぐことも可能。
フリーランスデザイナーの仕事を探すなら「レバテッククリエイター」の利用がおすすめです。

ただしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える転職サポート付きの優れたサービスです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事5】フリーランスコンサル

フリーで活動するコンサルタントが「フリーランスコンサル」

企業への助言業を行うフリーのコンサル業務。
主な仕事は企業が抱える問題に対し課題解決を提案します。

フリーランスコンサルになるには、まずエージェント登録が必要です。
(コンサル経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、コンサル経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

女性向けの一人で開業できる仕事5選

そして女性向けの一人で開業できる仕事5選は以下の通りです。
順番に仕事内容と一人で開業できるポイントについてまとめていきます。

女性向けの一人で開業できる仕事5選

  1. ユーチューバー
  2. Webマーケター
  3. インフルエンサー
  4. ライブ配信(ライバー)
  5. ティックトッカー

【仕事1】ユーチューバー

女性や子育て中の主婦も一人で活躍できる「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件を満たせば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネスです。

また顔出ししなくてもビジネスとして成立します。
声だけ、自然の映像美や風景など企画次第で投稿内容は無限大。

つまり、完全一人で自分の好きな時間に作業することが可能。
かつ女性特有の強み(感性)も活かせる女性向けの仕事ともいえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介した未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』にまずは無料で体験する
【公式ホームページ:https://shelikes.jp

【仕事2】Webマーケター

企業の商品やサービスに関するマーケ施策を担う「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
Webメディアを活用しプロモーション戦略からブランディング構築まで担います。

そんなWebマーケターは女性の働き方に向いているとの意見が多く見受けられます。

理由の一つが「脳科学の観点からみる親和性」
共感脳を持つ女性ならではの視点でマーケ領域は親和性が高いとされています。
(出典:Wantedly「どうしてWebマーケティングが女性に向いているのか」

つまり、Webマーケターは女性の強みや特徴を活かせる仕事の一つといえます。

Webマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事3】インフルエンサー

特定の分野で影響力を持つ人のことを指す「インフルエンサー」

インスタやTwitterなどのSNS上で影響力を持つ人物。
広告効果が大きく、企業も熱視線をおくる職業の一つとなります。

そんなインフルエンサーを始めるのに必要なのはスマホのみ。
一切の初期投資も費用もかけず、一人で独立開業することが可能です。

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

【仕事4】ライブ配信(ライバー)

リアルタイムで繋がれる「ライブ配信(ライバー)」

ライブ配信とは、リアルタイムに映像を配信するサービス。
ライバー(配信者)とリスナー(視聴者)のプラットフォームを介して繋がれます。

ライバーがリスナーに対して映像を配信。
映像を視聴するリスナーは投げ銭などを使いライバーを応援。

この関係構築がライバーの生計を支えています。
そして、ユーチューバーとの違いはコミュニケーションの扱い方にあります。

インフルエンサーは一方向完結の画像投稿者。
それに対しライバーは、双方向でリアルタイムに繋がれる。

ライブでコミュニケーションが取れることは特徴の一つとなります。

関連記事:人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選【人前で話す正社員の仕事も紹介】

【仕事5】ティックトッカー

動画配信アプリ「TikTok」を使って投稿する「ティックトッカー」

ティックトッカーの収入源は企業案件。
企業のタイアップ案件を扱って広告収入を得るビジネスです。

そのため、一切の初期投資も費用もかけずに始められます。

必要なのは、影響力とマーケティングスキル。
フォロワー数だけでなくマーケティング能力も求められる仕事です。

関連記事:家でできる仕事おすすめ25選【自宅にいながら稼げる副業と便利な資格も紹介】

一人で開業・独立できる仕事のメリット

独立開業支援を行うサービスの会員数が業界最大(30万人)を突破。
年々増加し、独立開業への関心は以前にも増して強まっていることがうかがえます。

そんな一人で開業・独立できる仕事のメリットについてまとめていきます。

【メリット1】ローコスト経営が可能

まず1つ目のメリットが「ローコスト経営が可能」

開業費用の平均値は2020年度調査で「989万円」
減少傾向にあるものの、1,000万円近い費用が開業でかかることになります。

開業時に金額が大きくなりがちなのは「固定費」
つまり、従業員などの人件費が重くのしかかります。

しかし、一人で開業する場合に人件費はかかりません。
従業員ゼロで始められるのが、一人起業最大のメリットといえます。

関連記事:資金なしで始められる仕事10選【リスクゼロで副業・起業・独立したい方も必見】

【メリット2】開業から事業運営まですべて自由

次に2つ目のメリットが「開業から事業運営まですべて自由」

以下の通り、開業動機の最たる理由は「自由に仕事がしたかった」
会社員、勤め人であるしがらみから解放されるメリットがあります。

ただ独立開業し経営者になっても、人間関係の悩みは消えません。

実際、「経営者の悩みの多くは“人”」
このように語るのは、カウンセリング事業を展開する櫻本真理氏。
(出典:Money Forward「経営者の悩みはほぼ『人』に関すること」

事業運営は自由でも、人間関係のしがらみは解けないということ。
しかし複数人ではなく一人で開業すれば、以下のベネフィットが得られます。

一人で開業するベネフィット

  • 煩わしい人間関係からの解放
  • 従業員の労務管理が不要
  • 時間的拘束力がない
  • 定年退職という概念がない

一人で開業することこそが最大のメリット。
特に人間関係の煩わしさを感じる人におすすめの選択肢だといえます。

関連記事:場所を選ばない仕事がしたい!おすすめ職業10選【未経験からの転職方法も解説】

【メリット3】育児や介護などプライベートとの両立が可能

そして3つ目のメリットが「育児や介護などプライベートとの両立が可能」

以下の通り、9割以上の女性起業家が独立してよかったと回答。
起業に踏み切った理由の多くは、育児や介護が必要になったことを挙げています。

独立開業すれば、スケジュール管理は自らの意志で可能。
なのでプライベートとの両立も容易で、自由度の高い働き方が手に入ります。

実際、女性の開業者は年々増加傾向にもあります。
日本政策金融公庫の調査で1991年度の調査開始以来最高を記録。

つまり、WLBの観点からも一人で開業するメリットは大いにあるといえます。

関連記事:なってよかった職業ランキングTOP10!男性・女性が就いてよかった仕事を厳選紹介

一人で開業・独立できる仕事のデメリット

一人で開業・独立できる仕事のメリットを解説してきました。

メリットがあれば、当然デメリットもあります。
デメリットが許容できれば、一人起業も近いといえるでしょう。

ここでは一人で開業・独立できる仕事のデメリットについてまとめていきます。

【デメリット1】雑務もすべて一人で行う必要がある

まず1つ目のデメリットが「雑務もすべて一人で行う必要がある」

本業以外にも様々な「雑務」を行う必要があります。
特にフリーランスで、ストレスを感じる雑務ダントツ1位が「確定申告」

【フリーランスとしてストレスを感じる業務内容を教えて下さい。】

さらに本調査で、7割ものフリーランスが確定申告は負担だと回答しています。

複数人で起業すれば、得意な人間に任せられストレスも減ります。
しかし一人起業となれば、上記雑務はすべて一人で行う必要があります。

つまり、得意不得意を活かしたチームプレーができないのが最大のデメリットになります。

関連記事:【スキマ副業】隙間時間で稼ぐ副業16選!主婦・サラリーマン向け小遣い稼ぎ方法

【デメリット2】失敗も決断もすべて自己責任

次に2つ目のデメリットが「失敗も決断もすべて自己責任」

  • 会社員だった今までは、失敗しても会社が盾となり守ってくれた。
  • 複数人で起業すれば、相談しながらチームで決断し解決することも可能。

しかし、一人で開業すればすべてが自己成長。

  • 事業がうまく軌道に乗らず資金繰りに悩んでも、解決するのは一人。
  • 新規顧客の獲得も、一人で決断し行動して開拓しなければならない。

実際、一人起業は複数人で起業するより不安が大きい。
「将来の生活の不安を感じているか」の問いに約6割が不安と回答しています。
(出典:日本政策金融公庫「フリーランスの実態に関する調査」

また、体調を崩しても誰も助けてはくれません。
誰の責任にもできず、一人で乗り越える厳しさが一人起業にはあります。

関連記事:【やめとけ】副業しない方がいい人の特徴5選とおすすめしない副業を経験者が暴露

【デメリット3】相談できる相手がいない

そして3つ目のデメリットが「相談できる相手がいない」

一人で開業すれば、当然ながら孤独。
相談相手は皆無、事業運営も自身の判断で決断する必要があります。

実際、フリーランスの2人に1人が孤独を感じ、メンタルヘルスに不調を感じています。
(出典:Lbose「フリーランスの健康に関する調査結果を発表」

とはいえ、仲間がいなくても専門家の知見を得ることは可能です。

でも本音をみると、簡単な話でもありません。
経営者1,030人のうち、『43.4%』が本音で話せる相手がいないと回答

つまり、一人で開業する=孤独と戦う覚悟も必要になるといえます。

関連記事:ノマドワーカーに適した職種12選と向いてる人の特徴【スキルなし未経験も厳選紹介】

必ず意識したい一人起業の成功パターン4選

【企業の生存率】

企業の生存率は、起業後著しく低下(上記グラフ)
ベンチャー企業に至っては、10年後に6.3%しか残らないデータもあるほどです。

つまり、独立開業は成功より失敗する確率の方が高いということ。

見切り発車で始めても、高確率で失敗します。
失敗しないためには、「先人の知恵」を借りるのも成功の秘訣だといえます。

そこで参考になるのが、実業家のホリエモン氏。
同氏は「起業してほぼ確実に成功する方法」をメディアで紹介しています。

本メディアを参考に必ず意識したい一人起業の成功パターン4選を解説していきます。

【パターン1】利益率の高い商売

まず1つ目の成功パターンが「利益率の高い商売」

独立開業後、生き残るには運転資金が必要です。
そして資金を得るには、売上ではなく利益の獲得が何より重要。

なぜなら、手元のキャッシュが事業運営では欠かせないから。
“Cash is king”という言葉の通り、最後は現預金残高が生死を分けます。
(出典:オージス総研「キャッシュフロー再考とValuation」

黒字なのに倒産(黒字倒産)とはまさにこのこと。
売上は計上されるもCF悪化で倒産する企業のことを指します。

実際、生存企業の特徴をみても明らかです。
下図の通り、生存企業は従業員数に経年変化がみられません。

つまり、費用圧縮に注視した企業が生存したということ。

売上を伸ばすだけでは企業の生存は難しい。
従業員数など人件費(固定費)を抑え、利益拡大。

そして、手元資金を最大化させることが成功の典型例だといえます。

ちなみに、利益率の高い産業は「IT業界(情報通信業)」
DX、IoT、5Gなど今後も伸びる業界として注目を集めています。

関連記事:儲かる仕事おすすめ12選!10年後の未来でも儲かる職業と衰退業界の違いも解説

【パターン2】在庫を持たない商売

次に2つ目の成功パターンが「在庫を持たない商売」

なぜ、在庫を持たない商売が成功パターンなのか。
結論からいえば、在庫リスクを回避できるからです。

在庫を抱えるということは、自由に使える資金が減る、つまりキャッシュフローが減少し、その企業の資金繰りを圧迫してしまうことになります。現金としてもっていれば、流動性も高く、他分野への投資や運用のチャンスもありますが、在庫として資本を固定化してしまうと、その資本からの利益率はゼロとなり、金利の負担がより重くなります。

初期投資、ランニングコストの観点からも費用が抑えられます。

つまり、リスクを最小限に抑えつつ開業できるということ。
低リスクで事業運営できるため、独立開業初心者にまず挑戦したい分野です。

具体的な商売の種類は、本記事「低資金・低リスクの一人で開業できる仕事」になります。

そして、在庫を持つ商売の典型例が以下の通り。
これらは開業と同時に、在庫リスクにさらされる商売になります。

在庫を持つ商売の典型例

  • 飲食店
  • 小売店
  • 物販ビジネス

関連記事:旅をしながら日本中を回る仕事18選【旅行好き・旅人に飛び回る職業を厳選紹介】

【パターン3】定期的に一定額の収入が入ってくる商売

3つ目の成功パターンが「定期的に一定額の収入が入ってくる商売」

商売には「ストック型」と「フロー型」の2つに分かれます。

ストック型とは収益が定期的に積みあがっていくモデル。
(例:保険会社の保険商品、動画配信サービスのサブスクリプション)

フロー型とは単発で収益が計上されるモデル。
(例:飲食店の店舗運営、経営課題解決のために契約したコンサル料)

ストック型は一度仕組みを作れば、収益を上げ続けるメリットあり。
さらに、外的要因にも左右されず安定的かつ普遍的な儲かる仕事に取り組めます。

「人類が発明した利益方程式のなかで最強なのが保険」
このように紹介されるほど、ストック型は商売の成功に欠かせません。
(出典:DIAMOND「人類最強のビジネスモデルは◯◯である」

一方、フロー型は言い換えれば労働集約型ビジネス。
働き続けなければ収益は上がらず、労働時間分だけの収益しか期待できません。

つまり、商売で成功を収めるにはストック型が重要。
安定的に利益を生み出すビジネスモデルほど最強の商売はありません。

関連記事:年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10【男女お金を稼げる職業とは】

【パターン4】資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

そして4つ目の成功パターンが「資本ゼロあるいは小資本で始められる商売」

開業時、最も苦労するのが「資金調達」
初期投資が大きいほど、資金調達に悩まされます。
(出典:日本政策金融公庫「2020年度新規開業実態調査」

しかし小資本で始められる商売なら、資金調達に苦労することはありません。

必要最小限の資金でもビジネスが始められます。
「スモールビジネス」とも呼ばれ、初期投資が不要。

つまり、一人でも簡単に独立開業できるビジネスになります。

逆に、多額の資本が必要な商売は「箱物ビジネス」
具体的に以下のような初期投資が開業時から必要になります。

資本が必要な箱物ビジネスの初期投資

  • 人件費
  • 売上原価
  • 広告宣伝費

関連記事:ネットでできる仕事がしたい!おすすめ15選と仕事探しに役立つ求人サイトも紹介

独立開業に人気でも一人起業には不向きな仕事

ここまで一人で開業できる仕事のおすすめを解説してきました。
ただ独立開業に人気でも一人起業には不向きな仕事もあります。

それが、独立開業で特に人気の業種「飲食」
最も興味のある業種で、飲食から独立開業を始める人も多くいます。

【興味のある業種】

しかし、飲食の独立開業はおすすめしない理由があります。

飲食の独立開業はおすすめしない理由

一言でいえば、飲食は一人起業の成功パターンのいずれにも該当しないということ。

独立開業初心者が、最初に手を出すには難易度が高すぎます。
リスクを抑えつつ手堅く独立開業を成功させるには、避けるのが無難です。

そして、本記事で紹介する「一人で開業できる仕事」に取り組むのがおすめです。

関連記事:絶対に入らないほうがいい業界6選と特徴【今後危ない業界の見分け方も解説】

一人で開業できる仕事を始める時の注意すべき点

仕事に悩む人

「一人で開業できる仕事のおすすめも避けるべき業種も分かったけど、始めるにあたって注意点はありますか?」

ここでは一人で開業できる仕事を始める時の注意すべき点についてまとめていきます。

【注意1】開業届は出した方がいい

まず1つ目の注意点が「開業届は出した方がいい」

独立開業を生業とするなら、開業届は出すことをおすすめします。

なぜなら、青色申告で確定申告ができるようになるから。
白色申告より青色申告の方が多くのメリットを得られます。

特に開業届提出(青色申告の場合)によって得られるメリットは以下の通りです。

開業届提出(青色申告の場合)によるメリット

  • 最大65万円分の所得控除ができる
  • 損益通算ができる
  • 3年間の繰越控除ができる

ただし、開業届提出時に必ず確認したいことがあります。
それは提出によって、失業手当が受けられなくなるということ。

また、青色申告は白色申告と違い記帳が複式簿記。
経理の仕訳と同じ要領で行うため、初心者には難しい作業となります。

これらメリット・デメリットを把握した上で開業届の提出を決めるようにしましょう。

ちなみに、会社員でも開業届を出すことは可能です。
副業収入が安定的に増えてきたら、青色申告に切り替えるのもありです。

関連記事:「副業禁止はおかしい?」は正しい疑問【理由と給料安いくせに副業禁止への対策】

【注意2】まずは個人事業主として始める

次に2つ目の注意点が「まずは個人事業主として始める」

独立開業にあたって、法人ではなく個人事業主で始めるのがおすすめです。

なぜなら、会社設立の場合は初期費用がかかるから。
初期費用とは、設立にあたっての資本金や法定費用のことを指します。

一体どれくらいの初期費用がかかるのか。

資本金は「約300万円」(総務省統計局調べ
法定費用は株式会社の場合「約25万円」(freee調べ

また初期費用だけでなく手続きも煩雑かつ手間。
法人設立にあたり、公証人役場、法務局、年金事務所など手続きが必要になります。

一方で個人事業主の場合、これら初期費用は一切発生しません。

まず一人で独立開業するなら余計な費用はかけないほうが無難。
事業が安定し利益も順調に伸びてきたら、法人成りを将来的に目指すのがよいでしょう。

関連記事:【未経験OK】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法10選と探し方を厳選紹介

【注意3】資格取るよりスキル習得を意識する

3つ目の注意点が「資格取るよりスキル習得を意識する」

社労士など士業の独立開業を目指すなら資格は必須。

しかし、資格がなければ開業できない仕事もリスクあり。
なぜなら、資格取るのに膨大な時間がかかるうえ、仕事自体の将来性も危ういから。
(参考:食いっぱぐれない資格のはずが将来消える仕事?【大事なのは将来性のある仕事選び】

では、一人起業を目指す人はどうすればいいのか?
資格取るより食いっぱぐれないスキル習得に時間を費やしたほうが将来性はあります。

そして、今後も需要が高まる将来性あるスキルが「Webスキル」

プログラミングやデザイン、マーケなどWebビジネスに必要なスキル
これらWebスキルが、一人起業には欠かせないスキルとして必ず役立ちます。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【注意3】自己分析から強み(得意)の棚卸しを行う

3つ目の注意点が「自己分析から強み(得意)の棚卸しを行う」

スキル習得は一人起業にとって非常に重要。
ただ、どんな分野・領域に挑戦すればいいか?分からない人も多い。

そんな時は、得意を活かせる独立開業が最もおすすめです。

なぜなら、強みを伸ばせば弱みは自ずと消えていくから。
この考え方を「長所伸展法」と呼び、得意は不得意を凌駕する力があります。

そして、自身の強みを把握する有効な手段が「自己分析」

自己分析のやり方や実践はプロに相談しながら進めましょう
無料相談だけでも有益なアドバイスがもらえて、独立開業の背中を押してくれます。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【注意5】テストマーケのために副業から始める

5つ目の注意点が「テストマーケのために副業から始める」

商売を始める時は、まずテストマーケを行うのがおすすめです。

最大の目的は、成功確率を高めつつリスクの最小化。
投資の世界でも「バーベル戦略」が有効なようにリスクヘッジは重要です。

小資本で始める商売が成功パターンとはいえ、失敗すれば時間も労力も費やします。
失敗した分だけ経験は得られますが、リスクは最小限に抑えるに越したことはない。

そのために副業から始めて、事業の手応えを確認。
そして軌道に乗れば、本格的に独立開業へ進むのも賢明な方法です。

では、どんな副業に取り組めばいいのか?
おすすめの副業について、以下の通り3つ示します。

おすすめの副業3選

  • 時間に対する付加価値がつく副業
  • 副業の再現性があって将来性もある副業
  • 副業だけでなく本業(仕事や転職)にも役立つ副業

さらに、おすすめしない副業も関連記事でまとめています。
これから独立開業のためテストマーケに入りたい方は、合わせてご覧ください。

関連記事:【初心者向け】おすすめしない副業8選!特徴と理由をタイプ別に解説

【注意6】健康診断は必ず自身で予約・受診する

6つ目の注意点が「健康診断は必ず自身で予約・受診する」

会社員であれば労働安全衛生法上、健康診断は義務。
しかし、フリーランスや一人で起業すると健康診断は疎かになりがちです。

実際、ランサーズ調べで1年以内の健康診断は半数以上が未受診。

「健康経営」という言葉があるほど健康づくりは重要です。
健康管理が疎かになれば、生産性の低下や不祥事の発生につながります。
(出典:全国健康保険協会「健康づくり宣言」

事業拡大だけでなく、健康への配慮も細心の注意を払うようにしましょう。

関連記事:80歳まで働ける仕事とは?65歳・70歳以上の高齢者でも働ける仕事12選

【注意7】資金調達能力より経営能力は必須

7つ目の注意点が「資金調達能力より経営能力は必須」

誰でも一人で独立開業することは可能です。
思い立ったその日から初期費用ゼロで起業することも可能です。

ただしその後、軌道に乗れるかは別次元の話。

つまり、集客・顧客獲得・費用圧縮・利益拡大など。
これら事業を成功に導く「経営能力」の方がはるかに重要だといえます。

そして、経営能力とは戦略(マーケティング)そのもの。
マーケティングスキルなくして一人起業の成功はなしえません。

一人で独立開業に成功したい方は、しっかりマーケスキルを学ぶことをおすすめします。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【注意8】家族の理解や協力なしに成功はあり得ない

そして8つ目の注意点が「家族の理解や協力なしに成功はあり得ない」

家族がいるなら、起業にあたり理解・協力を得ることは重要。
実際、起業で断念する割合が経営知識より高いことが報告されています。

つまり、独立開業は家族の将来にもかかわる行為。
家族や周囲の協力があって始めて、実現するものだといえます。

関連記事:夫婦でできる仕事おすすめ16選【一緒に起業・自営業できる職種を厳選紹介】

まとめ:一人で開業できる仕事のおすすめと一人起業の成功パターン

一人で開業できる仕事のおすすめと一人起業の成功パターンをまとめてきました。

改めて、一人で開業できる仕事のおすすめをまとめると、

一人で開業できる仕事おすすめ15選

  1. Webライター
  2. プログラマー
  3. 動画編集
  4. Webデザイナー
  5. アフィリエイター
  6. 結婚相談所経営
  7. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー
  8. フリーランスエンジニア
  9. フリーランスデザイナー
  10. フリーランスコンサル
  11. ユーチューバー
  12. Webマーケター
  13. インフルエンサー
  14. ライブ配信(ライバー)
  15. ティックトッカー

今では一人で開業できる仕事も多く存在します。
選ぶのに迷うほどの職種、開業ビジネスは無数に存在します。

しかし、すべての開業ビジネスが成功するとは限りません。

一人起業には先人が編み出した成功パターンがあります。
成功パターンを無視して開業しても、失敗に終わるケースがほとんど。

その成功パターンに適したビジネスを一言でいうならば「Webビジネス」

Webを使って集客・セールスをかけて売上を立てる。
商材も在庫を持たない無形商材で、利益率は高い優れたビジネス。

一人で開業できる仕事を探すなら、Webビジネスを意識するのがおすすめです。

とはいえ、スキルなしで始めるのは難しいのが実情。
そのためプロのもとで、スキルや経験を習得し始めるのが賢明です。

今ではWebビジネスを習得するスクールも数多くリリースされています。

おすすめのスクール3社を厳選紹介します。
一人で開業できる仕事で成功したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選