【転職活動がしんどい】上手くいかない5つの原因と3つの対処法とは
疲れた人

「転職活動が上手くいかなくてしんどくなってきた・・・なんで上手くいかないんだろう?原因が分からない。現状の対処法があれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「転職活動がしんどく疲れてきた方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 転職活動がしんどいと感じる5つの原因
  2. 転職活動が上手くいかない時の3つの対処法
  3. 4人に1人は転職に後悔しているデータも
  4. 新卒入社ほど最初の企業は注意深く行うべき

転職活動が初めての方であればほぼ感じる悩みです。
2回目以降でも活動が億劫を感じる方は多いかと思います。

なぜ、しんどくなるのか?感情の変化には必ず理由があります。

この原因を突き詰めて、対処する事でより良い結果を得られる事が出来ます

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「理由となるエビデンスと転職経験者の当ブログ管理人の体験談を踏まえながら解説していきます。」

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職活動がしんどいと感じる5つの原因

早速転職活動がしんどいと感じる5つの原因について解説していきます。

まず、転職活動で「どれくらい疲れた」と感じたかをデータで見てみます。

【転職活動で「疲れた」と感じたことはありますか?】

20代~50代の転職経験者730名に対しアンケートを実施した結果。

実に「ある」と答えた割合は「75%」!
およそ4分の3以上の方が「疲れた」と感じたと回答。

これほどまでになぜ「疲れた」「しんどい」と感じるのでしょうか?

この原因について、主たる理由をまとめていきます。

  • 【原因1】書類&面接通過率が低い
  • 【原因2】転職エージェントとの相性
  • 【原因3】自己分析が不十分
  • 【原因4】企業分析が不十分
  • 【原因5】スケジュールがタイト

【原因1】書類&面接通過率が低い

転職活動の最終ゴールは「内定」を勝ち取る事。
そのためには、書類選考と面接を通過する必要があります。

しかし、この「書類&面接通過率が低い」事が転職活動を疲れさせる主たる原因になっています。

以下データをご覧ください。

【転職活動で一番苦労したことは何ですか?】

全体集計で最も苦労した事は「書類選考通過」で「33%」もの方が回答。

転職活動では、必ず応募企業に対して、履歴書と職務経歴書を出します。
必須書類を出して面接、ではなくこれらの書類を振るいに掛けて合否をまず決めます。

面接にすらいけないもどかしさや辛さ、さらに書類作成にかかった膨大な時間などを鑑みたらしんどさも増える一方です。

関連記事:転職は書類選考の段階でほぼ内定が決まる?【結論と通過率を上げる方法】

【原因2】転職エージェントとの相性

先ほどのデータで「求人情報の収集」も苦労した一つとして回答されています。

ですが、これは自力で行った場合。
「転職エージェント」を利用すれば欲しい求人情報は的確に出してくれます。

そのため、転職エージェントの利用は転職活動を行う上で必須のサービスです。

ただ、注意したいのは転職エージェントも対人です。「転職エージェントとの相性」というものがあります。
この相性が合わない、最悪になってしまうと転職活動の未来に陰りが見え始めます。

転職活動する上で以下のように様々な進め方が想定されます。

・情報だけ受け取って黙々と進めたい方
・エージェントと二人三脚で進めたい方
・転職市況など関連情報も把握して慎重に進めたい方

希望とする進め方が実現出来ればノンストレスです。
しかし、転職エージェントも人なので阿吽の呼吸はそうそうなく、伝えても改善されない場合があります。

その場合は、担当エージェントを変えてもらう、もしくは転職エージェントを別に変える方法を取るのが最適です。

そのためにも転職エージェントは複数登録するのが鉄則です。
私も過去10社利用して転職活動を進めていました。

その中でも特にサービスの質が高かった転職エージェントを3社厳選してご紹介します。
全て無料で会員登録からサービスを利用する事が出来ますので、ぜひ参考にしてください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

【原因3】自己分析が不十分

また、別のデータでは「転職活動で困る事」として以下の情報が挙げられています。

1位:43%「自分のアピールポイントが分からない」
2位:43%「自分の適性が分からない」
3位:39%「自分のやりたい事が分からない」

上位3つは全て「自分」にフォーカスされた結果となっています。

つまり、「自己分析が不十分」であるために転職活動がしんどくなって、自分の首を絞める結果となっています。

自己分析のやり方に不安を覚える方。
キャリア選択に迷いがある方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
なぜなら、一人で迷うより誰かに相談するだけで悩みは解消されることが多々あるからです。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

関連記事:【不安】20代で転職先や仕事が半年も1年も決まらない理由は1つ

【原因4】企業分析が不十分

自己分析と並んで重要なのが「企業分析」

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」という孫子の言葉がある通り、転職活動にも通ずる言葉です。

「敵」とは企業の事。
「己」は転職希望者本人の事。

「企業分析が不十分」だと転職活動という戦に勝つ事は出来ません。

ちなみに大手転職支援サービスの「リクルートエージェント」を利用すれば、「エージェントレポート(AGENT Report)」と呼ばれる独自の企業分析資料を応募企業ごとに頂く事が出来ます。

時間がない方でも優れた洞察力と転職ノウハウが詰まった有益情報を簡単に手に入れる事が出来ます。非常におすすめです。

関連記事:【どこにも採用されない不安と理由】転職が上手く行かない人の特徴と対策3選

【原因5】スケジュールがタイト

在職中に転職活動をする場合、本業との兼ね合いもあって非常に時間的余裕はなくなります。

その上、選考の面接は容赦なく訪れますので、「スケジュールがタイト」になるのは致し方ない事です。

このスケジュール管理が疎かになってしまうと第一志望の企業の選考を落としたり、面接日を間違えたりと。
普段は起こさないようなミスも多発してしまいます。

選考日程は余裕を持って決める事。
そして、転職活動を在職中に行うか、それとも離職後に行うのかも考えた上で取り組む事をおすすめします。

転職活動は「働きながらor辞めてから」どちらが有利かについての情報も以下関連記事でまとめています。合わせてご覧ください。

転職活動が上手くいかない時の3つの対処法

転職活動中の女子

「転職活動がしんどくなる原因が分かったけど、対処法って何かないの??」

ここからは、転職活動が上手くいかない時の3つの対処法について解説していきます。

全ての原因を網羅する対処法になりますので、ぜひ参考にしてください。

  • 【対処法1】提出書類の精度をブラッシュアップする
  • 【対処法2】転職エージェントは複数社登録しておく
  • 【対処法3】転職活動の期日を明確にしておく

【対処法1】提出書類の精度をブラッシュアップする

最も転職活動で疲れる原因の「選考通過」

一般的に応募して書類選考を通過し一次面接に進む確率は『約30%』とのデータも公表されています(※)
(※出典元:マイナビ 転職エージェントの利用で選考通過率・内定率がアップする秘密とは

しかし、書類選考を合格してもその後一次、二次、三次、最終面接で突破しなければ難所はいくつもあります。

最初の関門を突破できなければ、その後の転職活動にも精神的にも大きな影響を与えかねません。
つまり、いかにして書類選考を突破するかが転職活動を攻略するカギとも言えます。

そのためにも「提出書類の精度をブラッシュアップ」する事は非常に重要な作業。

この作業を円滑かつ確度高く行う方法が「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントは書類添削からアドバイスまでサポートの一環として提供しています。
使わない手はありません。また、転職エージェントの添削を受ける事で通過率がアップした情報も公表される程、その優位性は高いです。

私がこれまで利用してきた転職エージェントの中でも特にサポートの質が高い3社を厳選してご紹介します。
担当コンサルタントも人柄がよく、良き相談相手にもなってくれます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【対処法2】転職エージェントは複数社登録しておく

転職エージェントは、転職活動初心者に限らず登録しておきたい必須サービス。
それほど使えます。サポートも充実し、関連サービスも多いため、活動の質が高まります。

転職活動でしんどい原因に「情報収集の難易度」が挙げられていました。

この原因については「転職エージェントを複数社登録」する事で解消されます。

それは、転職エージェントによって得意とする業界や業種、ジャンルが異なる事と保有する求人が基本は被りません。

そのため、特徴ある転職エージェントを複数社登録する事で円滑に情報収集に努める事が可能です。

参考情報として、以下4社は非常におすすめです。

管理部門なら『MS-Japan
ハイクラス転職なら『JACリクルートメント
圧倒的求人数は『リクルートエージェント
コンサルタントの質で選ぶなら『doda

特に管理部門に転職予定の方は『MS-Japan』は求人、担当コンサルタント、サービス内容ともにレベルが高いです。

転職エージェントをその他複数登録のメリットを確認したい方は以下関連記事もご覧ください。
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【対処法3】転職活動の期日を明確にしておく

転職活動のゴールは「内定獲得」です。
そして、活動する以上は「いつまで」完了させるのかの「期日」を設けるのが重要です。

期日のないまま活動しても質も悪い内容にしかなりません。
転職活動に限らず、本業でもタスクは必ず期日を切って動き始めます。

期日が決まって、焦るからこそ「自己分析」や「企業分析」にも力が入ります。

また、どうしても本業との兼ね合いが難しい方は離職後に転職活動を行う方法もあります。
しかし、一般的には「在職中に転職活動を行う」が圧倒的多数(86%)

在職中に行った方がメリットは多いですが、私は退職の旨を伝えて、退職日までに転職活動を進めるハイブリッド型を取っていました。

関連記事:【体験談】転職活動でストレスを感じる3つの理由と原因に対する改善策

4人に1人は転職に後悔しているデータも

転職活動中のしんどい原因に対する対処法を講じるのは大事です。
しかし、内定を勝ち取って転職後の生活にもフォーカスしなければ不幸が待っています。

4人に1人は転職に後悔している何とも悲しいデータが公表されています。

転職関連の口コミ情報を提供する「転職会議」がレポートする内容。

「転職に失敗した」と回答した割合は「26.1%」
精一杯頑張ったのに4人に1人の割合で転職活動が不幸に終わった方々がいます。

この理由として、入社前後のイメージに大きな乖離(ギャップ)が起きているのが主であることが分かりました。

いかに入社のミスマッチを減らすかは企業努力にもよる部分はあります。
しかし、転職者自身の「情報収集不足」と「自己分析の不十分さ」「企業分析の甘さ」が原因であると考察します。

転職活動のゴールは「内定を勝ち取る事」
しかし、人生のゴールは豊かなライフスタイルを得る事です。

少しでも入社前後のギャップを埋めるために、解説した対処法を忠実に実践する事で解消する事が出来ます。

関連記事:【退職で後悔】前の会社・仕事に戻りたい!未練がある時の3つの解決策

新卒入社ほど最初の企業は注意深く行うべき

転職活動に限らず、就職活動でも失敗するケースは多々見受けられます。

以下データをご覧ください。

【もしも、もう一度学生時代に戻れるならば、就活をやり直したいと思いますか?】

実に「53%」もの新入社員が「やり直したい」と回答。

その多くの理由は「会社の印象が悪い方向に変わった」
つまり、入社前後のギャップが最たる原因と言えます。

転職活動に限らず、就職活動も人生のターニングポイントとなる大事なイベント。
疎かにしては某に振る事にさえなります。

参考情報までに、20代の転職・仕事観で重視するポイントは、
「仕事内容」「勤務地」「事業内容」の3つが最上位。

最近の20代男性は「地方勤務」に興味を示すデータも公表されています。
もし、今の職場、会社に不満があって転職を考えている方は、以下関連記事も参考にしてください。

また、「第二新卒」に特化した転職エージェントも存在します。
一般的な転職エージェントを利用するより転職ノウハウが豊富に蓄積されているため、的確なアドバイスを貰う事が出来ます。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代若手・第二新卒におすすめの就職・転職エージェント3選

まとめ:転職活動の成否は事前準備が全て

転職活動が上手くいかない5つの原因と3つの対処法に関する情報をまとめてきました。

改めて、原因とそれに対する対処法をまとめると

【原因1】書類&面接通過率が低い
【原因2】転職エージェントとの相性
【原因3】自己分析が不十分
【原因4】企業分析が不十分
【原因5】スケジュールがタイト
【対処法1】提出書類の精度をブラッシュアップする
【対処法2】転職エージェントは複数社登録しておく
【対処法3】転職活動の期日を明確にしておく

転職活動は何より事前準備は勝敗を決します。
事前準備なくして戦いを挑むのは裸一貫で臨むのと一緒。

また、転職エージェントを利用する事で対処法をより質の高いものに仕上げる事が可能です。

ぜひ、行動から望む、新しい環境を手に入れてください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)