仕事で体力が持たず精神的にも辛く転職を考える方に【苦痛からの解放】
疲れた人

「最近、仕事の疲れが溜まりやすく体力的に持たない・・・精神的にも辛くて転職まで考えてします。転職した方がいいのかな?何か解消方法はない?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「仕事で体力的にも精神的にも持たない方」に向けて、以下の内容で記事・目的はを書いていきます。

  1. 肉体労働以外で体力が持たない原因と対策
  2. 精神的苦痛を解消する3つの方法
  3. 体力的にも精神的にも限界を感じたら取るべき行動は1つ

特に休日しっかり休んだはずなのに週の始めがだるい・・・
どうしても疲れが取れないという経験はありませんか?

当ブログ管理人も月曜日は特に体力的にも辛い時が多いです。
しかし、ある方法を取り入れてからは体力的にも精神的にも辛い状況から楽に過ごす事が出来るようになりました。

この「ある方法」と「苦痛から解放する根本的な解決方法」について詳しく解説していきます!

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

仕事で体力が持たず精神的にも辛く転職を考える方に

はじめに現代の日本社会において、どれくらいの人が仕事に苦しめられているのか。
転職まで考えてしまうほど体力的、精神的苦痛の実態について以下の順番でまとめていきます。

  • 肉体的に辛く辞める人の割合
  • 仕事への不満が精神的苦痛の原因
  • ストレスを放置しても悪化の一途をたどるのみ
  • ストレスからの解放が疲れにくさを手に入れる秘訣

苦しんでいるのはあなただけではありません。
割合を改めて確認する事で現在のライフスタイルが見えてきます。

肉体的に辛く辞める人の割合

まず肉体的に辛く辞める人の割合についてです。

どれくらいの人が肉体的な疲労を理由に仕事を辞めているかご存知でしょうか。

大手人材紹介サービス「doda」の「転職理由ランキング」によると、肉体的につらい理由は「24位」にランクイン。

つまり、肉体的な疲労を理由に辞める人は多くはないという事になります。

しかし、体力の衰えや疲労の蓄積は会社員になってから顕著に感じられる。
その原因は実は「精神的な側面」が大きく影響している事が分かっています。

関連記事:もう何もしたくないし仕事も疲れた←これって怠け?【原因と対処法】

仕事への不満が精神的苦痛の原因

先ほどの「転職理由ランキング」で上位にランクインされた理由が以下の通りです。

1位:14.7%「他にやりたい仕事がある」
2位:11.0%「給与に不満がある」
3位: 9.7%「会社の将来性が不安」
4位: 8.0%「残業が多い/休日が少ない」
5位: 5.3%「専門知識・技術を習得したい」
6位: 4.2%「幅広い経験・知識を積みたい」
7位: 3.6%「土日祝日に休みたい」
8位: 3.6%「U・Iターンしたい」
9位: 3.5%「業界の先行きが不安」
10位:3.4%「市場価値を上げたい」

理由の多くが、仕事への不満や精神的苦痛などストレスが原因となって転職に至ったケースが多く見受けられます。

その理由として、現代社会の社会人は仕事に対して「9割」以上の方がストレスを感じている調査結果が公表されているからです。

【現在の仕事でストレスを感じますか?】

ストレス社会とどのように向き合うか?解消していくかが直近の課題と言えます。

関連記事:もう無理!仕事のストレスが限界で辞めたいあなたに【5つの対策と対処法】

ストレスを放置しても悪化の一途をたどるのみ

しかし、ストレスを放置しても悪化の一途をたどるのみです。

そのまま仕事のストレスを放置していると

・神経失調
・機能失調
・心身症

上記のような鬱などの「心の病」を患ってしまいます。

つまり、疲労が溜まっていると感じる原因は「ストレス」
肉体的疲労と精神的疲労は密接な関係にあり、以下の通り、ストレスが起因となって肉体的疲労を引き起こす原因にもなっています。

脳が緊張している間は、交感神経の働きにより内臓や筋肉が働き続けているため、身体へも疲れがたまっていきます。また、身体や脳の疲れは自律神経のバランスを乱し、精神状態にも影響を与えます。

そして、最終的には仕事だけでなく日常生活にも支障をきたす結果となります。

精神的苦痛からの解放が結果的に体力の衰え、体力が持たないといった症状を解消する根本解決になると言えます。

関連記事:仕事ができない、頭が回らないと悩むあなたに【原因と10の対処法】

精神的苦痛を解消する3つの方法

疲れた人

「体力の衰えの原因がストレスなのは分かったけど、精神的苦痛を解消する方法は何かない?」

ここからは精神的苦痛を解消する3つの方法について解説していきます。

主なストレスの原因に対する解消方法を解説していきます。
ストレスの解消方法については、仕事上のストレスを詳しく解説された「藤元メディカルシステム」を参考にまとめていきます。

【解消法1】認知療法(フラストレーション)

・やりがいを見出せない
・やりたい仕事が与えられない
・入社前後のギャップに苦しむ

特に代表的なストレスの一種。
これらのやりたい仕事に就けない状況に欲求不満を覚えストレスを感じます。

このストレスに対する解消法が「認知療法」

関連記事:やりがいのある仕事ランキングTOP10【理由と見つけ方・探し方】

【解消法2】行動療法(コンフリクト)

・他と比較され卑下される
・社会的に追い詰められる
・周囲の目、声全てが気になる

社会的に評価された欲求が人間にはあります。
しかし、他者との比較から評価されたり卑下される事で葛藤が生まれ、次第に社会的孤立を味わう結果に。

このストレスに対する解消法が「行動療法」

関連記事:仕事・会社で評価されず辞めたいと感じる原因とは【全ては捉え方次第】

【解消法3】生理学的方法(プレッシャー)

・責任ある仕事に押しつぶされる
・人前でのプレゼンが億劫
・大事な商談、打ち合わせ

会社に所属する以上、成果を出さなければなりません。
成果を出す状況は商談やプレゼンだけでなく日常的に追い込まれます。

このストレスに対する解消法が「生理学的方法」

関連記事:責任のない仕事に転職したい!【簡単な見つけ方とおすすめ職業5選】

体力的にも精神的にも限界を感じたら取るべき行動は1つ

ストレスの原因に対する解消方法をご紹介してきました。

解消方法を取り入れても体力的にも精神的にも限界を感じたら今の職場に固執しても一向に快方へは向かいません。

今すぐ「転職」する事をおすすめします。

会社を辞める事は逃げではない

疲れた人

「体力が持たない、ストレスを原因に辞めるなんて逃げてるようで決断に踏み込めない・・・」

退職理由の内容によっては躊躇う方も非常に多くいます。
しかし、どんな理由であれ辞める事は逃げではなく新たな環境を手に入れる大事な行動の第一歩。

あなただけでなく多くの人が苦しみ退職に悩んでいます。
「退職予備軍」と呼ばれる割合は実も5割もいることが調査結果からも明らかになっています。

以下関連記事で情報を詳しくまとめていますので、辞める事に躊躇している方は参考にしてください。

具体的な行動は転職

そして、辞めるにあたって転職先をまずは見つけておく必要があります。
(辞めてから転職活動も可能ですがリスクが高い)

そのために取るべき行動が「転職エージェント」を利用する事です。

転職エージェントはいわば「転職のプロ」
これまでにも数えきれない求職者、転職希望者を求人企業との仲人を果たしたベテランです。

無料面談から内定獲得まで手厚いサポートを受ける事が出来ます。
利用しない手はありません。ぜひ、納得のいく充実した転職活動になることを祈っています。

転職エージェントの登録は複数社可能です。
しかし、個人的には強みが異なる3社に絞って活動するのがおすすめです。

私がこれまで利用してきた転職エージェントの中でも特におすすめの3社をピックアップしましたのでぜひ無料登録から利用してみてください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:無理は禁物で放置も悪化する一方

仕事で体力が持たない、精神的苦痛からの解放に関する情報をまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

・仕事上の体力の衰えの多くはストレスが原因
・ストレスの解消が疲れの快方に繋がる
・苦痛から一向に解放されない場合は転職を選ぶべき

仕事を通して体力が持たないと感じる状況は多々あります。

昔は平気だったのに最近では疲れが溜まりやすくなった・・・
この原因の一つが精神的苦痛の「ストレス」

ストレスを解消させなければ一向に疲れも取れません。

しかし、いくら努力しても快方されない場合は「転職」を選びましょう。

他の誰でもなくあなたの人生です。
今後のライフスタイルや将来性を考えても現職に固執する必要などありません。

退職することは逃げでも恥でもありません。
ぜひ、勇気を出して最初の一歩を踏み出してみて下さい。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)