平日休みの仕事をしたい!おすすめ職業22選【メリット・デメリットも解説】
仕事に悩む人

「平日休みの仕事をしたい!おすすめの職業は?仕事のメリット・デメリットも教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「平日休みの仕事を探して転職・就職したい方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 平日休みの仕事とはどんな職業?
  2. 平日休みの仕事おすすめ職業22選
  3. 平日休みの仕事に就くメリット
  4. 平日休みの仕事に就くデメリット
  5. 平日休みの仕事が向かないなら転職推奨

あなたは、平日に休みたいですか?

であればこのまま記事を読み進めてみてください。
平日休みの仕事にはどんな特徴があるか、理解できます。

平日休みの仕事も経験済みの当ブログ管理人
客観的な情報と体験談から平日休みの仕事を目的別に詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「平日休みの仕事に就くメリット・デメリットについてもまとめていきます。今まさに平日休みの仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

平日休みの仕事とはどんな職業?

おすすめの仕事を紹介する前に。
そもそも平日休みの仕事とはどんな職業なのでしょうか。

平日休みの仕事に就く人の割合や種類についてまとめていきます。

平日休みの仕事に就く人の割合

まず平日休みの仕事に就く人の割合についてです。

曜日ごとでどれくらいの人が働いているか。
本記事では「有償労働」の割合を参考に算出し結果が以下の通り。
(有償労働とは、仕事の時間や内容に応じて報酬が支払われる職業労働のこと。参考:NHK

  • 平日:50.2%
  • 土曜:33.5%
  • 日曜:21.5%

総務省統計局が公表する「社会生活基本調査」
データでみれば平日働いている人のほうが多いことになります。

関連記事:土日休みの仕事といえば?おすすめ職種17選【土日祝休みじゃない業界も紹介】

平日が休みになる仕事の種類と特徴

次に平日が休みになる仕事の種類と特徴についてです。

職業別の曜日に働く割合を確認すると以下のような表になります。

【職業別】休みの曜日(仕事の時間量)平日土曜日曜不定
技能職・作業職18%(8:09)52%(4:24)74%(1:48)25%(-)
事務職・技術職17%(7:56)77%(2:27)86%(1:22)15%(-)
経営者・管理職9%(9:24)79%(2:36)86%(1:56)12%(-)
専門職・自由業・その他27%(6:37)36%(4:34)52%(2:25)47%(-)
販売職・サービス職38%(6:34)29%(4:41)38%(4:02)50%(-)
自営業者28%(6:57)15%(5:09)47%(3:23)38%(-)

(出典:nhk「2015年 国民生活時間調査」

平日の休みが最も多い職業は「販売職・サービス職(38%)」
厚労省の職業分類に照らし合わせて該当する種類は以下のようになります。

平日休みが多い仕事の種類

  • 商品販売の職業
  • 販売類似の職業
  • 営業の職業
  • 家庭生活支援サービスの職業
  • 介護サービスの職業
  • 保健医療サービスの職業
  • 生活衛生サービスの職業
  • 飲食物調理の職業
  • 接客・給仕の職業
  • 居住施設・ビル等の管理の職業
  • その他のサービスの職業

上記の結果となっています。
これらの仕事に該当する、おすすめの職種を次章で紹介していきます!

平日休みの仕事おすすめ職業22選

ここから早速平日休みの仕事おすすめ職業22選についてまとめていきます!

本記事では以下3つの対象者別に情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

会社員向け平日休みの仕事8選

会社員向け平日休みの仕事8選についてです。
まず、おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定します。

おすすめの仕事を選定する条件

  • 会社員の平均年収より高い仕事
    (⇒ 国税庁調べから433万円以上の仕事)
  • 資格・学歴不問で就ける仕事
  • 正社員として就業できる仕事

これら条件に合致するおすすめの仕事が以下の通り。
順番に平日が休みになる理由や仕事の特徴を解説していきます!

会社員向け平日休みの仕事8選

  1. 不動産の営業
  2. 人材紹介の営業
  3. ITコンサルタント
  4. MR(医薬情報担当者)
  5. アカウントプランナー
  6. ウェディングプランナー
  7. 飲食店店員
  8. アパレル販売員

【仕事1】不動産の営業

まず1つ目の会社員向け平日休みの仕事が「不動産の営業」

不動産の営業には以下3つの仕事に大別されます。

  • 不動産賃貸仲介
  • 不動産販売
  • 不動産販売仲介

不動産にかかわる販売や仲介を行う仕事。
そんな不動産業界の定休日は、多くが水曜日になります。

そして個人対応がメインとなる不動産の営業は土日祝が出勤日。
つまり、平日休みとなることが多い代表的な仕事だといえます。

不動産営業の仕事を探したい、転職したい方は営業職領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

実際にワークポートを利用し営業に転職成功した方の口コミが寄せられています。

転職活動中の女子2

「面接の内容について電話でレクチャーをしていただけたこと。受ける企業によって傾向と対策を教えていただけたことがよかった。」(女性・24歳・営業に転職成功)

転職活動に成功

「レスポンスが早い点。企業の採用担当者様とのコミュニケーションが取れている点など、今まで受けた人材紹介サービスで1番だった。」(男性・41歳・営業に転職成功)

ワークポートは転職相談実績は67万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

【仕事2】人材紹介の営業

次に2つ目の会社員向け平日休みの仕事が「人材紹介の営業」

法人営業(RA)やキャリアアドバイザー(CA)など。
人材業界に勤める顧客に対し紹介する営業職のこと。

ビジネスの仕組みは、BtoCであるため土日出勤。
顧客が休日のときに仕事をする職業のため、平日が休みとなります。

そんな人材紹介の営業に転職するなら「マイナビ営業 AGENT」の利用がおすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のサービス!
多くの採用担当者との間に太いパイプを持ち、様々な業界・ジャンルの求人紹介が可能です。

【仕事3】ITコンサルタント

3つ目の会社員向け平日休みの仕事が「ITコンサルタント」

企業の抱える課題をIT戦略から解決する仕事。
ヒアリングから課題を抽出し適切なシステムの導入等を進めます。

そんなITコンサルタントの働き方はクライアント次第。
基本土日祝休みでも、クライアントが土日出勤なら合わせる場合もあります。

つまり、プロジェクトによって平日休みにもなる仕事といえます。

ITコンサルタントの求人を探して転職するなら『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

【仕事4】MR(医薬情報担当者)

4つ目の会社員向け平日休みの仕事が「MR(医薬情報担当者)」

MR(Medical Representative)とは製薬会社に勤める営業職のこと。
医療関係者に自社の薬に関する情報を提供し売上につなげる仕事です。

MRの仕事を探したい、転職したい方なら営業職領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

実際にワークポートを利用し営業職に転職成功した方の口コミが寄せられています。

転職活動中の女子2

「担当の転職コンシェルジュの方が親身になって、一緒に考えてくださった。ホームページのつくりが見やすい(企業情報、URL、メールがすぐに見られる)。」(女性・26歳・営業に転職成功)

転職活動に成功

「レスポンスが早い点。企業の採用担当者様とのコミュニケーションが取れている点など、今まで受けた人材紹介サービスで1番だった。」(男性・41歳・営業に転職成功)

ワークポートは転職相談実績は67万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

【仕事5】アカウントプランナー

5つ目の会社員向け平日休みの仕事が「アカウントプランナー」

広告業界の営業職とも呼ばれるアカウントプランナー。
マスメディアからWebメディアまで、扱う広告は様々です。

顧客ニーズのくみ取りと課題解決のための企画提案。
そのため、アカウントプランナーの仕事はクライアントありきの仕事。

つまり求人にも記載の通り、クライアントの都合で土日出勤は起こりえるということ。

アカウントプランナーに転職したい方は「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

【仕事6】ウェディングプランナー

6つ目の会社員向け平日休みの仕事が「ウェディングプランナー」

結婚を決めたカップルに結婚式をプロデュースする仕事。
新郎新婦の要望をヒアリングし、記憶に残る式をプランニングします。

そんなウェディングプランナーは平日休みの仕事。
顧客となる新郎新婦の対応および結婚式の開催は基本土日祝に実施。

そのため、大型連休も土日もすべて出勤になりやすい職業になります。

ただウェディングプランナーに興味はあるけど何から始めればいいか分からない。
そんな方は「資格のキャリカレ」の無料資料請求から始めるのがおすすめです。

割引やお得なキャンペーンを随時開催中!
最大700日間サポート付きで忙しくもマイペースに資格取得を目指せる人気の通信講座です。

\受講料全額返金&2講座目無料!/
『資格のキャリカレ』公式ホームページはこちら!
【キャリカレの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事7】飲食店店員

7つ目の会社員向け平日休みの仕事が「飲食店店員」

飲食店店員=サービス職の職業。
土日出勤かつ不定休となりやすい平日休みの仕事です。

そんな飲食業界への転職および仕事探しは「フーズラボエージェント」の利用がおすすめです。

飲食業界転職エージェント満足度No.1。
求人数は5万件以上を保有する業界屈指の転職支援サービスです。

【仕事8】アパレル販売員

そして8つ目の会社員向け平日休みの仕事が「アパレル販売員」

アパレル販売員=販売職の職業。
土日出勤かつ不定休となりやすい平日休みの仕事です。

アパレル販売員の仕事に就きたい方は転職サイト「クリーデンス」の利用がおすすめです。

アパレル・ファッション業界においてトップクラスの求人情報。
元アパレル出身者が多く在籍のキャリアアドバイザーが転職まで懇切丁寧にサポートしてくれます。

『クリーデンス』公式ホームページはこちら!
【クリーデンスの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

アパレル未経験の方なら業界トップクラスの転職サイト「リクナビネクスト」の利用がおすすめです。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

女性・主婦向け平日休みの仕事6選

女性・主婦向け平日休みの仕事6選についてです。
まず、おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定します。

おすすめの仕事を選定する条件

  • 時給が平均より高い仕事
    (⇒ 厚労省調べから1,300円以上の仕事)
  • 福利厚生が充実している仕事
  • 時短勤務など働き方の自由度が高い仕事

これら条件に合致するおすすめの仕事が以下の通り。
順番に平日が休みになる理由や仕事の特徴を解説していきます!

女性・主婦向け平日休みの仕事6選

  1. 事務職
  2. 受付
  3. 介護士
  4. コールセンター
  5. データ入力
  6. ベビーシッター・家事代行

【仕事1】事務職

まず1つ目の女性・主婦向け平日休みの仕事が「事務職」

社員の業務をサポートするデスクワーク。
サポート業務がメインになるためノルマも一切なし。

マニュアルも完備され、未経験からでも始められます。

また、事務職最大のメリットが残業時間の短さ。
dodaの調べでは残業時間の少ない仕事1位として紹介されています。

つまり、働き方も柔軟な女性に人気の仕事となります。

20代女性で事務職に転職したい方は『マイナビキャリレーション』の利用がおすすめです。

未経験からでも安心してはじめられる研修制度が充実。
サポート体制も充実し、事務職に就きたい20代女性におすすめのサービスです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』に応募する(無料)
【公式ホームページ:https://mynavi-cr.jp

20代女性以外かつ全国の事務職・管理系求人を探したい方なら転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用がおすすめです。

実際にワークポートを利用し管理系に転職成功した方の口コミが寄せられています。

在宅ワーク

「転職活動全般の注意事項や大切にすべき点を知れたこと。また、希望に沿った企業様を多数ご紹介いただけたこと。」(女性・28歳・経理職に転職成功)

【仕事2】受付

次に2つ目の女性・主婦向け平日休みの仕事が「受付」

社長秘書とも呼ばれる女性に人気の仕事。
中小企業に担当秘書はなく上場企業のみ設けられる場合が多いです。

そんな受付の働き方は会社のビジネス次第。
土日出勤の会社であれば、必然的に平日休みとなります。

そんな受付・秘書への転職を目指したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

秘書をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
業界最大級の12,000件以上の求人を掲載する管理部門特化型エージェントです。

【仕事3】介護士

3つ目の女性・主婦向け平日休みの仕事が「介護士」

介護士の仕事内容は要介護者の介助。
被援助者の心身のケアや身の回りの世話を行います。

そんな介護士はサービス業にあたる職業。
勤務体系も24時間シフト制も取られ、土日対応が基本となります。

介護職関連の仕事探しなら求人サイト「かいご畑」の利用がおすすめです。

介護資格がゼロ円で取得できる「キャリアアップ応援制度」が魅力。
無料の会員登録を行いWEB応募後、来社登録もしくは電話登録で利用できます。

\キャリアアップ応援制度実施中!/
『かいご畑』公式ホームページはこちら!

【仕事4】コールセンター

4つ目の女性・主婦向け平日休みの仕事が「コールセンター」

専門スキル不要で電話の受け答えを行う仕事。
最近では在宅で行えるコールセンターも増えてきています。

働き方の融通も効きやすいため、土日に仕事をすることも可能です。

コールセンターの仕事を探すなら求人サイト「リクナビネクスト」の利用がおすすめです。

転職者の8割が利用する転職決定数No.1の人気求人サイト。
常時5万件の求人を掲載し、「コールセンター」は1500件前後の仕事を扱っています。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

【仕事5】データ入力

5つ目の女性・主婦向け平日休みの仕事が「データ入力」

その名の通りデータを入力するだけの仕事。
マニュアルが完備され、未経験からでも始められて簡単です。

働き方も平日か土日か仕事内容によって選べます。
平日休みをしたくて、土日に働くことも可能な主婦に人気の仕事。

とはいえ、単調な作業が続くため持続力は必須です。
デスクワークが得意、パソコン操作に慣れている人の方が向いています。

データ入力の仕事探しなら「テンプスタッフ」の利用がおすすめです。

事務関連の仕事は業界トップクラスの求人数!
総合満足度&再就業率No.1を獲得する人材紹介最大手が運営の就業支援サービスです。

【仕事6】ベビーシッター・家事代行

そして6つ目の女性・主婦向け平日休みの仕事が「ベビーシッター・家事代行」

依頼主の家に出向き家事を代行するサービス。
家事代行サービスに登録し仕事を請け負うスタイルになります。

BtoCビジネスであるため、基本土日に仕事が増えます。

また特別なスキルも経験も不要。
家事に関わる仕事はマニュアルが完備され、初心者からでも始められます。

数ある家事代行サービスの中でも「CaSy」の登録がおすすめです。

時給が1450円~1750円と高く手厚いサポートを完備。
週1回2時間からなど働きたい時に働けるワークライフも魅力の一つです。

平日に限らず自ら休日を選べる仕事8選

そして平日に限らず自ら休日を選べる仕事8選についてです。

「自由に休みを選択できる仕事」=「自営業者」
国民生活時間調査からも自営業者は自由度の高い働き方だといえます。

そんな自営業者におすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定します。

おすすめの仕事を選定する条件

  • 会社員の平均年収以上を稼げる仕事
    (⇒ フリーランス白書調べより高収入な職種)
  • 初心者からでも始められる仕事
  • スキルや経験次第で高収入も実現可能な仕事

これら条件に合致するおすすめの仕事が以下の通り。
順番に平日が休みになる理由や仕事の特徴を解説していきます!

平日に限らず自ら休日を選べる仕事8選

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. ブロガー
  4. 結婚相談所経営
  5. フリーランスエンジニア
  6. フリーランスコンサル
  7. フリーランスデザイナー
  8. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

【仕事1】Webライター

まず1つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは扱うのがおすすめです。

完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
隙間時間に作業できるとあって、土日の週末でも自由に働けます。

Webライターの仕事探しなら「クラウドワークス」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】動画編集

次に2つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

完全在宅でできる仕事かつ未経験も挑戦できます。
そのため、平日休みをとっても土日に働いても個人の自由。

そんな動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただ、スキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しい。
しっかり経験とスキルを身につければ、フリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講がおすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【仕事3】ブロガー

3つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「ブロガー」

Webメディアを運営し広告収入を得るビジネス。
在宅かつ未経験からでも始められる手軽なビジネスといえます。

つまり、完全一人で働く時間も自由に設計できるビジネスだということです。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがあり、累計報酬は1,000万円を超えています。

ブロガーに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし自由とはいえ、成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事4】結婚相談所経営

4つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「結婚相談所経営」

結婚を望む男女を成婚に導く仕事。
社会的意義や社会貢献性の高い、起業にも人気のビジネスです。

そんな結婚相談所の運営は土日祝がメイン。
顧客となる会員の活動は休日にあたる週末に集中します。

さらに結婚相談所の経営には加盟選びが重要。
なぜなら、スムーズな起業には必要不可欠だからです。

特におすすめが「IBJ
おすすめの理由は以下の通り、一人でも起業できる実績にあります。

IBJが起業におすすめな理由

  • 事務所などの初期設備投資・準備が不要だから。
  • システムや必要書類が準備されているから。
  • 全国7.4万人以上の会員基盤があり、自社会員が一人でも事業が始められるから。

(出典:IBJ「独立開業・起業前のサポート」

つまり、加盟から最短1ヶ月程度で事業を始められるということ。
粗利率は90%以上!高収入も実現可能な起業初心者にも人気の仕事になります。

【仕事5】フリーランスエンジニア

5つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「フリーランスエンジニア」

企業や個人が発注する開発案件をエージェント経由で受注。
仕様書の通りに開発し、期日までに納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、自由度が高い仕事。
スキル次第で高収入も狙える、完全在宅ワークも可能な仕事です。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験からフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、クライアントは経験者から優先的に発注する傾向にあるから。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事6】フリーランスコンサル

6つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「フリーランスコンサル」

企業への助言業を行うフリーのコンサル業務。
主な仕事は、企業が抱える問題に対し課題解決を提案します。

フリーランスコンサルも働き方はクライアント次第。
土日勤務の会社であれば、平日休んで土日に対応する形になります。

フリーランスコンサルになるには、まずエージェント登録が必要です。
(コンサル経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、コンサル経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

【仕事7】フリーランスデザイナー

7つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「フリーランスデザイナー」

デザイン業務を企業や個人から受注し作業する仕事。
家にいながらスキマ時間も活用し、マイペースに取り組めます。

フリーランスデザイナーの仕事を探すなら「レバテッククリエイター」の利用がおすすめです。

ただしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える転職サポート付きの優れたサービスです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事8】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

そして8つ目の平日に限らず自ら休日を選べる仕事が「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」

配達を請け負うのがUber Eats 配達パートナー。
システム上に注文が入れば店舗に出向き、商品を受け取ってデリバリーするシンプルな仕事。

そんなUber Eats 配達パートナーの雇用形態は個人事業主。
そのため、公式サイトにも掲載の通り「自由な働き方」が可能です。

初期投資は、配達バッグと配達手段(自転車など)の準備程度。
低コストで始められるため、副業として始める方も多いほど人気の仕事です。

Uber Eats 配達パートナーを始めるにはパートナー登録が必要です。

自転車や原付バイクで注文者の元に料理をお届けするUber Eats 配達パートナー。アプリをオンラインにするだけで好きな時に稼働でき、週単位で収入を得ることが可能です。

平日休みの仕事に就くメリット

ここまで平日休みの仕事の種類やおすすめについて解説してきました。

仕事に悩む人

「仕事の種類は分かったけど、平日休みの仕事に就くメリットは何?仕事選びの参考にしたい!」

ここでは平日休みの仕事に就くメリットについてまとめていきます。

【メリット1】出先が混雑していない

まず1つ目のメリットが「出先が混雑していない」

テーマパークやお祭り、催し物など。
土日祝の休みに出掛けるため、平日は混んでません。

また平日の満員電車の時間帯も避けることは可能。
少し過ぎた時間帯の電車に乗れば、満員電車のストレスからも解放されます。

ちなみに、独身女性の休日の過ごし方で特に多いのは「買い物」
(出典:TESCOM「予定がない日の充実した過ごし方」

休日一人で過ごせるとあって、平日休みは支持を集めています。

関連記事:満員電車のストレスは不快指数80超え?【解消法と苦痛から脱出する方法】

【メリット2】観光施設の料金が安い

次に2つ目のメリットが「観光施設の料金が安い」

現在「ダイナミックプライシング(価格変動制)」の導入がテーマパークで広まっています。
日本での先駆けともいえる「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」でもニュースとなりました。

目的は混雑緩和と顧客満足度向上。
そのため、平日は入園料が安くなる傾向にあります。

さらに高速道路の使用料も平日は安いです。
つまり、観光名所および交通手段は平日のほうが安いというメリットがあります。

関連記事:ノマドワーカーに適した職種12選と向いてる人の特徴【スキルなし未経験も厳選紹介】

【メリット3】行政手続き等がスムーズ

3つ目のメリットが「行政手続き等がスムーズ」

役所や銀行、病院、各省庁での手続き。
本手続きは平日の営業時間内に行う必要があります。

月に数回土曜開庁がありますが、基本混雑します。
そのため、平日休みなら手続きがスムーズだというメリットもあります。

関連記事:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

【メリット4】夫婦交代で育児ができる

4つ目のメリットが「夫婦交代で育児ができる」

共働き世帯でどちらも土日休みの場合。
必然的に子供がいれば、保育園など預ける必要が出てきます。

しかし、平日休みであれば夫婦交代で育児することも可能。
ライフイベントの選択肢を増やすメリットがあるといえます。

関連記事:夫婦でできる仕事おすすめ16選【一緒に起業・自営業できる職種を厳選紹介】

【メリット5】平日なら基本休みたい時に休める

5つ目のメリットが「平日なら基本休みたい時に休める」

平日休みとなる職業の多くは「販売職・サービス職」
調査からも分かる通り、休みは「不定」が半数の割合を占めています。

つまり、シフト勤務者が多いということ。
働きたい日、休みたい日を柔軟に選択できるメリットがあります。

関連記事:風の時代に適した仕事とは?おすすめ職業18選【仕事辞める時期や探し方】

【メリット6】出勤する社会人を見て優越感に浸れる

そして6つ目のメリットが「出勤する社会人を見て優越感に浸れる」

ごく一部のメリットかもしれません。
平日の朝、出勤する時間帯で優雅にスタバでコーヒー。

出勤する会社員を横目に、平日休み者はコーヒーを飲む。
平日に出勤する人が多いからこそ、味わえる優越感だといえそうです。

関連記事:旅をしながら日本中を回る仕事18選【旅行好き・旅人に飛び回る職業を厳選紹介】

平日休みの仕事に就くデメリット

メリットがあれば当然デメリットもあり。
次に平日休みの仕事に就くデメリットについてもまとめていきます。

【デメリット1】土日休みの人とスケジュールが合わず孤独

まず1つ目のデメリットが「土日休みの人とスケジュールが合わず孤独」

落ち込む人

「平日休みの仕事に就いてしまった新入社員です。周りと休みが合わずとても暇です。毎日孤独で辞めたいと思ってしまいます。」
引用: Yahoo!ちえぶ「職場の悩み」

口コミの通り、平日休みだと孤独になりがち。
なぜなら、日本の会社員は土日祝休みが多いから。

一人で休みを過ごすことに抵抗がない方は、何ら問題なし。

しかし、休みこそ誰かと過ごしたい!
出掛けたい!と考える人にとっては苦痛な休日となります。

関連記事:【体験談】地方勤務は辛く孤独!辞めて転職活動時に注意したい3つの事

【デメリット2】イベントは基本土日祝の開催で参加できない

2つ目のデメリットが「イベントは基本土日祝の開催で参加できない」

  • アーティストのライブやコンサート
  • 子供のお遊戯会や授業参観
  • 展示会や主要な見本市

これらイベントも基本的には土日祝の開催。
平日休みであれば、参加することは難しくなります。

イベントを重視したい方にとって、平日休みはデメリットが大きいといえます。

関連記事:オタクに向いてる仕事10選【趣味を優先できるオタ活しやすいおすすめ職業】

【デメリット3】ゴールデンウイークなど連休を取りづらい

3つ目のデメリットが「ゴールデンウイークなど連休を取りづらい」

平日休みの多い販売職・サービス職にとって連休は書き入れ時。
ゴールデンウイークなどの大型連休は特に売上を大きく左右するイベントといえます。

つまり、平日休みの労働者にとって連休の出勤は当たり前。
まず休める期待は捨てて、仕事に打ち込む覚悟を持った方がよいでしょう。

ゴールデンウイークに遊びたい方は、平日休みの仕事は不向きです。

関連記事:仕事のストレスで会社を辞めたい新卒へ【対処法と円満退社の秘訣】

【デメリット4】家族、恋人とのすれ違いが起きやすい

4つ目のデメリットが「家族、恋人とのすれ違いが起きやすい」

デメリット1をより発展させたデメリットです。
休みが合わせづらいとコミュニケーションの回数も減ります。

結果何が起こるか?それはすれ違い。
恋人なら破局といった最悪のシナリオが待っています。

関連記事:彼女や彼氏のための転職は危険【その理由と考えるべき3つのポイント】

【デメリット5】育児から解放されづらい

そして5つ目のデメリットが「育児から解放されづらい」

メリットではあるもののデメリットと表裏一体。
保育園に預けず、平日も育児をすればプライベートもすべて育児。

すべての時間を育児に捧げることになり、解放されることはありません。

関連記事:小さい子供がいても働ける仕事15選【赤ちゃんがいてもできる仕事を厳選紹介】

平日休みの仕事が向かないなら転職推奨

平日休みの仕事に向いてる人

  • 接客関連の仕事に就きたい人
  • 独身または基本一人で行動したい人
  • 個人向け(BtoC)のビジネスをやりたい人

平日休みの仕事に向いてない人

  • 休日は絶対暦通りに休みたい人
  • 接客・サービス業だけは避けたい人
  • 法人向け(BtoB)の仕事に就きたい人

仕事には必ず向き不向きがあります
向かない仕事に就いても、得られるものは少ないです。

平日休みの仕事が向かないなら転職推奨します。

働き方の選択肢は、平日休みの仕事だけではありません。
土日休みの仕事に転職で環境を変えることは十分可能です。

後は行動するかしないか。
あなたが勇気を出して、決断できるか次第です。

大事なのはライフスタイルに合った働き方を選ぶこと

「土日休みと平日休み、どちらがいいか?」
この問いに対し、7割以上が「土日休みがいい」と回答しています。

世論は土日休みに軍配が上がっています。

とはいえ、平日休みと土日休みではどっちがいいか?
はっきり言って、二者択一の問いなどどうでもいいことです。

大事なのはライフスタイルに合った働き方をあなた自身が選ぶこと、これに尽きます。

関連記事:なってよかった職業ランキングTOP10!男性・女性が就いてよかった仕事を厳選紹介

仕事を探す時は転職のプロに相談するのが賢明

ではどうすれば自分に合った働き方は見つかるのか?
最適解は、その道のプロにアドバイスもらって最終的に判断することです。

つまり、仕事を探す時は転職のプロに相談するのが賢明です。

転職のプロとは「転職エージェント」のこと。
転職エージェントに相談すれば、最適な求人を紹介してくれます。

あなたが理想とする働き方に適した企業は何か?教えてくれます。

求人の紹介だけでなく転職活動時のサポートが充実。
書類添削、面接対策、企業分析に年収交渉までサポートもらえます。

内定獲得まで利用はすべて無料。
利用しない理由はどこにもない、転職活動には必須のサービスです。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

向いてる仕事が何か分からない時は自己分析必須

ただし、向いてる仕事が何か分からない時は自己分析必須です。

  • 仕事の向き不向きが分からない
  • 強みや弱みが客観的に把握できない
  • 将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている

自己分析とは己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

そんな方は「プロのキャリアコーチング」に相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで、悩みは解消されることが多々あります。

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:平日休みの仕事のおすすめと職業上のメリット・デメリット

平日休みの仕事のおすすめとメリット・デメリットをまとめてきました。

改めて、22個の平日休みの仕事おすすめ職業をまとめると、

平日休みの仕事おすすめ職業22選

  1. 不動産の営業
  2. 人材紹介の営業
  3. ITコンサルタント
  4. MR(医薬情報担当者)
  5. アカウントプランナー
  6. ウェディングプランナー
  7. 飲食店店員
  8. アパレル販売員
  9. 事務職
  10. 受付
  11. 介護士
  12. コールセンター
  13. データ入力
  14. ベビーシッター・家事代行
  15. Webライター
  16. 動画編集
  17. ブロガー
  18. 結婚相談所経営
  19. フリーランスエンジニア
  20. フリーランスコンサル
  21. フリーランスデザイナー
  22. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

とはいえ、転職するにしてもどんな仕事が向いてるのか。
仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選