年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10【男女お金を稼げる職業とは】
お金を稼ぐ女性

「年収1000万円以上の稼げる仕事をしたい!お金を稼げる職業ってなに?稼げる仕事には特徴はあるのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「年収1000万円以上の稼げる仕事を見つけて転職・就職したい方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10
  2. 女性に特におすすめの稼げる仕事5選
  3. 目的別の稼げる仕事おすすめランキング
  4. お金をめちゃくちゃ稼げる仕事の特徴とは
  5. 稼げるけどおすすめしない仕事3選
  6. 稼げる仕事を見つけるための具体的戦略
  7. 稼げる仕事に就くために行うべき有効な対策
  8. お金を稼ぎたいなら取り組むべき10のこと

当ブログ管理人も年収1,000万円プレーヤー。
本業だけでなく副業でもお金を稼いでいます。

実践者だからこそ分かる「本当に稼げるおすすめの仕事」
そして、一般的な給与以上を稼げる仕事には共通した特徴があります。

実体験と客観的なエビデンスを交えながら稼げる仕事をランキング形式でご紹介していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「稼げるけどおすすめしない仕事も合わせて解説していきます。今まさにお金を稼げる仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。」

年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10

【所得金額階級別世帯数の相対度数分布】

まず「稼げる仕事」とはいくら以上のことを指すのでしょうか。

世帯当たりの所得の中央値は上図から「437万円」
会社員の平均年収は国税庁公表の資料をみると「436万円」

平均およびボリュームゾーンともに400万円台が一般的のようです。
つまり、年収1,000万円以上の仕事は客観的にみても十分稼げる職業だといえます。

本記事では「稼げる仕事」=「年収1,000万円以上の仕事」と定義。
年収1000万円以上の稼げる仕事をランキング形式でまとめていきます!

さらにおすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定。

稼げる仕事の選定条件

  • 資格不要で稼げる仕事
  • 学歴不問で稼げる仕事
  • 男女関係なく稼げる仕事

これらの条件に合致した「年収1000万円以上の稼げる仕事」をご紹介していきます。

1位:Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

巣籠需要で人材需要も高まる「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」

フードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)
この配達業務を請け負うのが、Uber Eats 配達パートナーの仕事。

システム上に注文が入れば店舗に出向き、商品を受け取ってデリバリーするシンプルな仕事です。

そんなUber Eats 配達パートナーの報酬体系は基本料金+インセンティブ。
(具体的には報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

中には月収100万円も超える強者もいるほど稼げる仕事です。
(出典:abema times「ウーバーで最高月収100万超のリアル」

これほど稼げる最たる理由は市場の拡大。
日本だけでなく世界的にもデリバリー市場は拡大傾向にあります。

また最近では、「可愛すぎるUber Eatsガール」が話題を呼んでいます。
つまり、男女関係なく年収1000万円以上稼げる仕事の一つだといえます。

Uber Eats 配達パートナーを始めるにはパートナー登録が必要です。

自転車や原付バイクで注文者の元に料理をお届けするUber Eats 配達パートナー。アプリをオンラインにするだけで好きな時に稼働でき、週単位で収入を得ることが可能です。

2位:結婚相談所経営

結婚相談所を開業・運営する「結婚相談所経営」

結婚を望む男女を成婚に導く仕事。
社会的意義は高く、低コストで始められる収益性の高い仕事です。

そんな結婚相談所の売上と内訳は以下の通り。

  • 入会初期費用 150,000円(月3名)
  • 月会費 300,000円(月30名)
  • お見合い費 150,000円(月30名)
  • 成婚費 200,000円(月1名)
  • ブライダル関連 100,000円(月1名)

上記モデルケースで月90万円の売上。
年1,000万円以上を稼げるようになります。

決して難しい数字ではありませんが、大きく稼ぐには条件があります。

それは、結婚相談所の経営には加盟店選びが重要。
なぜなら、開業にあたってすべて一人で準備するのは難しいから。

特におすすめの加盟店が「日本結婚相談所連盟
おすすめの理由は以下の通り、連盟の仕組みにあります。

日本結婚相談所連盟に加入するおすすめの理由

  • 事務所などの初期設備投資・準備が不要だから。
  • システムや必要書類が準備されているから。
  • 全国7.4万人以上の会員基盤があり、自社会員が一人でも事業が始められるから。

(出典:日本結婚相談所連盟「独立開業・起業前のサポート」

つまり、完全未経験からでも事業を始められるということ。
加盟から最短1ヶ月程度で、結婚相談所を始めることも可能です。

粗利率は90%以上!在庫を持たず、高収入も実現可能な社会貢献性の高い仕事になります。

3位:ITエンジニア

DXやIoTなどのシステム開発を担う「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム基盤を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の進歩もITエンジニアが携わる重要な産業です。

そんなITエンジニアは今後も需要が高まる仕事の一つ。
デジタル化の流れは強まり、2030年に79万人のIT人材が不足すると政府が試算しています。

その結果、採用ニーズが高まり収入も高騰。
実際、開発言語別の年収をみても上位10はすべて1,000万円を超えています。
(出典:ビズリーチ「プログラミング言語別年収中央値を発表」

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が最もおすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが全面バックアップ!
全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで幅広く揃える人気の転職エージェントです。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

4位:フリーランスエンジニア

会社に属さずフリーで活動する「フリーランスエンジニア」

案件を企業や個人から受注し開発する仕事。
仕様書の通りに開発し、期日までに納品すれば取引成立となります。

そんなフリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べでは「700~1,000万円」

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう。
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

5位:外資系コンサルタント

企業の抱える課題に問題解決を担う「外資系コンサルタント」

企業は大なり小なり日夜課題と戦っています。
経営上の課題をあぶり出し、解決まで導くのがコンサルの役目。

そんな外資系コンサルの年収の多くが1,000万オーバー。
世界的に有名な外資コンサル企業の平均年収は以下の通りとなります。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー:1,800万円
  • ボストン コンサルティング グループ:1,800万円
  • べイン・アンド・カンパニー:1,900万円
  • アクセンチュア:900万円

コンサルに興味がある、コンサルに転職したい方は『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

6位:商社の営業

商社に勤務する営業職の「商社の営業」

顧客獲得、マーケット分析、仕入先確保など。
商社の営業マンが行う業務は多岐にわたります。

大手総合商社となれば年収は1,000万円オーバー。
伊藤忠商事で働く従業員の平均年収は1,600万円を超えています。
(出典:伊藤忠商事「有価証券報告書」

そんな商社の中でも営業職は年収が高い職業の一つ。
売上を立てる重要な部署であり、20代にして1,000万円プレーヤーも多くいます。

商社など大企業の営業に転職したい方は「マイナビ営業 AGENT」の利用がおすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のサービス!
多くの採用担当者との間に太いパイプを持ち、様々な業界・ジャンルの求人紹介が可能です。

7位:不動産の営業

不動産の売買や仲介を担う「不動産の営業」

不動産の営業には以下3つの仕事に大別されます。

  • 不動産賃貸仲介
  • 不動産販売
  • 不動産販売仲介

不動産にかかわる販売や仲介を行う仕事。
年収も務める会社によって年収1,000万円も夢ではありません。
(出典:OPEN HOUSE「不動産営業社員の平均年収を解説」

不動産営業の仕事を探したい、転職したい方は営業職領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

8位:M&Aアドバイザー

M&Aの仲介・アドバイスを行う「M&Aアドバイザー」

企業からのM&A案件に対しアドバイスを行う仕事。
高度な専門性と経験を活かし、企業の利益最大化を図ります。

そんなM&Aアドバイザーの年収は以下の通り。
外資系企業となれば、5,000万円以上稼げる高年収職業として有名です。

  • 日系証券会社の投資銀行部門:900万円~1,600万円
  • 外資系投資銀行:1,200万円~1,800万
  • Big4会計事務所のM&Aアドバイザリー:500万~800万
  • 独立系M&Aアドバイザリー:2,063万円
  • M&A仲介業者:2,478万円

M&Aアドバイザーの仕事探しなら専門職領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

9位:アフィリエイター

個人で広告ビジネスを運用する「アフィリエイター」

アフィリエイト広告をWebコンテンツに掲載しユーザー訴求。
広告のサービス・商品が成約に至れば報酬は得られる広告ビジネスです。

アフィリエイターの特徴は、会社に属さず個人で取り組める点。
そのため、完全在宅かつ自分のペースで仕事を完結させられます。

当ブログ管理人もアフィリエイターの一人。
10年以上のキャリアがありこれまでの累計報酬は1,000万円を超えています。

アフィリエイトに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、稼げるとはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、アフィリエイト運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらに運営にあたってWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

10位:漁師

日本の代表的な1次産業の一つ「漁師」

漁師になるのに学歴や職歴は不要。
特別な資格も不要で未経験からでも始められます。

そして何より驚きは漁師の年収。
一部の漁師の年収が1,000万円を超える村もあります。

例えば、ホタテで有名な「猿払村」
先日テレビでも話題になりましたが平均年収は「813万円」

それもそのはず全国の自治体の中で3位の高さを誇ります。
(出典:AERA dot「東京じゃない!?年収ランキング3位は北海道の“村”だった」)

一念発起して漁師になり、年収1000万円以上の高収入も夢ではありません。

関連記事:肉体労働でおすすめの仕事10選と選ぶメリット【向いてない人の特徴も解説】

女性に特におすすめの稼げる仕事5選

ここでは女性に特におすすめの稼げる仕事5選をまとめていきます。

男性と違い女性優位の仕事はあります。
年収1,000万円以上も夢ではない稼げる仕事をご紹介していきます!

女性に特におすすめの稼げる仕事5選

  1. ユーチューバー
  2. ライバー
  3. ティックトッカー
  4. バーチャルユーチューバー(VTuber)
  5. インフルエンサー

1位:ユーチューバー

YouTube上に動画コンテンツを配信する「ユーチューバー」

動画の企画・撮影・編集・配信を行う仕事。
動画編集は編集までが仕事ですが、ユーチューバーは配信まで行います。

最近では有名人の参入も目立つ熱い市場。
実際、有力チャンネル数および市場規模は年々増加傾向にあり。

今後も需要増が期待できる将来性あるマーケット。
かつ女性特有の強み(感性)も活かせる女性向けの仕事ともいえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

ユーチューバーになるには、まず動画編集のスキルが必須。
スキル習得なら未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講がおすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』にまずは無料で体験する
【公式ホームページ:https://shelikes.jp

2位:ライバー

視聴者とネットを介してリアルタイムにつながる「ライバー」

ライブ配信とは、リアルタイムに映像を配信するサービス。
ライバー(配信者)とリスナー(視聴者)のプラットフォームを介して繋がれます。

ライバーがリスナーに対して映像を配信。
映像を視聴するリスナーは投げ銭などを使いライバーを応援。

この関係構築がライバーの生計を支えています。
そして、ユーチューバーとの違いはコミュニケーションの扱い方にあります。

インフルエンサーは一方向完結の画像投稿者。
それに対しライバーは、双方向でリアルタイムに繋がれる。

ライブでコミュニケーションが取れることは特徴の一つとなります。

関連記事:人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選【人前で話す正社員の仕事も紹介】

3位:ティックトッカー

動画配信アプリ「TikTok」を使って投稿する「ティックトッカー」

ティックトッカーの収入源は企業案件。
企業のタイアップ案件を扱って広告収入を得るビジネスです。

そのため、一切の初期投資も費用もかけずに始められます。

必要なのは、影響力とマーケティングスキル。
フォロワー数だけでなくマーケティング能力も求められる仕事です。

関連記事:【スキマ副業】隙間時間で稼ぐ副業16選!主婦・サラリーマン向け小遣い稼ぎ方法

4位:バーチャルユーチューバー(VTuber)

二次元キャラクターとしてYouTube活動を行う「バーチャルユーチューバー(VTuber)」

初耳の方も多いかと思いますが、どれくらい稼げるのか?

例えば、人気VTuberの鈴原るる氏。
彼女のラスト配信動画にわずか2時間で1,000万円以上の投げ銭が贈られたようです。
(出典:livedoor「VTuber鈴原るる引退で「大量投げ銭」わずか2時間で1000万円超」

つまり、時給換算すると500万円になります。
年収ではなく時給500万円です、末恐ろしい仕事ですね。

その時給500万円(2時間で1,000万円以上の投げ銭)の動画がこちら。

関連記事:あまり知られていない職業18選【ニッチな仕事・特殊な仕事を紹介】

5位:インフルエンサー

特定の分野で影響力を持つ人のことを指す「インフルエンサー」

インスタやTwitterなどのSNS上で影響力を持つ人物。
広告効果が大きく、企業も熱視線をおくる職業の一つとなります。

インフルエンサーの収入源は主に「広告収益」
企業とのタイアップや寄稿に対し、フォロワー数に応じて収益も上下します。

そんなインフルエンサーはどれくらい稼いでいるのか?
モテクリエイターで有名なゆうこす氏の月商は1,000万円超え。
(出典:modelpress「ゆうこす(菅本裕子)、月商1000万超えを告白 主な収入源も明かす」

年商に換算すれば1億は超える計算になります。
ニューノーマルな働き方をしたい女性の方に適した仕事だといえそうです。

関連記事:ノマドワーカーに適した職種12選と向いてる人の特徴【スキルなし未経験も厳選紹介】

目的別の稼げる仕事おすすめランキング

目的別の稼げる仕事おすすめランキングについてもまとめていきます!

本記事では以下5つの目的別に情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

パソコンを使った稼げる仕事ランキングTOP5

まずパソコンを使った稼げる仕事ランキングTOP5は以下の通り。
順番に仕事内容とおすすめの転職支援サービスをまとめていきます。

パソコンを使った稼げる仕事ランキングTOP5

  1. Webデザイナー
  2. AIエンジニア
  3. 社内SE
  4. Webマーケター
  5. ゲームクリエイター

1位:Webデザイナー

Webメディアのデザインを制作する「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

そんなWebデザイナーの特徴は実力主義の世界。
スキル重視型で学歴関係なく成果物で評価される仕事です。

つまり、スキル次第で高収入も実現可能な専門性の高い職業の一つだといえます。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのエージェントサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

2位:AIエンジニア

AI・機械学習の開発に充実するエンジニアが「AIエンジニア」

エンジニアの需要は年々増加傾向にあります。
その中でも際立って需要が高いのが「AIエンジニア」

需要の高まりの背景にはAI活用の普及があります。
AIの導入状況をみると、2018年に比べて2020年は倍の『38.3%』まで増加すると予想。
(出典:三菱総合研究所「AI普及に欠かせない利用者個人のリテラシー」

また経産省公表の資料を見ても人材需要の高まりは明らかです。
AI人材の需要は、2018年の4.4万人から2030年には24.3万人まで拡大する見通し。

つまり、将来性のある仕事の一つがAIエンジニアだということ。
需要が増加すれば、収入もスキル次第で右肩上がりに増えるのは言うまでもありません。

開発経験者でAIエンジニアに転職したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のエンジニア求人を掲載するエンジニア専門エージェント。
20万人以上が利用し、うち約77%が年収アップに成功する優れた実績を誇ります。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『レバテックキャリア』に今すぐ無料登録する
【公式ホームページ:https://career.levtech.jp

エンジニア転職にあたっての不安や転職するメリットは何か?
事前に情報を確認したい方は、現役エンジニアに個別の無料相談サービスの利用がおすすめです。

おすすめは経験豊富な約1,000名の現役エンジニアが在籍する「TechAcademy(テックアカデミー)

どんな質問でもマンツーマンでOK。
悩みや不安は相談するだけでも解消されることは多々あります。

3位:社内SE

自社システムに関する保守・運用等を行う「社内SE」

社内SEの仕事は自社システムに関する業務がメイン。
具体的には、カスタマーサポートや保守・運用など自社システムの管理を行います。

そんな社内SEの顧客は、社内の従業員が対象になります。
客先常駐SEと違い厳しいノルマも理不尽な顧客対応も発生しません。

また社内SEは他のエンジニア職に比べて残業時間が短いのも特徴あり。
(出典:「社内SEの残業について」

つまり、WLBが取りやすく専門スキルも磨ける職業の一つといえます。

社内SEに転職したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

社内SE求人紹介は1人あたり「58件」
人材紹介大手が運営するエンジニア転職特化のエージェントサービスになります。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

4位:Webマーケター

企業の商品やサービスに関するマーケ施策を担う「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
Webメディアを活用しプロモーション戦略からブランディング構築まで担います。

Webマーケターの人材価値が上昇する背景にはWebマーケティングの重要性にあります。

今までのマーケティング手法で用いられていたのは「AIDMA」
しかし今では、ネットの普及によりSearch(検索)とShare(共有)を考慮したい「AISAS」

つまり、Webマーケティングは企業のマーケ戦略に欠かせない施策。
かつ年収水準もWeb系職種のなかでは特に稼げる仕事の一つだといえます。
(出典:AI drops「Webマーケターとは?」

Webマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

5位:ゲームクリエイター

ゲーム開発に携わる「ゲームクリエイター」

ゲームクリエイターとは主に以下の職種を指します。
「ゲームエンジニア」「ゲームプランナー」「ゲームシナリオライター」「サウンドクリエイター」

ゲーム開発の企画から制作までを担える仕事。
つまり、ゲーム好きにとっては天職ともいえる仕事になります。

ゲームクリエイターに転職したい方は「G-JOBエージェント」を利用するのがおすすめです。

ゲーム業界転職で信頼できるコンサルタントNo.1を獲得。
企画職をはじめ、幅広い職種の求人・企業情報を取り扱います。

主婦におすすめの稼げる仕事ランキングTOP5

次に主婦におすすめの稼げる仕事ランキングTOP5は以下の通り。
順番に仕事内容とおすすめの求人サイトをまとめていきます。

主婦におすすめの稼げる仕事ランキングTOP5

  1. Webライター
  2. フリーランスデザイナー
  3. 動画クリエイター
  4. 在宅コールセンター
  5. オンラインアシスタント

1位:Webライター

Webメディアのライティングを担当する「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

ライティングの仕事は、得意なテーマや書いてみたいジャンルを自由に選べます。

なので完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
隙間時間にも作業できるとあって、主婦にも人気を集めています。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

2位:フリーランスデザイナー

会社に属さずフリーで活動する「フリーランスデザイナー」

デザイン業務を企業や個人から受注し作業する仕事。
在宅勤務も可能で、多様な働き方を実現したい女性におすすめです。

そんなフリーランスデザイナーの需要は年々増加。
なぜなら、コロナ禍で外出は減りECの市場規模が伸びているから。

結果EC事業に携わるデザイナーの需要も増えています。
実際、豊富なスキルや経験を持つデザイナーなら1,200万円以上稼いでいる方もいるほど。
(出典:Workship「女性フリーランス10人に聞いた!人気の職業と仕事のリアル」

フリーランスデザイナーの仕事を探すなら「ITプロパートナーズ」の利用が最もおすすめです。

週2~3日から働ける案件や副業案件を多数保有。
働きやすい柔軟案件を揃えるフリーランスエージェントサービスです。

『ITプロパートナーズ』公式ホームページはこちら!
【ITプロパートナーズの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える転職サポート付きの優れたサービスです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

3位:動画クリエイター

Web上の動画コンテンツを編集・配信する「動画クリエイター」

動画作成にはスキルと経験が求められます。
センスや繊細な表現力といったクリエイティブ要素も必要な仕事です。

代表的な仕事には、YouTube動画の作成や動画広告の編集など挙げられます。

そんな動画広告の市場規模は年々増加傾向にあります。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集の仕事は今後も需要が高まる仕事の一つ。
かつ女性特有の強み(感性)を活かしつつ稼げる仕事の一つだといえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

動画編集の仕事探しならフルリモート案件のみを扱う「ReWorks(リワークス)」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題の未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』にまずは無料で体験する
【公式ホームページ:https://shelikes.jp

4位:在宅コールセンター

働く時間・曜日も自ら選べる「在宅コールセンター」

サービスや商品に関する電話応対がメインの仕事。
最近では在宅で行えるコールセンターも増えてきています。

つまり、在宅勤務可能な未経験者向けの仕事。
外出することなく、家にいながら無理のない範囲で働けます。

コールセンターを探すなら「リクナビネクスト」が特に人気の求人サイトです。

「コールセンター」で調べれば1500件前後の仕事を扱っています。
転職者の8割が利用する転職決定数No.1の人気求人サイトになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

5位:オンラインアシスタント

オンライン上で業務をサポートする「オンラインアシスタント」

家にいながらネットを活用し業務を行うスタイル。
自宅が仕事場になるため、理想のライフワークを実現できるメリットがあります。

また仕事の進め方は複数人のチーム制。
協力して仕事をオンライン上で進めるため、短時間からのシフトも可能。

つまり、主婦向けの完全在宅勤務可能な融通の利きやすい仕事だといえます。

バックスタッフ経験者は歓迎される領域です。
(ECサイト運営、HPの作成、イラスト作業も歓迎)

オンラインアシスタントの仕事探しなら「フジ子さん」の利用がおすすめです。

関連記事:なってよかった職業ランキングTOP10!男性・女性が就いてよかった仕事を厳選紹介

未経験から取り組める稼げる仕事ランキングTOP5

未経験から取り組める稼げる仕事ランキングTOP5は以下の通り。
順番に仕事内容とおすすめの案件情報サイトをまとめていきます。

未経験から取り組める稼げる仕事ランキングTOP5

  1. 動画編集
  2. ブログ運営
  3. 転売・せどり
  4. シェアリングビジネス
  5. タイムチケット

1位:動画編集

動画コンテンツの編集を行う「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

仕事のやり取りはすべてオンライン完結。
基本メールで完了するため、未経験からでも始められます。

また編集ツールは無料でも十分スペックに期待できます。
ツールさえあれば特別なスキルなく誰でも挑戦できる仕事の一つです。

さらに動画広告の市場は調査結果からも分かる通り増加傾向にあり。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集は将来性ある一人で開業できる仕事。
動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

2位:ブログ運営

ネットビジネス初心者に人気の「ブログ運営」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
完全在宅かつ未経験からでも気軽に始められる仕事です。

ブログ運営に興味がある方は「月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。
ただ未経験から始められるとはいえ、スキルなしでは稼ぐまでに時間がかかります。

ブログ運営にはWebマーケティングのスキル習得が必須
未経験からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

3位:転売・せどり

モノを安くで仕入れて高く売るビジネス「転売・せどり」

資本主義の原点ともいえるビジネス。
単純明快なビジネスで、超初心者向けの仕事といえます。

転売ビジネスが拡大する背景には取引環境が挙げられます。
今ではメルカリやラクマなどのデジタルプラットフォームが急速に普及。

その結果、転売などのCtoC物販分野の市場規模は拡大傾向。
(出典:矢野経済研究所「C to C(個人間取引)市場に関する調査を実施」

取引できる環境が充実するからこそ転売の需要も拡大。

しかし、一部の転売屋に指摘する声は増えています。
実際、職業的な転売活動は社会的に無駄だと結論づける研究結果もあるほどです。

つまり、転売ビジネスにはモラルを持った取引が求められています。

関連記事:【未経験OK】家で出来る仕事人気ベスト10を正社員&主婦向けに徹底調査

4位:シェアリングビジネス

余剰となっている資産を活用する「シェアリングビジネス」

時代はモノの「所有」から「共有」へ。
プラットフォームを介し個人間でモノをシェアする経済活動のことを「シェアリングエコノミー」

インターネットの普及により誕生した新しい経済圏。
シェアリングビジネスはその経済活動の一つに分類される仕事になります。

様々なシェアリングビジネスが誕生する中、おすすめなのは「物置」

家の空きスペースを物置として提供するビジネス。
借りたい人は、置きたい場所を選べばあとは荷物を預けるだけ。

つまり、新しい荷物預かりの仕組みを提供するシェアリングサービスになります。

家の空きスペースを有効活用したい方は「モノオク」から始めましょう

各種メディアから毎月のように掲載依頼をもらう注目サービス。
家の余ったスペースを貸すだけで手軽に副収入を得ることができます。

5位:タイムチケット

個人のチケット(時間)を売り買いする「タイムチケット」

タイムチケットは、あなたの時間をチケットにしてシェアできるサービスです。発行したチケットは、あなたが承認したゲスト(購入者)が購入することができます。

つまり、自分の「時間」を売り買いするマーケットプレイス。
80歳でも何歳になっても活躍できる全く新しいビジネスだといえます。

関連記事:80歳まで働ける仕事とは?65歳・70歳以上の高齢者でも働ける仕事12選

地方在住者におすすめの稼げる仕事ランキングTOP5

そして地方在住者におすすめの稼げる仕事ランキングTOP5は以下の通り。
順番に仕事内容とおすすめの案件情報サイトをまとめていきます。

地方在住者におすすめの稼げる仕事ランキングTOP5

  1. プログラミング
  2. ゲームシナリオライター
  3. フリーランスコンサル
  4. イラストレーター
  5. デジタルコンテンツ販売

1位:プログラミング

地方にいながらも高単価な仕事に就ける「プログラミング」

昨今のDX導入により全産業のIT化は急速に進んでいます。
DX・AI・ロボットなどのシステム開発にはプログラミングが必須。

つまり、プログラミングスキルを持つ人材は重宝されます。

実際、経産省もIT人材が最大79万人不足すると予想。
スキルと経験次第で大きく稼げる将来性ある仕事だといえます。

プログラミングの案件探しなら「ITプロパートナーズ」の利用がおすすめ。
ただ、エンジニア未経験の方であればプログラミングスキルの習得が最優先になります。

なぜなら、完全未経験からプログラミング案件の受注は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

2位:ゲームシナリオライター

ゲームのシナリオを書く「ゲームシナリオライター」

簡単にいえばゲームの台本を作る仕事。
ゲームのストーリーから設定までゲーム制作の上流工程を担います。

そんなシナリオライターはクリエイティブな仕事。
独創的な発想と想像力で新しいゲームの世界観を生み出します。

ゲームシナリオライターを目指したい方は「G-JOBエージェント」を利用するのがおすすめです。

ゲーム業界転職で信頼できるコンサルタントNo.1を獲得。
企画職をはじめ、幅広い職種の求人・企業情報を取り扱います。

3位:フリーランスコンサル

全業種のコンサルを担う「フリーランスコンサル」

企業への助言業を務めるのがコンサル。
ファームや事業会社から独立しフリーで活動するのがフリーランスコンサル。

主な仕事は企業が抱える問題に対し課題解決を提案。
コンサルに依頼する経営課題はレベルの高い業務がほとんどです。

なぜなら、自社で解決できない課題だから。
高いフィーを払ってでも問題に取り組みたい会社のみがコンサルに依頼してきます。

そのため、リモートでもコンサルに依頼は集中。
つまり、スキルと経験さえあれば地方にいながらもできる仕事の一つだといえます。

フリーランスコンサルになるには、まずエージェント登録が必要です。
(コンサル経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、コンサル経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

4位:イラストレーター

イラストを描くことを専業とする「イラストレーター」

クライアントの要望に沿ってデザインする仕事。
デザインの対象は、アイコン作成や似顔絵、ホームページのロゴなど様々。

デザインスキルを活かして好きを仕事にできる理想的な仕事といえます。

取引も今ではプラットフォームの普及によりオンライン化。
つまり、地方でもどこにいても仕事はできる柔軟な働き方が可能です。

Webデザイン経験者でイラストレーターの仕事をしてみたい方は「ココナラ」の利用がおすすめです。

仕事依頼の成約実績が420万件!
知識・スキル・経験を売り買いできる日本最大級のスキルマーケット。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

特におすすめは受講者数No.1の「TechAcademy(テックアカデミー)
今なら無料で動画視聴が可能、Webデザイナーに興味がある方はこちらからご視聴ください。

5位:デジタルコンテンツ販売

自作コンテンツをプラットフォームを通じて販売する「デジタルコンテンツ販売」

いまや昔と違い自己実現が可能な時代です。
働く場所にとらわれず、Webを通じて自作コンテンツを販売できる時代。

販売手段はSNSやメディアプラットフォームを活用します。

中でもおすすめのプラットフォームが「NOTE
当ブログ管理人も1か月間の制作&販売を通じて5万円の利益を得ることに成功しました。

コンテンツがバズれば販売に至るビジネスモデル。
インフルエンサーの手法でもある再現性の高いWebビジネスです。

関連記事:人と関わるのが怖い人に向いてる仕事10選【話したり会う必要のない職業はある】

お金をめちゃくちゃ稼げる仕事の特徴とは

仕事に悩む人

「おすすめの稼げる仕事は分かったけど、稼げる仕事の特徴って何?仕事選びの参考にしたい!」

稼げる仕事は分かっても、どんな仕事が稼げるのか?
仕事の特徴を把握することで、稼げる仕事は見つけやすくもなります。

ここではお金をめちゃくちゃ稼げる仕事の特徴についてまとめていきます。

【特徴1】稼ぐことに特別な才能は必要ない

まず1つ目の特徴が「稼ぐことに特別な才能は必要ない」

世の中には、類まれな才能を持ってお金を稼げる人はいます。
上記の方々もその一例ですが、決して稼ぐことに特別な才能は必要ありません。

なぜなら、100人いれば100通りの稼ぐ方法があるから。
実際、お金を稼ぐ才能には4つのタイプに分かれるとされています。

  1. 創造することが好きな「ダイナモ」(発電機)
  2. 人とつながることが好きな「ブレイズ」(炎)
  3. 人の役に立つことが好きな「テンポ」
  4. 詳細が好きな「スチール」

あなたにとって、稼ぐ才能とは何か?
「稼げそうな仕事」を選ぶのではなく「才能を活かせる仕事」を選ぶということ。

つまり仕事で得意なこと、強みを把握することが何より重要だといえます。

とはいえ、強みを客観的に把握するのは難しい。
簡単に分かれば苦労もせず、難しいから誰もが悩んでいます。

どうしても自分の強みが分からない方は「キャリアコーチング」を受けるのも一つの方法です。

強みの把握に迷ったら、まずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

関連記事:女性向け資格なしでも稼げる仕事20選【高卒でも高収入を狙える職業一覧】

【特徴2】稼げる仕事のほとんどが楽ではない

次に2つ目の特徴が「稼げる仕事のほとんどが楽ではない」

自分の稼げる才能が分かっただけでは稼げません。
なぜなら、稼ぐためには「努力」が必要になるからです。

いったいどんな努力が必要なのか。

一つ、仕事の事例を交えて解説します。
稼げる仕事ランキングTOP10」でも紹介したアフィリエイターについてです。

以下アフィリエイトでの1ヶ月の収入を示したデータです。

最も多い割合で「収入なし(31.6%)」
3割以上の人がまったく稼げていないことになります。

しかし、「100万円以上」稼いでいる人の割合は『6.5%』
「1万円以上~3万円未満」に次いで多い割合となっています。

この最たる理由は、継続し続けた結果の表れだと断言できます。

つまり、お金を稼ぐためには継続が何より重要。
努力を継続できた時にはじめて、目的の達成は近づくといえます。

関連記事:高収入を狙える仕事がしたい!おすすめ職種15選【正社員&無資格も厳選紹介】

【特徴3】需要はあるのに供給が足りてない

3つ目の特徴が「需要はあるのに供給が足りてない」

一言でいうなら「人手不足に陥っている仕事」
受給のバランスが崩れている仕事になります。

労働市場で考えれば分かりやすいです。
「需要(求人)はあるのに供給(人手)不足」=「稼げる仕事」

人手が足りてなければ給料を上げざるを得ません。
なぜなら、課題解決のためのインセンティブは必要だから。

実際、人手不足対策に賃金を上昇させる動きは各業界でみられます。
(出典:SankeiBiz「全国のアルバイト平均時給」

また、賃金上昇は一過性のものではなく今後も上昇が予測されています。

2030年には、644万人の人手不足に対し実質賃金は「2,096円」
実績値(2017年)の「1,835円」より『200円以上』上昇することになります。

つまり稼ぐことが目的なら人手不足の仕事を選ぶのも、一つの選択肢としておすすめです。

関連記事:ネットでできる仕事がしたい!おすすめ15選と仕事探しに役立つ求人サイトも紹介

【特徴4】業界の労働生産性が高い

4つ目の特徴が「業界の労働生産性が高い」

労働生産性とは、従業員一人当たりの付加価値額のこと。
(2018年度の労働生産性(全産業・全規模)は「730万円」)

労働生産性が高い業界(仕事)ほど稼げる業界(仕事)だといえます。

労働生産性の上昇により労働者1人が生み出す付加価値が増加すれば、労働分配率を一定とした場合、その付加価値の増加分の一部は賃金に分配されるため、労働生産性の上昇とともに、実質賃金は上昇することになります。

では、どの業界が最も労働生産性は高いのか?
以下資料を見ると、最も高いのは「IT業界(情報通信業)」

市場規模でみても、将来性のある業界として注目を集めています。

今回紹介した「稼げる仕事ランキング」もIT系が多くを占めます。
どの業界がいいか迷っている方は、とりあえずIT業界に進むことをおすすめします。

関連記事:儲かる仕事おすすめ12選!10年後の未来でも儲かる職業と衰退業界の違いも解説

【特徴5】時給換算すると給料が高い

5つ目の特徴が「時給換算すると給料が高い」

  • A:労働時間が月100時間超の稼げる仕事
  • B:労働時間が月20時間未満の稼げる仕事

同じ1,000万円稼げる仕事であっても労働時間の長短で時給は大きく異なります。

実際、上場企業の時給ランキングをみても明らか。
本質的な稼げる仕事とは、時給が高い仕事だと定義できます。

労働生産性の観点からも時給が低い仕事は稼げない仕事。
仕事を選ぶ際には、必ず時給換算を行って稼ぎを把握しておくことが重要です。

ちなみに、会社員の平均時給は調査結果から「2,405円」のようです。

関連記事:家でできる仕事ランキング25選【自宅にいながら稼げる副業と便利な資格も紹介】

【特徴6】固定給より歩合給のほうが稼げる仕事は多い

そして6つ目の特徴が「固定給より歩合給のほうが稼げる仕事は多い」

  • 固定給:一定時間の勤務に対して一定額の賃金が支払われる給与体系
  • 歩合給:業績や成果によって給料額が変動する給料体系

両者ともメリット・デメリットはあります。
ただ、稼ぐことにフォーカスするなら歩合給の方が圧倒的に稼げます。

なぜなら、稼げる額は青天井になるから。
歩合給を採用する仕事の求人情報をみても青天井の言葉が目立ちます。

ちなみに、労働基準法(出来高払制の保障給)により賃金が保障されています。

そのため、「完全歩合制」は基本フリーランス以外では採用されません。
営業職などの成果主義を導入する職種は「固定給+歩合給」が採用されています。

関連記事:【厳選】ノルマのない仕事5選!辛い数字のストレスで辞めたい方必見

稼げるけどおすすめしない仕事3選

ここまで年収1,000万円以上の稼げる仕事と特徴を解説してきました。

まだ他にも稼げる仕事はあります。
ですが稼げるけどおすすめしない仕事も当然あります。

ここでいうおすすめしない仕事とは「リスクが高い仕事」

どんな仕事がおすすめできないのか。
おすすめしない仕事の特徴や具体的な職業まで解説していきます。

【おすすめしない仕事1】参入障壁が高すぎる仕事

まず1つ目のおすすめしない仕事が「参入障壁が高すぎる仕事」

稼げる仕事として、しばしば以下の仕事が紹介されています。

順位職種平均年収
1位医者1,233万円
2位航空機操縦士1,192万円
3位大学教授1,051万円
4位公認会計士・税理士1,043万円
5位弁護士1,029万円

※出典:厚労省「平成30年賃金構造基本統計調査」

厚労省調べですべて年収1,000万円超えの仕事。
これら仕事の特徴を一言でいうなら「専門職」になります。

そして稼げる理由に、参入障壁の高さが挙げられます。

参入障壁とは、業界に参入しやすいかどうか。
仕事の始めやすさを表す意味でも用いられるビジネス用語です。

参入障壁が高すぎる仕事に就くには、資格や特別な訓練が必要になります。

つまり、「参入障壁が高い」=「簡単にはなれない職業」
簡単になれないからこそ需要が高まり、高給取りになりやすいといえます。

しかし、これら職業に就くまで多大な労力を費やします。
実際、医者を例に挙げるなら学費と経費が問題視されています。
(出典:現代新書「医者になるにはお金がかかりすぎる?」

わざわざリスクを冒さなくても稼げる仕事には就けます。
今回紹介した「稼げる仕事ランキングTOP10」は学歴も不問でおすすめです。

関連記事:資金なしで始められる仕事10選【リスクゼロで副業・起業・独立したい方も必見】

【おすすめしない仕事2】ハイリスクハイリターンな仕事

2つ目のおすすめしない仕事は「ハイリスクハイリターンな仕事」

FXや株式投資、仮想通貨などがこれらに該当します。
そして多くの人が、簡単に稼げる仕事だと勘違いしています。

お金を稼ぐ女性

「月3万~5万くらい稼ぐなら、ビットコイン、仮想通貨、株、ならばどれが簡単で稼げるしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「株と経済」

しかし、残念ながら稼ぐことは難しいです。
なぜなら、リスクが高い上に市場は椅子取りゲームだから。

実際、FX経験者の約7割が1年以内に退場しているデータもあります。

初年度収支をプラスにできても続けるのは難しい。
仕事で稼ぎたいはずなのに、損失を被ってしまっては本末転倒です。

関連記事:【やりたくない仕事ランキングTOP12】したくない仕事への対処法も解説

【おすすめしない仕事3】多額の初期費用がかかる仕事

そして3つ目が「多額の初期費用がかかる仕事」

兼業や自営業として仕事を始める場合。
初期費用がかかるビジネスとほぼかからないビジネスがあります。

初期費用がかかる典型的なビジネスは「飲食」
箱物ビジネスとも呼ばれ、初期費用の平均は1,000万円を超えています。
(出典:日本政策金融金庫「創業の手引+」

開業と同時に借金を背負うことになり、非常にリスキーです。

一方、ほとんど初期費用がかからないビジネスが「IT」
今回稼げる仕事で紹介したアフィリエイトやプログラミングがそれに該当します。

箱物ビジネスと違い在庫も店舗も抱えず始められます。
利益率も高く、結果儲けが出やすい稼げるビジネスだといえます。

つまり、事業を始めるならリスクは最小限に抑えるのが賢明です。

関連記事:絶対に入らないほうがいい業界6選と特徴【今後危ない業界の見分け方も解説】

稼げる仕事を見つけるための具体的戦略

ここまで稼げる仕事と稼げるけどおすすめしない仕事をご紹介してきました。

稼げる仕事に就けば、お金を大きく稼ぐことは可能です。
ただ「稼げる難易度」は、仕事によって異なることが分かります。

つまり、「稼ぎ“やすい”仕事」と「稼ぎ“にくい”仕事」
稼げる仕事には、これら2つの異なるレイヤーが存在するということです。

そして多くの人は、前者である「稼ぎやすい仕事」
難易度の低い(=成功確率が高い)ビジネスを探しています。

では、どうすれば「稼ぎやすい仕事」は見つかるのか?
稼げる仕事を見つけるための具体的戦略は以下4つの商売にあります。

  • 利益率の高い商売
  • 在庫を持たない商売
  • 定期的に一定額の収入が入ってくる商売
  • 資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

実業家ホリエモン氏が掲げる「経営ノウハウ」

これらの商売に合致したビジネスが稼ぎやすい仕事。
真に求めていた「稼げる仕事」にたどり着けるといえます。

数多あるビジネスから闇雲に探しても、目的の仕事は見つかりません。
戦略および成功確率を意識した仕事選びが、何より重要になってきます。

関連記事:一人で開業できる仕事おすすめ15選【独立・起業できる自営業の商売を厳選紹介】

稼げる仕事に就くために行うべき有効な対策

会社説明会

「稼げる仕事に就く戦略も分かった!あとは行動するのみだけど、どうすれば稼げる仕事に就ける?」

インプット(戦略)できてもアウトプット(行動)できないと目的達成は叶いません。

目的達成を叶えるべくどんな行動を取るべきか?
稼げる仕事に就くために行うべき有効な対策について解説していきます。

【対策1】自己分析から強みを把握する

まず1つ目の対策が「自己分析から強みを把握する」

  • 仕事の向き不向きが分からない
  • 強みや弱みが客観的に把握できない
  • 将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている

自己分析とは、己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

ただ自己分析のやり方に不安を覚える方は多いです。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

ではどうすればいいのか?
自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることは多々あります

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】転職のプロにアドバイスもらう

そして2つ目の対策が「転職のプロにアドバイスもらう」

「餅は餅屋」ということわざがあります。
この言葉の通り、仕事のことはその道のプロに相談するのが賢明。

プロというのが「転職エージェント」

あなたの理想のキャリアに沿って求人を紹介してくれます。
求人紹介だけでなく就業難易度や市場動向など分析データももらえます。

本格的に転職活動を始めなくても情報収集の一環で転職エージェントを利用するのもあり

なりたい自分に近づくための行動は早いに越したことはありません。
将来のキャリアを明確にし、理想の稼げる仕事に就けるかはあなた次第です。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

お金を稼ぎたいなら取り組むべき10のこと

  • 今すぐ転職や独立は考えてない。
  • 将来的には稼げる仕事を選びたい。
  • 稼げる仕事に就くために今できることは?

そんな先の将来を見据えて準備したい方に。
お金を稼ぎたいなら取り組むべき10のことをまとめていきます。

【取組1】本を読む

まず1つ目の取り組みが「本を読む」

経営者や稼ぐ人ほど読書家であることが多いです。
実際、稼げない人との読書量の差は2倍あると報告されています。

つまり、稼ぐ人は自己投資や勉強を怠らないということ。

お金を稼ぎたいなら自己投資は必須。
読書から新たな知見を得ることで、ビジネスのヒントが見つかります。

関連記事:通勤時間の無駄を省けば人生の幸福度は上がる話【有効活用術も紹介】

【取組2】情報にアンテナを張る

2つ目の取り組みが「情報にアンテナを張る」

稼げるビジネス戦略に「ブルーオーシャン戦略」があります。

一言でいうなら、先行者利益を享受する戦略。
後発であっても競争優位性を確保し続けられる戦略です。

そして、ブルーオーシャン戦略に有効なのが「新市場」
新たなマーケットが開拓されたタイミングにいかに早く切り込めるか。

そのためにも最新情報にアンテナを張っておく必要があります。

最近のトレンドでいえば「DX(デジタルトランスフォーメーション)」
DX実現によって2030年には、実質GDP130兆円超もの押上げが期待されています。
(出典:経産省「DXレポート」

常に情報のアップデートを行うことでビジネスチャンスはつかめます。

関連記事:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

【取組3】ギャンブルには手を出さない

3つ目の取り組みが「ギャンブルには手を出さない」

ここでいうギャンブルとは、FXや仮想通貨など。
初心者には難しい、リスクを負うビジネスを指します。

投資に関する最近の事例を一つご紹介します。

経済ニュースでも取り上げられた「ロビンフッド(投資アプリ)」
そのアプリ内の取引で特に話題にあがったのが「ゲームストップ株」

個人投資家からの注文が殺到し、株価は乱高下。
結果、取引を停止する措置が発動し、市場は混乱したことで有名です。
(出典:NRI「ゲームストップ株騒動とペイメント・フォー・オーダーフロー」

ギャンブル性の高いビジネスに、未経験から手を出すのはリスクが高すぎます。

関連記事:【初心者向け】おすすめしない副業8選!特徴と理由をタイプ別に解説

【取組4】資格を取るよりスキルを磨く

4つ目の取り組みが「資格を取るよりスキルを磨く」

資格取得よりスキル積み上げに注力したほうが将来性はあります。

なぜなら、資格取っても使われないで終わる可能性が高いから。
さらに要資格の専門職(特に士業)は、将来なくなる仕事としても有名です。
(出典:日本経済新聞「AI時代のサムライ業(上)代替の危機」

転職やキャリアアップで重視されるのは「資格の有無」ではなく「何ができるのか」

スキルの有無がキャリアの幅を広げるといえます。
資格取る時間あるならスキル習得に費やすことをおすすめします。

関連記事:食いっぱぐれない資格のはずが将来消える仕事?【大事なのは将来性のある仕事選び】

【取組5】運に頼らず実力で稼ぐ

5つ目の取り組みが「運に頼らず実力で稼ぐ」

願っても、祈っても、夢は叶いません。

実力が伴っているからこそ目的も達成できる。
つまり、目的達成には努力と強い意志が何より必要。

「運も実力のうち」、この言葉の通り。
やることやって、「人事を尽くして天命を待つ」です。

関連記事:転職で年収が上がりすぎる人の特徴5選【具体的な年収アップ戦略も解説】

【取組6】時間や知識に投資をする

6つ目の取り組みが「時間や知識に投資をする」

「時間は、命そのもの」
法話でも語られるほど重要な教え。

そして、「知識への投資は、常に最高の利息がついてくる。」
ベンジャミン・フランクリンが残した言葉の通り、成長には欠かせない行為。

人間は、常に変化し続ける生き物。
変化を止めれば、成長も止まってしまうことは言うまでもありません。

関連記事:【未経験OK】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法10選と探し方を厳選紹介

【取組7】仕事を行う時は守破離を意識する

7つ目の取り組みが「仕事を行う時は守破離を意識する」

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

ビジネスの現場でも重要なマインド。
基本を忘れず、進化と深化が稼げるマインドの神髄といえます。

関連記事:風の時代に適した仕事とは?おすすめ職業18選【仕事辞める時期や探し方】

【取組8】会社員など労働者からの脱却

8つ目の取り組みが「会社員など労働者からの脱却」

あなたは、「金持ち父さん 貧乏父さん」という本を読んだことはあるでしょうか。

本書では、4つの働き方・稼ぎ方があると解説。
その4つの分類(クワドラント)は以下の通りとなっています。

  • E=Employee(労働者、従業員)
  • S=Self-employed(自営業者)
  • B=Business owner(ビジネスオーナー)
  • I=Investor(投資家)

この中で、大きく稼げないのが「労働者」
時間と労働力を対価に報酬を得る働き方では収入に限界があります。

大きく稼ぐには、労働者以外を目指すべき。
最終的にビジネスオーナーか投資家を目指すことで大きな収益を得られます。

関連記事:会社員に向いてない社会人は仕事どうすれば?【サラリーマンの特徴から結論は1つ】

【取組9】労働集約型ビジネスからの脱却

9つ目の取り組みが「労働集約型ビジネスからの脱却」

労働集約型とは、人間の労働力に依存する仕事
言い換えると人間がいなければ成り立たないビジネスだということ。

人口減少が叫ばれ深刻な社会問題に発展している日本。
そのような状況下で労働集約型ビジネスに取り組むのは非常にリスキー。

実際、サイボウズ青野氏も労働集約型のビジネスモデルからは脱却すべきと指摘されています。
(出典:ログミーBiz「働き方改革を阻む要因」

ビジネスオーナーを目指すなら労働集約型ビジネスは避けるのが無難です。

関連記事:体を動かす仕事がしたい!おすすめ15選【女性にも人気の職種を目的別に紹介】

【取組10】レバレッジ思考を身につける

そして最後に「レバレッジ思考を身につける」

小さな労力で最大限の効果を出す「レバレッジ思考」
(出典:doda「成果をあげる仕事術」

限られた時間の中で、何ができるのか。
努力だけでなく稼ぐための努力が必要だといえます。

関連記事:スローライフな生き方を実現する仕事10選【田舎暮らしに最適な仕事探しも解説】

まとめ:年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10

年収1000万円以上の稼げるおすすめの仕事と特徴に関する情報をまとめてきました。

改めて、年収1000万円以上の稼げる仕事をまとめると、

年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10

  1. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー
  2. 結婚相談所経営
  3. ITエンジニア
  4. フリーランスエンジニア
  5. 外資系コンサルタント
  6. 商社の営業
  7. 不動産の営業
  8. M&Aアドバイザー
  9. アフィリエイター
  10. 漁師

多くの稼げる仕事を紹介してきました。

ただ、自分に向いている仕事はどれか?
自己分析まで徹底的に行うことで、本当の稼げる仕事に巡り合えます。

なぜなら、仕事には必ず向き不向きがあるから。
向かない仕事に就いてしまっては、稼げるものも稼げません。

仕事を選ぶ際には必ず自己分析を行いましょう。
自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロに相談するのも一つの方法です。

プロに相談するだけで、キャリアの方向性が明確になることは多々あり。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選